ad-728

>ランボルギーニ・ウラカン関連

ボディカラー同色でホイール外周を塗装したADV.1ホイールとヴェルデ・マンティスのウラカン

2015/06/11

Pocket
LINEで送る


クウェートより、ヴェルデ・マンティスのランボルギーニ・ウラカン+ADV.1ホイール。
ホイールのリムもボディカラー同色に塗られ、非常にマッチングが良いですね。

なお、ブレーキキャリパーはブラックですが、これは「オプション」。
もともとウラカンのブレーキキャリパーはシルバーなのですが、これは追加費用を払ってわざわざ黒に塗ったもので、もしかするとオーナーさんは最初からこのホイールとカラーをイメージし、それが引き立つようにブレーキキャリパーをブラックに塗ったのかもしれません。

なお、「マンティス」はカマキリの意味ですが、ギリシア語では「予言者」を意味します。
予言者が予言をするときのポーズが、カマキリが両手の鎌を持ち上げる様子に似ているということから来ているそうです。
カマキリは世界中で神聖な生き物、勝利の象徴として扱われることもあり、ウラカンのこのグリーンのイメージにはぴったりだと思います(時を同じくして、マクラーレン650Sに設定されたグリーンも”マンティス”と名付けられている)。

ほかのネーミング由来と同様、「マンティス」もギリシア神話に登場し、やはり予言者として信託を与える役割を果たしますが、これもほかの天体同様、マンティス由来の小惑星もあるようですね。
マンティスの頭にいろいろつけて、ネクロマンティス、アタマンティス、ヒエロマンティス、プロマンティス(要はマンティス=予言者の種類)などもあるようですね。



->ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , ,