ad-728



>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

マックオーディオがVWゴルフ7のカスタムカー公開。リアは全部スピーカーに

2017/05/15

Pocket
LINEで送る

マックオーディオがフォルクスワーゲン・ゴルフ7のカスタムカーを公開。
もちろんオーディオメーカーらしく「サウンドマシン」となっていますが、リアのカーゴスペースはアンプやスピーカーで覆い尽くされることに。

ボディはラッピングが施され、19インチ大径ホイール装着にローダウンなど「いかにもカスタムカー」っぽい雰囲気に。
フォルクスワーゲン・ゴルフは価格に比較してパフォーマンスや品質が高く、そのためVWにおいては「稼ぎ頭」。
つまりそのぶん台数が出ているということになり、カスタムする人も多数となっています。

となるとアフターマーケット市場で盛り上がるのも当然で、古くから多くのチューナーがゴルフのカスタムを行なっており、数々の魅力的なデモカーを公開していますね。
加えて、走りを標榜したハードアコアなチューニング、ルックス向上を目的としたカスタム、今回のような音圧系など方向も様々。

そういった傾向についてVWはさらに「盛り上がって欲しい」と考えているのか、これまでにもいくつか「メーカー純正」のカスタムゴルフを発表しています。

関連投稿:VWがゴルフGTI「ハートビート」公開。若手がカスタムした400馬力の2シーターモデル

GOLF-GTI-HB-0

VWはゴルフGTIクラブスポーツSを公開したばかりですが、新たに「GTIハートビート」を公開。
これはVWの若手社員(男性7名、女性5名の研修生グループ)が集まって作ったもので400馬力を発生するハードコアモデル。

現時点で詳細は不明ですがリフレックス・シルバーとダークグレイのボディカラーを持ち、ホイールサイズは20インチ。
室内にはGTIクラブスポーツSと同じレーシングタイプのバケットシートを持ち、後席は取り払われた上で1360ワットのオーディオシステムとLED照明を装備している、とのこと。

なおフォルクスワーゲンは昨年も同じWortherseeフェスティバルにて、やはり若手が作り上げた「ゴルフGTIダークシャイン」を展示していますが、こちらは395馬力で3500ワットのオーディオを装備した豪華仕様。

関連投稿:VWゴルフGTIダークシャインが公開に。395馬力,3500Wのオーディオ搭載

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-5

Wörtherseeにて、VWが「Golf GTI Dark Shine」を公開。
イベント用のワンオフモデルですが、395馬力にまでチューンされ、3500Wの強力なオーディオを搭載。

内外装は「デイトナ・グレー」と「R-イエロー・パールエフェクト」で統一され、美しい仕上がりですね。

シートはレカロでチタニウム・ブラックのアルカンタラやブラックカーボン柄のシートが使用されるなど、非常に手間がかかっています。
オーディオは8スピーカー+3サブウーファーの総出力3500Wと非常に強力。

VWの若手スタッフがこのイベントのために9ヶ月をかけて「夢のGTI」を作ったものということですが、お金に糸目をつけないカスタムには脱帽ですね。

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-6

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-12

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-21

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-22

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-24

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-29

VW-Golf-GTI-Dark-Shine-4

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , , ,