>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスLC500を見て来た。レクサスのこだわりが感じられる、その細部を画像にて紹介

投稿日:

さて、お誘いいただきレクサスLC500(ハイブリッドではなくガソリンエンジン)のデモカーを見にレクサス宝塚さんへ。
ボディカラーはイメージカラーの一つでもあるネープルスイエロー、内装はダークローズ。
よく考えると「イエローのボディカラーにレッドの内装」というかなり奇抜な組み合わせですが、意外と普通に見えるのはちょっと不思議です。

内装はこんな感じ。
レザーとアルカンターラとの組み合わせで、シートは分厚く非常に座り心地が良く、それでいてホールド製も抜群。
センターコンソールは大きく「囲まれ感」が強くなっていて、パーソナルクーペという印象を強調しているのだと思われます。

ドアやトランクの構造材には軽量で剛性が高い(しかし価格は高い)「カーボンコンポジット」を使用。
トヨタはこの素材の使用には積極的で、プリウスPHVにも採用されていますね。
そのほかスーパーカーに多用されることでも有名で、ランボルギーニ、マクラーレンも採用している素材となっています。※マーブルっぽい柄のパーツ

なおトランクは広く浅い形状ですが、ゴルフバッグが横に入るのではと考えています(トヨタ/レクサスでゴルフバッグが載らないというのは顧客にとって許容できないことだと思う)。

ルーフはヴィジブルカーボン(標準仕様でもカーボンルーフ)。

サイドシルもカーボン。

設計に何ヶ月もかかったというフロントグリル。

何度見ても「凄いなこれ」と思うのがヘッドライトの造形。
デイライト部分はボディの外側にも露出していますが、そのままヘッドライトのハウジング内部にも格納されるデザイン(表現が難しい)。
とにかく「現在販売されている自動車で、最も凝った造形を持つ車」だと言って良いかと思います。

レクサスLC500における美点の一つ、「サイドステップ」。
ここは車体を「コークボトル状に」見せるためにえぐられていますが、これは実際に車に乗り降りするときにも「足を出しやすい」形状となっていて、デザインと実用性をうまくバランスさせた部分でもあります。

ランボルギーニ・ウラカンの場合はここが「踏み台」のように張り出して降り、これが原因で「けっこうドアを大きく開かないと」車の乗り降りが難しくなっているのですね。
ただしこれは「デザイン最優先」という割り切った部分でもあり、こういった部分は「ランボルギーニらしい」と考えています。

ドアミラーはグロスブラック。
モール類も「ゴム」ではなくグロスブラック仕上げの樹脂となっていて、こういった部分はデザイン性が高く高級感がある(ふつうの乗用車っぽくない)と感じるところ。

ドアロックピン(というかインジケーター)のデザインも秀逸。

奥行きの感じられる「合わせ鏡」テールランプ。

エンジンルーム。
エンジンそのものはカバーのために見ることはできませんが、「V8/5リッター」という中国の税制を無視したレクサスの意気込みが感じられる仕様です。

ぼくが気になったのはこのストラット。
補強のためのリブが設けられていますね。
レクサスLC500はこういったシャシーの基本的に部分といい、カーボンコンポジットパーツの使用といい、明らかに「これまでのレクサスとは違う」と感じさせる、トヨタの本気が詰まった車だと思います。

その他画像。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.