ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

アストンマーティンDB11ヴォランテの軽偽装プロトタイプが目撃。ほぼこのままで市販されそう

2017/10/13

Pocket
LINEで送る

アストンマーティンがDB11のオープンモデル「ヴォランテ」を予告して随分たちますが、今回その市販モデルに極めて近いと思われるプロトタイプのスパイフォトが登場。
これはニュルブルクリンクで目撃されたもので、これまでのプロトタイプ同様、サイドとリアに「OPENING SPRING 2018」、そして「www.astonmartin.com/volante」とウエブサイトが記載されているのが面白く、つまりこのプロトタイプは「見られてもかまわない」「見られることを前提」にしていることがわかります。

以前もほかメーカーでプロトタイプの偽装車に「DON'T BLOG IT(ブログに書くなよ)」と記載された車がありましたし、ドイツのランボルギーニ・ディーラーがアウディQ7を「ウルス風に」偽装して話題になったことがありますが、一部メーカーはスパイフォトグラファーとのやり取りを楽しんでいるように見えますね。

エンジンは外観から推測することはできませんが、DB11クーペと同様のV12ターボ、そして後にはV8ターボも追加されると見られます。

なおアストンマーティンDB11クーペは「Cピラーからエアを採り入れ、リアデッキから排出する」ことでダウンフォースを獲得する「エアロブレード」を装備していますが、オープンモデルのDB11はもちろんCピラーを持たないので、このエアロブレードの採用は見送られることになりそうですね。

リアデッキにはアクティブスポイラーとみられる構造が見て取れるようには思いますが、実際にどう作動するのかは不明。

VIA:CARSCOOPS

関連投稿:アストンマーティンがDB11のオープンモデルを用意。コンパクトなソフトトップ採用でスポーティ

アストンマーティンが登場したばかりのDB11に早くもオープン(ヴォランテ)を追加。
今回偽装つきながらもその姿を披露しています(リアフェンダーに偽造があり、クーペモデルと形状がかなり違うのかもしれない)。
モデルイヤーは2018となり、実際の納車も2018年を予定しているとのことですが、おおよそ完成に近いと考えても良さそうですね。

ルーフはこれまで通りソフトトップを継続するようですが、そのマスはかなりコンパクトになり随分スポーティーになっているように見えます。
エンジンについては今のところラインナップが不明ですが、おそらくはDB11クーペモデルと同様と思われます(5.2リッターV12ツインターボ、600馬力)。
なおDB11にはメルセデスAMG GT Rに搭載されるV8ツインターボが載るという噂もありますが、これも詳細は不明です。


関連投稿:おなじみX-TOMIがアストンマーティンDB11「ヴォランテ」の画像を作成

aston-martin-db11-volante-rendering-0

登場したばかりのアストンマーティンDB11ですが、さっそくX-TOMIデザインがそのオープン版「ヴォランテ」のレンダリングを製作。

DB11はボディカラーの選択肢が多く、ピラーのカラーやルーフのカラーを変えることができたりというところがナイス。
加えてV12エンジン搭載ということでプレミアム感もありますね。

その割には価格が安く、正直ちょっと心が動いています。
ただ価格を聞くまではほぼ興味がなく、しかし価格を聞いたら興味が出てきたというちょっと現金なところがあるのも事実です。

->アストンマーティン(Astonmartin), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,