>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・ウラカンの生産が8000台を達成。ガヤルドの1.5倍以上の販売ペース

投稿日:2017/06/10 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンの生産が8000台に到達した、とランボルギーニが発表。
8000台目のウラカンはスパイダーモデルとなりボディカラーはグリージョ・リンクス(メタリックグレー)で、英国に納車される、とのこと。

なおランボルギーニ・ウラカンは2013年12月に発表され、発売は2014年1月。
その後2014年4月には受注2000台を突破し、同年10月には受注3000台を軽く突破しています。
納車が開始されたのちにはさらに受注と販売を伸ばすことになり、今回3年半程度で8000台を販売した、ということに。

ちなみにガヤルドの生産(販売)台数は10年で14022台なので、ウラカンはこのペースだとモデルライフ通じて23000台程度は販売されることになりかもしれませんね。

参考までにアヴェンタドールの生産(販売)については5年で5000台、その前モデルであるムルシエラゴは10年で4000台。
この数字を見る限りアヴェンタドールの販売ペースはムルシエラゴに比べると驚異的で、その速度は倍以上。
ランボルギーニは当初アヴェンタドールの販売についてムルシエラゴ同様の4000台程度と見込んでいたとされ、これは嬉しい誤算と言えそうですね。

ただ、ランボルギーニはスーパーカーラインアップの希少性を維持するために「スーパーカーの生産は年間3500台に絞る」としており、今後は少し販売のペースが緩やかになるかもしれません。

なおランボルギーニの(2005年からの)年間販売台数については下記の通り。

2005年 1600台
2006年 2087台
2007年 2580台
2008年 2430台 ※リーマンショック
2009年 1600台くらい? 
2010年 1302台
2011年 1602台 ※アヴェンタドール発売
2012年 2083台
2013年 2121台
2014年 2530台 ※ウラカン発売
2015年 3245台
2016年 3457台

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.