ad-728

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

復活を遂げるBMW 8シリーズ。初代(E31)はどんな車だったのか復習してみよう

Pocket
LINEで送る

Motor1にて(オリジナルの)BMW 8シリーズの特集記事が。
BMWは先日「8シリーズの復活」を明言しましたが、8シリーズというと1990年代におけるビッグネーム。
オリジナルの8シリーズに関しては今も多くのファンがおり、今回の復活について心待ちにしていた人も多いと思われます。

オリジナルの8シリーズ(E31)は1989年のフランクフルト・モーターショーで公開され、それまでのBMWとは大きく異るリトラクタブル・ヘッドライトを装備して登場したことが衝撃的。
リトラクタブル・ヘッドライトのBMWというと1970年代の「M1」がありますが、同じ形式のライトを採用することで8シリーズがM1というスーパーカーのイメージに「引っ張られる」ことになったのも話題となった理由のひとつかもしれません。

登場時はV12エンジン搭載車(850i、1450万円)のみで価格は非常に高価であり、メルセデス・ベンツSLと同じクラスに属するも「オープンモデルがない」ことから北米ではSLには人気面で一歩譲ることに。※現在だと3000万円近いイメージと思われる
日本国内でも「ゴルフバッグが積めない」ことから(バブル期の発売にも関わらず)人気化しなかったと言われます。

後に840Ci(1050万円)が追加され、こちらは4リッター/4.4リッターV8エンジンを搭載しており、1999年まで販売されています。
登場が1990年ということを考えると実に9年も生産されたことになりますが、ユーノス・コスモと並び、これほど「バブリー」という言葉が似合う車も無いだろうと考えています。

なおV12エンジンは発熱量が大きい割に熱処理が上手くゆかず、年式にもよると思いますがVバンク中央を通るハーネスが熱で「やられてしまう」ケース多数。
一時期購入を考えて中古車を探して回りましたが、一番最初にチェックするのがこの部分だったことを覚えています。

こういったこともあり、「8シリーズ」というのはぼくにとって、そしておそらく他に人にとっても、そしてBMWにとっても「特別」だったのだと思われ、それは「8」の数字を後年蘇らせるにあたり、「Z8」「i8」を対象に選んだことでもわかります。

8シリーズ消滅後は「6シリーズ」が事実上BMWにとって(i8/Z8を除くと)クーペの最上位となっていましたが、今回8シリーズが新たに復活するにあたり、初代同様「何から何まで破格な」車であることを願います。
また、初代8シリーズではプロトタイプまで製造されながらも実現しなかった「M8」の登場も期待されるところですね。

初代8シリーズについて、カーセンサーでは日本国内で4代の中古車登録があり、価格は198万円~550万円。



->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,