ad-728

自分のウラカンについて


2014年1月19日に発注、2015年4月12日に納車(オプションの関係で生産が数ヶ月遅延)。
ガヤルドに続いて、ぼくにとって2台目のランボルギーニとなります。

ボディカラーはBIANCO ICARUS(白メタリック)、インテリアはBIANCO LEDA(純白)。

装着したオプションは下記の通りです。

・クリアエンジンボンネット 682,020円
・鍛造ホイール(MIMAS)+ブラックペイント 682,020円(ホイールのみの価格)
・スタイルパッケージ(フロントバンパーの一部やグリル、マフラー、エンブレムが黒に) 178,092円
・ブレーキキャリパーペイント(イエロー) 122,688円
・ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(可変ステアリングレシオ) 232,740円
・流体磁性ダンパー(アウディのマグネティックライドのようなもの) 327,450円
・パーキングアシスト(パーキングセンサー+カメラ) 381,888円
・インテリア・ビコローレ・エレガンテ(ホワイト内装) 136,152円
・コントラストステッチ(黒部分に白ステッチ) 68,256円
・ドアカーテシーランプ(プロジェクター)24,047円
・バルブキャップ 16,038円

huracan2

車体価格2970万円に対してオプション総額は250万円程度。
やはりオプションのひとつひとつが高価で、オプション総額は相当な額になってしまいました。
支払い総額(乗り出し)は保険や後付けオプションを含まない状態で33,563,960円です。

ウラカンはその前モデルであるガヤルドとは一見して大差ないように思えますが、エンジンの腰上(というかインジェクション)が変更になり、4WDシステムもビスカスカップリングからハルデックス5に、ステアリングやパーキングブレーキも電制に、ボディもアルミとカーボンのコンポジットに、ブレーキもカーボンセラミックに、そしてトランスミッションが7段デュアルクラッチに、ヘッドライトもLEDに、メーターパネルもTFT液晶に、と大幅に進化。
およそ親会社のアウディの最新モデルと同等か、それ以上のレベルまで装備が引き上げられています。

そして一部装備はその「親分」であるアヴェンタドールにさえ先行しているものもあり、ランボルギーニの「本気」が伺えますね。
ランボルギーニはそれぞれのモデルライフが長く、いずれのモデルも登場から10年を生き抜いた後にもまだ(ガヤルドのように)鮮度を保てるだけのデザインや機構を持たねばならないので、その意味でもウラカンは今後10年以上を高いレベルで戦い抜けるだけのものを持たせる必要があったのだと考えています。

IMG_11459

また、これまでの「男らしく尖った」デザインからやや変化があったこともウラカンの特徴かもしれません。
マクラーレン(MP4-12C、650S)の登場によってハイパフォーマンスカーは一気に戦国時代に突入しパフォーマンス競争が激化しましたが、フェラーリとマクラーレンが(同じF1というバックグラウンドを持つもの同士)真のライバルとなりパフォーマンスを競う中、ランボルギーニは一歩引いて違う路線で車作りを行うようになったという印象があります。

それはランボルギーニ自身が言うように「トップスピード」のプライオリティを下げ、「デザイン」と「ハンドリング」を重視した結果のように思えますが、高いパフォーマンスを持ちながら、それを誰にでも楽しめるような車作りにシフトしたようにも感じています。
良い意味でエキゾチックな部分を残しながら、よりフレンドリーになったということですね。

IMG_9616

ウラカンは相当なパフォーマンスを持った車ではありますが、ぼくはパフォーマンスを引き出すための技術もありませんし、そういった環境に恵まれているわけでもありません。
それでもこういった車を購入するのは、たんにその「非現実性」に惹かれるからで、走らせることよりも「所有する」ことに価値を見いだしているからにほかなりません。
そのためなるべく一般的ではない色を内装に選びたいと考え、内装には「純白」を選んでいます。
わざわざ汚れやすい色を選んだわけですが、それも「非現実性」を重視し、汚れることの煩雑さよりも白い内装の持つ非日常性を重視したためです。




総支払額を考えるとマンションを買えるほどの額ですが、支払ったその額全てを「失う」わけではないですし、不動産よりは値下がりも少ないだろうと考え、自分を納得させています(お金がなくなっても、借金が増えても、命を失うわけではないですし)。

なお、ユーチューバーとして最高クラスの年収を誇るフィリックス・チェルベリ氏いわく「何か欲しい物があったら、つかみ取ってみること。気に入らなかったら手放せばいい」ということで、ぼくも常々「苦しくなったら売ればいい」と考えているため、ここは信念に従い、前に進むしか無いと考えています。

欲しいと思いながら「自分には無理」と努力を諦めるような人生は送りたくないと考えていますし、手に入れたいと考えながらも行動に移せず、それを手にいれる人を妬むようにもなりたくないと考えています。
何かを手に入れるには、それなりの代償が必要ですし、手に入れようとするものが大きければ大きいほど、その代償もまた大きいわけですね。
その覚悟なしに何かを手に入れようとるするのは虫の良すぎる話で、人生はそう甘くない、ということです。

リスクを踏んだ人間にのみ見ることができる世界があり、触れることができるものがある、ぼくはそう考えています。

なかなかこの手の車の情報は少なく、燃費をはじめメンテナンス記録、パーツの購入や取り付け、保険ほか維持に関する記録は可能な限り克明に残してゆきます。

ぼくのランボルギーニ・ウラカンについては、下記に購入前から購入後のメンテナンス、改造までまとめています。



こちらもどうぞ。人気記事

1
ポルシェ930ターボを1976年に購入し毎日乗る男。現在の走行距離は116万キロ、まだまだ記録更新中

1975年製ポルシェ911ターボ(930世代)を日常の足として乗る、Bill M ...

2
ドバイにて、砂漠をランクルでぶっ飛ばしてきた。愛すべき車バカ多数だった件

さてドバイ編ですが、愛すべき車バカが多数いる、ということが判明。 今日はドバイの ...

3
ジンガーがとんでもないポルシェ、”DLS”発表。あのメツガー・エンジン(NA500馬力)搭載、重量990キロ

ジンガーが「独自開発のエンジン」搭載のポルシェ911を公開 クラシックポルシェの ...

4
アルプス山中で40年放置されたVWバス発見→その場でレストアを行い自走で山を降りた物語

1955年製のフォルクスワーゲン・バスが40年も森の中に放置されていたところを発 ...

5
フェラーリ「日本は最重要市場のひとつ。歴史への理解が深く、忠誠心が強い」

フェラーリ・ジャパン社長、リノ・デパオリ氏が日本市場について語る 東洋経済にて、 ...

6
え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕のレトロルック採用「最新CTR」発表

「ジュネーブに何か新しい車を持ってくる」と言われていたルーフがまず「一台目」を公 ...

7
「このポルシェ911な、EVなんよ」。1979年製911にテスラのバッテリーを移植しEV化した男が登場

1979年製のポルシェ911SCタルガにテスラ・ロードスターのバッテリーパックと ...

2017/08/08