ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW Z4は8月にペブルビーチで発表。新型スープラはやはり10月発表か?

2017/10/01

新型BMW Z4は8月にペブルビーチにて開催されるコンクール・デレガンスで発表される、というウワサ。
BMWは主要モーターショーよりも、ペブルビーチやヴィラ・デステなど由緒あるお金持ち向けのイベントで新型車を発表する傾向にありますが(他メーカーとの競合を避けるため?)、それを考えるといかにも「ありそう」な噂ではありますね。

なお新型Z4のコードネームはG29とされ、新型トヨタ・スープラトの共同開発。
新型スープラと思われる車両と一緒にテストを行う様子も目撃されていますが、最新のスパイフォトでは内装も捉えられており、マニュアル・トランスミッションが存在するであろうことも判明(一説では逆にMTはない、とも)。

一時は「Z5」の名称が与えられるのではと言われましたが実際には「Z4」となるようで、トップについてはこれまでのハードトップから一転しソフトトップへ。

プロトタイプは偽装が厚くなんともその形状など判断が難しい状態ですが、おそらくはこれまでのZ4のように独自のデザイン言語を採用するのではなく、ほかのBMWとある程度共通するルックスになりそうではありますね。

なお新型BMW Z4が8月発表となると、新型スープラは「10月東京モーターショー発表説」というのもなんとなく真実味が感じられます。

関連投稿
一瞬オフィシャルかと思った。新型BMW Z4の予想レンダリングが登場
スープラとの共同開発中モデル、BMW Z4後継は「Z5」ではない?BMWの偉い人「Z...多分"4"?」



関連投稿:BMW新型Z5(Z4?)が目撃に。ロングノーズを捨てファブリックルーフに

bmw-z5-spy-shots-1

次期トヨタ・スープラと共同のプラットフォームを持つとされるBMW Z5。
名称はZ4となるかZ5となるかは不明ですが、今のところ「Z5」が有力。

画像を見るとヘッドライトの内側など市販モデル並みの完成度を持っており、開発はかなりの段階まできていると考えて良さそうです。

画像を見る限りではZ4のようなロングノーズではなく、ごくごく普通のディメンションを持っているように見えますね。
フロント周りは6シリーズっぽくも見え、布ルーフを採用することからも現行Z4に比べ大きくイメージチェンジするのかもしれません。

この辺りBMWの意向が先にあったのか、トヨタとプラットフォームを共同開発というコスト上の理由でそうなったのかは不明ですが、来年の後半には発表されるという予想。
トヨタ・スープラの新型もおそらくは同時に発表され、2018年からの販売という見方が濃厚となっています。

bmw-z5-spy-shots-2

bmw-z5-spy-shots

関連投稿:トヨタと共同開発の次期BMW Z4が目撃。普通の車っぽい?

open

トヨタと共同して開発を行ったプラットフォームを採用する次期BMW Z4が目撃に。
このプラットフォームは次期86、もしくは新型スープラにも使用されると言われますが、これについては情報が錯綜しており現時点では不明。
スープラについてはカーボンファイバーを多用したシャシーを使用するという説もありますが、もしそうだとするとBMW Z4や次期86がこれを使用するとは(価格的に)考えにくく、スープラは「別物」かもしれません。

画像を見ると次期BMW Z4とみられる車は比較的普通のスタイルを持っており、これまで続いてきた特徴的なスタイルでは無いのが残念。
ただしまだスパイフォトの段階ですし、今後どう変化するのかは未知数です。

なお車格が上がり「Z5」としてデビューするという話もあり、登場は2017年、とも言われますね。

BMW-Z-Roadster-6

BMW-Z-Roadster-10

関連投稿:一瞬オフィシャルかと思った。新型BMW Z4の予想レンダリングが登場

X-Tomiデザインが次期Z4の予想レンダリングを作成。
次期Z4は「Z5」になるというウワサが有力でしたが、これはBMWの上層部によって否定され、現行同様に「Z4」の名称を持つと考えられています。

予想レンダリングはこれまで目撃されたプロトタイプを元に製作されていますが、いずれも偽装が厚くそのディティールを想像するのは困難。
ただしディメンションはこれまでZ3/Z4が採用してきた「極端なロングノーズ/ショートデッキ」ではなく、「より普通に近い」ディメンションになると思われ、それはプロトタイプを見ても明らか。

次期Z4は新型トヨタ・スープラと共通のプラットフォームを持つとされ、基本構造においては他のBMWはと共通性を持たないと思われるものの、「金太郎飴」政策によって他のBMWはラインアップと近いルックスへ変更されるものと思われます。

このあたり、「独自性の強いデザイン」をもって誕生したアウディTTが、代を重ねるごとに「よりほかのラインアップに近くなってきている」のと似ているかもしれません。

最近の情報だとトランスミッションは6MTをラインアップし、グレードは2リッターターボエンジン(197馬力)搭載のs20iに加え、よりパワフルなs30i、s40iも存在し、ハイブリッド、4WDモデルも登場すると言われています(BMWははM5にて、Mモデルへ”初”の4WDを搭載するなど4WD化に動いている)。

当然ながらライバルはポルシェ718ボクスター、アウディTTロードスター、メルセデス・ベンツSLCとなりますが、価格についてもそのあたりを強く意識したものになりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,