■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

追加でニールバレットのスウェットパンツを買ってみる。今回はボンディング加工

投稿日:2017/05/04 更新日:

さて、先日も購入したニールバレットのスウェットパンツですが、今回新たに追加で別デザインを購入。
ニールバレットは比較的サイジングがタイトでフィットし、かつスウェットパンツといえども上品な感じがする(もちろん感じ方には個人差があり、ぼくがそう思うだけかも)、と考えています。

今回購入したものはボンディング加工されたものですが、これは言うなればネオプレーン生地(ウェットスーツの生地)のような素材を使用したもので、数年前から欧州のブランドが好んで採用しているものですね。

ボンディング生地採用の理由としては、今まで特殊用途のみだったものの一般の衣類にも使用できるボンディング素材が新たに登場したということ(スニーカーに使用されるニットのように)もあるかと思いますが、何より生地自体にそれなりの張力があるので「デザイナーの意図したシルエットが出やすい」ことがあるのかもしれません(見た目の素材感も新しく、排他性も演出できる)。
ぼくら消費者からすると、履いていても「ヒザが出にくい」「シワになりにくい」というメリットがあり、「だらしなく見えない」という利点があると考えています。

ニールバレットならではの複雑な切り返しが見られ、ニールバレットは「生地を継いでも」その段差がないのが特徴。
素材はレーヨン100%、裏面はなぜか鮮やかなオレンジ。
レングスはレギュラー、フィッティングは「スリムフィット」です。
生産地は安心のイタリア製。

なおジッパーが樹脂なのでまだ車の塗装などへの攻撃力は低そう。
もちろん素材が柔らかいためスーパーカーなどのレザーシートにも優しく、色移りの心配がないのも良いですね。

この製品に限らずスウェットパンツ全般に言えることですが、ポケットにスマホなど物を入れるとすぐに「シルエットが崩れる」のは難点(それを考慮してか、ニールバレットのスウェットパンツには内ポケットがあり、型崩れを最大限防ごうとしているものが多い)。

これは車のキーや小銭といった小さなものでも同じで、よってスウェットパンツを穿く際は何か持ち物を入れておくバッグを持ち歩く必要があります(ぼくは基本的に手ぶら派でバッグなどを持ちたくないので、これは結構面倒)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.