>スバル(SUBARU)

スバルがWRX STI Type RA、BRZ tSを公開。それぞれ500台の限定発売

投稿日:2017/06/09 更新日:

スバルがアメリカにおいて限定モデル「BRZ tS」と「WRX STI Type RA」を発表。
それぞれ限定500台、デリバリーは2018年はじめから、となっています。

WRX STI Type RAは軽量化とパワーアップ、シャシーの強化といった伝統的な手法によってSTIがチューンしたもの。
ルーフやリアウイングはカーボンファイバーとなる19インチサイズの軽量BBSホイールを装備。
足回りはストラットの強化とビルシュタインダンパー装着、そしてVDCも専用チューンに。
ブレーキはブレンボで、フロントには6ポットブレーキキャリパー+ドリルドローターが与えられています。

エンジンは海外仕様に搭載されるWRX STI標準モデルと同じ2.5リッターターボながらも出力は310馬力にまで向上。
エアインテーク、エキゾーストシステムが改良を受けているようですね。

ほかECUの変更、強化ピストンの変更など「ブーストアップだけに頼らない」根本的なエンジンチューンが施されているようです。
トランスミッションは3速のギアレシオが変更され、シフター自体もショートストロークに。

BRZ tSについては標準BRZからシャシー、外観をアップグレードしたものですが、ウワサされたパワーアップはなく出力はそのまま。
サスペンションも「ビルシュタイン」と言われていたもののザックスをSTIがチューンしたものに留まり、その他はブレースバーやサブフレームの装着など、おおよそSTI製のオプションパーツ装着と言った内容にとどまっている模様。

ホイールはSTI製の18インチ(これはオプションにあるものと形状がやや異る)でタイヤはミシュラン・パイロットスポーツ4。

フロントスポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーはSTIがオプションとして用意するものと同じですが、大型リアウイングは今回のBRZ tS専用品となっています。

両車ともボディカラーはWRブルーパール、クリスタルブラックシリカ、クリスタルホワイトパール。
詳しいスペックは「後に」公開する、としていますが、現時点で日本への導入や価格は未定のようですね。

なお市販モデルではなくニュルブルクリンクのアタック用「WRX STI RA」はこんな感じ。
「RA」は「Record Attempt(記録狙い)」を意味しており、過去にはインプレッサWRX(GC8/GDB/GVB)で設定されたことがありますね(現行「BRZ」においてはモータースポーツベースの最廉価バージョンとして設定)。

これはニュルブルクリンクにて「7分切り」を狙う、600馬力にまでプロドライブがチューンしたスペシャルモデルとなり、トランスミッションはシーケンシャル、ブレーキはAPレーシング、内装はほぼ全てが剥がされたうえでロールケージが入り、リアアンダーには巨大なディフューザーが取り付けられています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スバル(SUBARU)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.