ad-728





>ミニ(MINI)

英国車専門チューナー、Mulgariがミニをカスタム。280馬力、外装では6色のアクセントを選択可能

2017/07/06

Pocket
LINEで送る

イギリスのチューナー、「Mulgari Automotive」がF56世代のミニを対象としたチューニングプログラムを公開。
今回発表されたものは「Mulgari F56 SV」と名付けられ、顧客のオーダーに従って好みの仕様にてチューンを行うコンプリートカーのようですね。
なおMulgari Automotiveではほかにマクラーレンのチューンも行っており、英国車専門、かつ腕は確かなようです。

今回公表された画像では内外装が大きくアップグレードされているのがわかりますが、外装は純正パーツの形状を踏襲しており、その地味さがまた「凄み」を感じさせる仕上がりに。

各部はブラックアウトされ、ブルーのアクセントがなんとも新鮮ですが、このカラーアクセントは6色から選択可能、とのこと。
なおブレーキシステムもアップグレードされ、ブレーキキャリパーのカラーも選べるようですね。

出力に関しては独自のエンジンマネージメント、吸排気系のチューンによって最高280馬力まで対応、としています(このあたりけっこう控え目)。

内装は大きく変更され、シート、ステアリングホイールなど全体的に貼り替え。
このあたりも顧客の要望に応える、としています。


関連投稿:ACシュニッツァーがミニ各モデルのチューン内容を公開。無塗装で装着可能なパーツなど敷居は低め

Mini-2

ACシュニッツァーがJCWミニをチューン。
ノーマルに比べて34馬力アップの265馬力とちょっと控えめです。
なお同時にミニクーパーとミニクーパーSのチューンも公開しており、それぞれ170馬力、235馬力へとパワーアップ(やはり40馬力前後の出力向上)。

エンジンのほかはサスペンションキット、19インチ切削加工ホイール、エキゾースト・システムが用意され、ミニ・ハッチバックのみではなくクラブマン、カブリオレにも対応。
エキゾーストについては「トラック・モード」が設けられており、リモコンでバルブを解放することでより豪快なサウンドへと変身する模様。

Mini-1

外観ではフロントスプリッター、デカール、リアスカートフィルムを装着しており、いずれも比較的安価にチューニングを楽しめるように配慮しているようですね。
特にフロントスプリッターは無塗装で装着できるなどチューニングの敷居が下がっています。

パワーアップが抑え目となっているのも「より多くの人にカスタムを楽しんでもらえるように」価格を抑えたり安全性を考慮した結果なのかもしれませんね。

->ミニ(MINI)
-, , , , ,