ad-728

今までに乗ってきた車

Pocket
LINEで送る

今まで乗ってきた車のブランドとしてはポルシェが最多となっていますが、ぼく自身はできるだけ多くのメーカーの車に乗りたいと考えており、それぞれのメーカーの車に接することによって、それらメーカーの考え方を通じて個々の素晴らしさに触れることができるものと考えています(単一のメーカー/ブランドにばかり乗っていると見えるものも見えなくなる)。

Lamborghini GALLARDO ランボルギーニ ガヤルド

Lamborghini GALLARDO ランボルギーニ ガヤルド

ぼくは自動車の運転そのものも好きですが、工業製品や”商品”としての自動車に強い関心があります。
自動車というものは機械工学や電子工学、航空力学はもちろん、デザインやマーケティングというソフトウエア的な分野においても世界最高峰の頭脳や資金が集結しており、一般に人が手に入れることができるものとしては最高のプロダクトではないかと考えているのですね。

300万円の腕時計と300万円の車では、同じ「300万円の商品」でありながらもそこに詰まっているテクノロジーや考え方の数に差異があり、それらが多ければ多いほど知的好奇心を刺激してくれる、とぼくは認識しています。

その意味では比較的新しい車や、新しい試みを行っている車に惹かれる傾向があり、今後もさらに様々なメーカー/ブランドの車乗り続けると思いますが、同時にジャンルも拡大することで、より広い視野で自動車を捉えることできれば良いですね。



過去に乗っていた車の関連記事一覧



こちらもどうぞ。人気記事

1
どうやればスーパーカーを購入できる?スーパーカー購入は金銭的障壁より心理的障壁のほうが大きい可能性

よく問い合わせをいただく、スーパーカーの購入について。 「どうやったら買えるのか ...

2
補修に欠かせないタッチペン。自分のボディカラーが売られていないときはどうする?(裏技紹介)

さて、飛び石傷の補修など欠かせない存在のタッチペン。 国産車であれば容易にそのボ ...

3
「私は誰がフェラーリに相応しく、誰がそうでないか知っている」。限定フェラーリの購入権をジャッジする男が登場

フェラーリにおける「重要人物」、エンリコ・ガリエラ氏が「ドクター・ノー(NO)」 ...

4
フェラーリ812スーパーファストを見てきた。やっぱりフェラーリはF1直系で根本が異なると思わせる一台

フェラーリ812スーパーファストを見てきました(コーンズさんの大阪ショールームに ...

5
アウディTT(8S)が納車。久々の「イエロー」で気分は上々、カスタム意欲もMAXに

さて、先日契約したアウディTTが納車に。 ボディカラーは久々の「イエロー」で、な ...

6
「オレ、ランボルギーニ買うわ」。そう言い放ったときの女性の反応について考える

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんも ...

7
「中古フェラーリは買うな」。F355を購入したユーチューバーがその高額な修理費用を公開

「中古フェラーリは買うな」という動画が公開に。 この動画では購入したF355につ ...

2017/08/19