ad-728





>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >ランボルギーニ(Lamborghini)

マクラーレンのデザイナーがミニに復帰?過去にはBMW X5やフェラーリF430/590/612、フィアット500をデザイン

2017/05/27


現マクラーレンのデザイナー、フランク・ステファンソン氏がミニへ移籍か、というウワサ。
ただ、フランク・ステファンソン氏は2008年にマクラーレンに来るまではミニでデザイナーを務めており、「R50」世代のミニをデザインしていたので、「古巣に帰る」ということになりそうですね。
ほか同氏の作としてはフィアット500、マセラティMC12、フェラーリF430スクーデリア/599GTB/612、BMW X5(初代)、マセラティ・クワトロポルテ等がある、とされています。

なおミニについてはその後のR56世代になるとマーティン・ヒルデブランド氏に変わっていますが、同氏はその後中国資本の新興ブランド「クオロス」へ移籍(その後ミニはデザイナーの引き抜きを恐れてか、あまりデザイナーの名前を表に出していない)。

フランク・ステファンソン氏はマクラーレンのチーフデザイナー、ロベルト・メルヴィーユとのタッグにてMP4-12Cから最新の720Sのデザインまでを手がけてきたとされるものの、どの程度の関与があったのかは不明。
チーフデザイナーが別にいるようなのでマクラーレンの今後のデザインが(フランク氏の離脱によって)大きく変わることはなさそうですが、むしろミニのほうに影響がありそう。

フランク・ステファンソン氏は、アンドレアス・ザパティナス氏、オリビエ・ブーレイ氏、ワルター・デ・シルヴァ氏、ヘンリク・フィスカー氏のように「すぐにその人だとわかる」デザインテイストを持つわけではありませんが、これまでの作品を見ると見事なまでに「名車」揃いであり、そのブランドのヘリテージを理解して新型車を作り出す、という才能に長けているようですね(メーカーとしては非常に重宝するタイプのデザイナー)。

とくにR50ミニ、初代クワトロポルテ/X5、フィアット500などはエポックメイキングな作品であり、同氏の素晴らしい功績だと思います。

VIA:Motoringlife

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,