>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >フォード(FORD) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ロールスロイス(Rolls-Royce)

子供のころカウンタックを見て衝撃を受けた少年がスーパーカーを購入するために起業→今ではフォードGT他多数を所有

投稿日:2017/05/30 更新日:

フォードGTの納車を受けた、Andy Frisellaさんがその入手までの過程、そしてレビュー動画を公開。
上の画像がそのAndy Frisellaさんですが、イカツいタトゥーの入るマッチョマンです。

そのAndy Frisellaさんもかつては天使のようにかわいらしい子供だったわけですが、「頭の中にあったのはいつも車のことばかりだった。覚えているのはホットホイール、マッチボックス(ミニカーメーカー)、そしてスロットカー、なんでもそうだった」、とのこと。

そんな彼に転機が訪れたのは父親と一緒に訪れたガソリンスタンドでランボルギーニ・カウンタックを見たとき。
彼は父親に「あの車は何?」と尋ね、父親は「あれはランボルギーニ・カウンタックという車だ」。
そのとき彼は8歳でランボルギーニが何かすら知らず、しかし父親は「しっかり働けば、いつかはあんな車に乗れるようになるよ」、とも。

そこから彼は一生懸命働き、お金を稼ぎ、今ではロールスロイス、アストンマーティン、ハマー、ポルシェ911、ランボルギーニ・ガヤルド/アヴェンタドール、アウディR8、フォードGT(先代)など多数を所有するまでに。

「カウンタックを見て、父親に言われた通り一生懸命働き、俺はここまできた(今は37歳)」。

そんな彼はフォードGTの抽選に申し込むことになりますが、動画ではその申込フォームの内容も公開。
フォームを見る限りではフォードの有力顧客や有名人、ユーチューバー、アルファブロガーなどパワーのある人しか「当選できないのは当然」の内容となっていますが、彼は自分のプロモーションビデオを撮影してフォードへ送り、見事当選。

晴れて今回納車となり、そのインプレッションなどを動画で公開しています。
スーパーカー、ハイパーカーのオーナーには様々な人がいるものの、Andy Frisellaさんはそれらを購入するために起業し、かつ成功した珍しい例だと思われ、自信をもって「自分の稼いだお金で購入した」と胸を張って言える一人ですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アウディ(Audi), >アストンマーティン(Astonmartin), >フォード(FORD), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.