ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

新型メルセデス・ベンツGクラスの内装が初めてキャッチ。ここで新旧内外装を比べてみよう

2017/08/16

Pocket
LINEで送る

新型メルセデス・ベンツGクラスのプロトタイプが再度目撃。
ただし今回は初めてその内装が捉えられており、装備なども推測可能な状態に。
今のところ詳細は謎だらけではありますが、ここで今回撮影されたプロトタイプ、そして現行モデルの内外装を比較してみたいと思います。

こちらはプロトタイプ。

こちらは現行ですが、フェンダー形状はもちろんサイドのモール、ルーフの雨樋、フロントウインドウの角度まで新型はこれを踏襲しているようです。
ただ、衝突安全基準の関係かフロントオーバーハングが長くなっており、そのためボンネットも長くなっているように見えますね(フロントバンパーも出っぱっているように見える)。

後ろから。

これはもう「完全一致」といえるほどで、差異を探すのが難しいほど。
なんとなくスペアタイヤの位置が左に寄っているように見えるほか、ハイマウントストップランプが内蔵されている程度の相違だと思います。
ここまで一致していると「意図的にプロトタイプでは現行モデルに近づけている」と思えるほどで、とくにテールランプはその意図が感じられないでもありません(ちょっと不自然さが残る)。



フロントもワイパーなど含めほぼ現行と一致。

なおグリルはフェイスリフトを受けたGLAでも採用されている、「最近のメルセデス・ベンツ統一の」ルーバーが複数本あるタイプのようですね。

こちらはインテリア。
Gクラス発売当初は当然カーナビゲーションやインフォテイメント・システムの装備が考慮されていなかったのでモニターが「後付け」っぽくなっていますが、新型ではこれが解消。

メーターフードが助手席側に延長され、その下にモニターが格納されているようです(新型Eクラス同様)。
センターコンソールやダッシュボードの雰囲気は現行の面影を残していますが、スイッチ類がすっきりしており(タッチパネル式液晶モニターで操作?)、エアコン吹き出し口が四角から円形に(これも最近のメルセデス・ベンツと同じでジェット機のエンジンをイメージしたもの)。

ダッシュボードのグラブバーも健在ですが、形状が少し変わるようですね。

こちらは最新のスパイビデオ。
標準モデルかAMGモデルなのかといった意見がかわされているようですが、その排気音(V8っぽいアメリカンサウンド)を聞く限り、AMGモデルのようにも思えます。

VIA:CARSCOOPS

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,