>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

デザインがGT-Rっぽくなった新型日産スカイライン発表。伝統の丸4灯テールランプが復活し、スカイライン史上最強の「400R」も登場

| 日産はGT-Rのイメージ、スカイラインという資産を積極活用することにしたようだ | 日産が新型スカイラインを発表。キャッチコピーは「これが、未来だ。」。そして「未来」という言葉を採用しているとおり、最大のウリは日産の誇る先進運転支援技術の最新バージョン「プロパイロット2.0」の搭載。そしてこのプロパイロット2.0は「同一車線内でのハンズオフ」、つまりステアリングホイールから手を離すことが可能です。日産によると「プロパイロット 2.0は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタがハイパーカー投入、レース参戦の意図を語る。「人を育てる」「モータースポーツで儲ける」。その割にはル・マン優勝を大々的に広告しないナゾ

| トヨタだけではなく、ホンダも「モータースポーツ色」を市販車販売の現場に反映したくない? | 東洋経済にて、「トヨタが超高級「スーパーカー」を投入する意味」という記事が掲載に。これはつまり、トヨタはなぜ「GRスーパースポーツ」という高価なクルマを発売するのか、という内容です。一般に、自動車メーカーはモータースポーツ活動を縮小する傾向にあり、スポーツカーもそのラインアップから縮小もしくは消してゆくというトレンドに逆行しているのでは?という問題提起でもありますね。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットの愛称が「スティングレイ」となること、そしてロゴが正式発表。日本だと「スティングレイ」はスズキの商標なのでコルベットはこれを使用不可

| アメリカのスティングレイは”マッスルカー”、日本のスティングレーは”軽自動車” | シボレーが新型C8コルベットのペットネームが「スティングレイ」となることを公式に発表し、あわせてそのロゴも公開。コルベットに「スティングレイ(Sting Ray=アカエイ)」という名称が用いられたのはC2(第二世代)からですが、これはコルベットの主要開発メンバーであったビル・ミッチエル氏が釣りを好んでいたためだと言われています(シボレーからは公式に由来が示されていない)。なお、ビル・ミッチェル氏そしてマイク・シノダ氏両 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

マクラーレンF1のV12エンジンを載せたBMW M5ワゴンが存在していた!おそらくは世界で最も高額なエンジンスワップ

| 想像通り、一瞬でクラッシュし今は存在してない | 驚くべきことに、かつてBMWは「マクラーレンF1のV12エンジンを積んだM5エステート(ワゴン)」を試作していた、という事実が明らかに(画像のM5はまた別のM5。該当のM5は一瞬で事故ってしまって資料が残っていない)。これはカーメディア「Collecting cars」のポッドキャストにて判明したもので、クリス・ハリス氏、そして前マクラーレンの役員であるデビッド・クラーク氏が語った内容だとされ、「まず間違いない」と考えて良さそうですね。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリのワンオフモデルを注文できるのは上位250人のVIPのみ。価格は3億円から、それでも納車されるまでには「5年待ち」

| ワンオフモデル製作依頼は増加傾向 | 現在フェラーリの車種構成について、F8トリブートや812スーパーファストが該当する「SPORT」、そしてGTC4 Lusso/GTC4 Lusso T、ポルトフィーノで構成される「GT」、先日発表された「モンツァSP1/SP2」等の超限定モデルをリリースしてゆく「ICONA」、488ピスタのようなスペシャルモデルが核となる「スペシャルシリーズ」で成り立っていますが、それ以外に「フォーリ・セリエ」つまりシリーズ外と呼ばれるワンオフモデルが存在します。※販売比率でいう ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やっぱり5シリーズもキドニーグリルが大きくなるようだ。フェイスリフト版BMW 5シリーズの試作車が目撃される

| 3シリーズ以上、7シリーズ未満のサイズになるのは覚悟しておいたほうがいい | 新型BMW 5シリーズ(フェイスリフト/マイナーチェンジモデル)のスパイフォトが登場。先日は「新型5シリーズワゴン(ツーリング)」のプロトタイプが目撃されていますが、セダン、ツーリング揃ってのフェイスリフトとなりそうですね。なお、今回の5シリーズ・セダンのプロトタイプのドアには「ハイブリッド・テスト・ビークル」というステッカーが貼られており、現行の「530e」よりもさらにハイパワーな「545e」ではないか、とも見られています ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリF90ストラダーレのレビュー動画登場!その細部は488ピスタと大きく共通し、「さらに磨きがかけられている」!

| フェラーリは一貫してその方向性を見失わない | 先日発表され、大きな衝撃を世に与えたフェラーリの「1000馬力級」ニューモデル、SF90ストラダーレ。その機能についてはすでに詳細が公開されているものの、今回トップギアが改めて実車を紹介しています。なお、現在のところSF90ストラダーレについては市販モデルの生産がはじまっていないと思われ、この車両はプリプロダクションモデルなのかもしれませんね(そのためか試乗は行っていない)。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >ミニ(MINI) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

3人衆の中ではもっとも穏やかなジェームズ・メイ。これまではこんなクルマに乗ってきた

| ざっと見る限り、信頼性が高くシンプルで、かつ数字よりも「感覚的な楽しさ」を重視するようだ | これまでにも「ジェレミー・クラークソンの所有車」「リチャード・ハモンドの所有車」をお届けしましたが、今回は「ジェームズ・メイの所有車」。旧トップギア、現グランド・ツアーのホストを務める3名の中ではもっとも(ずば抜けて)性格が穏やかで、運転も慎重なため「キャプテン・スロー」と呼ばれることも。最近はDrivetribeの公開する動画の中で、自身のクルマに対する想いを語っていますね。 ジェレミー・クラークソンはこん ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スバル(SUBARU)

【動画】ドバイ発!スズキ・ジムニーを「メルセデス・ベンツ純正パーツを使用して」Gクラスのレプリカにしてしまうキットが150万円で登場

|今まで登場したキットの中ではもっともGクラスに近い仕上がり | ドバイのカーパーツメーカー、「ファスト・カー・サービス」がスズキ・ジムニーをメルセデス・ベンツGクラス(AMG G63)のレプリカに仕上げるキットを公開。このキットの中にはフロントバンパー、フロントフード、ラジエターガード、前後オーバーフェンダー、ドアミラー、サイドステップ、リアバンパーそしてランプ類が含まれるようですね。 なお、これは先日ドバイで目撃された「Gクラスコンバージョン」を装着した2台のジムニーの「片方」だと思われます。 いった ...

ReadMore

所有車(現/過去)

これまでに乗ってきたクルマ、現在の所有車について

ぼくはこれまでにいくつかのクルマに乗ってきましたが、ここでその一部を紹介してみたいと思います。

基本的にはスポーツカーが好きですが、SUVもけっこう好き。
ただ、SUVもアクティブでスポーティーな性格を持っていると考えると、「スポーツカーもSUVも、自分の中では共通した性格を持っている」のかもしれません。

現在はこんなクルマに乗っている

そして現在所有しているクルマ編ですが、主なものは下記の通り。

ランボルギーニ・ウラカン

2014年1月19日に発注、2015年4月12日に納車(オプションの関係で生産が数ヶ月遅延)。
ガヤルドに続いて、ぼくにとって2台目のランボルギーニとなります。

ボディカラーはBIANCO ICARUS(白メタリック)、インテリアはBIANCO LEDA(純白)。

装着したオプションは下記の通りです。

・クリアエンジンボンネット 682,020円
・鍛造ホイール(MIMAS)+ブラックペイント 682,020円(ホイールのみの価格)
・スタイルパッケージ(フロントバンパーの一部やグリル、マフラー、エンブレムが黒に) 178,092円
・ブレーキキャリパーペイント(イエロー) 122,688円
・ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(可変ステアリングレシオ) 232,740円
・流体磁性ダンパー(アウディのマグネティックライドのようなもの) 327,450円
・パーキングアシスト(パーキングセンサー+カメラ) 381,888円
・インテリア・ビコローレ・エレガンテ(ホワイト内装) 136,152円
・コントラストステッチ(黒部分に白ステッチ) 68,256円
・ドアカーテシーランプ(プロジェクター)24,047円
・バルブキャップ 16,038円

車体価格2970万円に対してオプション総額は250万円程度。
やはりオプションのひとつひとつが高価で、オプション総額は相当な額になってしまいました。
支払い総額(乗り出し)は保険や後付けオプションを含まない状態で33,563,960円です。

ウラカンはその前モデルであるガヤルドとは一見して大差ないように思えますが、エンジンの腰上(というかインジェクション)が変更になり、4WDシステムもビスカスカップリングからハルデックス5に、ステアリングやパーキングブレーキも電制に、ボディもアルミとカーボンのコンポジットに、ブレーキもカーボンセラミックに、そしてトランスミッションが7段デュアルクラッチに、ヘッドライトもLEDに、メーターパネルもTFT液晶に、と大幅に進化。
およそ親会社のアウディの最新モデルと同等か、それ以上のレベルまで装備が引き上げられています。

そして一部装備はその「親分」であるアヴェンタドールにさえ先行しているものもあり、ランボルギーニの「本気」が伺えますね。
ランボルギーニはそれぞれのモデルライフが長く、いずれのモデルも登場から10年を生き抜いた後にもまだ(ガヤルドのように)鮮度を保てるだけのデザインや機構を持たねばならないので、その意味でもウラカンは今後10年以上を高いレベルで戦い抜けるだけのものを持たせる必要があったのだと考えています。

また、これまでの「男らしく尖った」デザインからやや変化があったこともウラカンの特徴かもしれません。
マクラーレン(MP4-12C、650S)の登場によってハイパフォーマンスカーは一気に戦国時代に突入しパフォーマンス競争が激化しましたが、フェラーリとマクラーレンが(同じF1というバックグラウンドを持つもの同士)真のライバルとなりパフォーマンスを競う中、ランボルギーニは一歩引いて違う路線で車作りを行うようになったという印象があります。

それはランボルギーニ自身が言うように「トップスピード」のプライオリティを下げ、「デザイン」と「ハンドリング」を重視した結果のように思えますが、高いパフォーマンスを持ちながら、それを誰にでも楽しめるような車作りにシフトしたようにも感じています。
良い意味でエキゾチックな部分を残しながら、よりフレンドリーになったということですね。

ウラカンは相当なパフォーマンスを持った車ではありますが、ぼくはパフォーマンスを引き出すための技術もありませんし、そういった環境に恵まれているわけでもありません。
それでもこういった車を購入するのは、たんにその「非現実性」に惹かれるからで、走らせることよりも「所有する」ことに価値を見いだしているからにほかなりません。
そのためなるべく一般的ではない色を内装に選びたいと考え、内装には「純白」を選んでいます。
わざわざ汚れやすい色を選んだわけですが、それも「非現実性」を重視し、汚れることの煩雑さよりも白い内装の持つ非日常性を重視したためです。

総支払額を考えるとマンションを買えるほどの額ですが、支払ったその額全てを「失う」わけではないですし、不動産よりは値下がりも少ないだろうと考え、自分を納得させています(お金がなくなっても、借金が増えても、命を失うわけではないですし)。

なお、ユーチューバーとして最高クラスの年収を誇るフィリックス・チェルベリ氏いわく「何か欲しい物があったら、つかみ取ってみること。気に入らなかったら手放せばいい」ということで、ぼくも常々「苦しくなったら売ればいい」と考えているため、ここは信念に従い、前に進むしか無いと考えています。

欲しいと思いながら「自分には無理」と努力を諦めるような人生は送りたくないと考えていますし、手に入れたいと考えながらも行動に移せず、それを手にいれる人を妬むようにもなりたくないと考えています。
何かを手に入れるには、それなりの代償が必要ですし、手に入れようとするものが大きければ大きいほど、その代償もまた大きいわけですね。
その覚悟なしに何かを手に入れようとるするのは虫の良すぎる話で、人生はそう甘くない、ということです。

リスクを踏んだ人間にのみ見ることができる世界があり、触れることができるものがある、ぼくはそう考えています。

なかなかこの手の車の情報は少なく、燃費をはじめメンテナンス記録、パーツの購入や取り付け、保険ほか維持に関する記録は可能な限り克明に残してゆきます。

ぼくのランボルギーニ・ウラカンについては、下記に購入前から購入後のメンテナンス、改造までまとめています。

ウラカン購入記~発注から納車まで
ウラカンの仕様/インプレッション/近況
ウラカンの内装カスタムについて
ウラカンの外装カスタムについて
ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費

ポルシェ718ケイマン

試乗した際の魅力に抗しきれず購入したポルシェ718ケイマン。
これで「4台目」のポルシェですが、ケイマンははじめて。

いつも思うのは、「ポルシェ(のスポーツモデル)は高額な車ではあるが、高級車ではない」ということ。
高級車にしようとして高額になったのではなく、ポルシェがもとめる運動性能を実現しようと考えた結果、”この価格になってしまった”のだと考えています。

そして718世代のケイマンは981世代に比較するとスポーツ性が大きく増しており(ネーミング含め、ポジションの変化による)、その乗り味はまるでスポーツバイクのように軽快かつ機敏で、キレ味抜群。

ぼくのケイマンのボディカラーはグラファイトブルー、内装はブラック。

仕様・オプションは下記のとおりです。

ポルシェ・ケイマン PDK
ボディカラー/内装色:グラファイトブルー/ブラック


車両価格:7,074,000円
グラファイトブルーメタリック:150,000円
ダイナミックコーナリングライト:158,000円
ポルシェエントリー&ドライブシステム:128,000円
パークアシスト+バックカメラ:279,000円
電動格納ミラー:55,000円
アルミルック燃料キャップ:24,000円
サーボトロニック:48,000円
スポーツクロノパッケージ:404,000円
19インチ・ボクスターSホイール:325,000円
オートエアコン:139,000円
シートヒーター:76,000円
フロアマット:20,000円
ETCセットアップ費用:3,560円
ポルシェスケジュールドメンテナンス(5年):288,360円
ホイールペイント:216,000円
レーダー探知機取り付け:17,820円
ドライブレコーダー取り付け:17,820円
フロントウォッシャーノズル/リア「PORSCHE」文字ペイント:68,904円合計:99,505,444円

そのほか、カスタムを行った内容は下記のとおり(随時追加)。

キーカバー:7,000円
ホイールセンターキャップ:2,500円
「PORSCHE」レターペイント:59,400円
ヘッドライトウォッシャーノズル塗装:9,504円
フロントドアトライアングル:5,500円
スポーツテールパイプ:65,000円
ティンテッドテイルランプ:96,000円
ナンバープレートボルト:1,080円
ドライブレコーダー(VREC DZ-500D-C):21,574円
レーダー探知機(ユピテルA130):19,260円
ワンオフドアミラー/ルームミラー:39,493円
メーターリング:3,300円

今まではこんなクルマに乗ってきた

アウディTT(8S)

以前に乗っていた8J/TT(二代目)に続いて購入した8S/TT(三代目)。

今回「維持費が安い(排気量が小さい)」「ある程度のステータス性がある」「4WD」「比較的コンパクトな車体」という条件で車を探したところ、TTが浮上。

競合したのはフォルクスワーゲン・ゴルフR、メルセデスGLAですが、「黄色」というボディカラーに惹かれてTTを選んでいます(イエローはぼくがこれまで乗った車の中ではもっとも多いボディカラー)。

グレードは2.0 TFSI Quattro、ボディカラーはベガスイエロー、インテリアはブラック/ロックグレー。

オプションはマトリクスLEDヘッドライト、アシスタンスパッケージ・アドバンスト 、S lineパッケージ。
カスタム内容は下記のとおりです。

・ホイールペイント(グロスブラック)
・フロントスプリッターペイント(グロスブラック)
・マフラーエンドペイント(グロスブラック)
・レーダー探知機取り付け
・ドライブレコーダー取り付け
・純正フットレスト取り付け
・TTRS用シート調整スイッチ(レバー)へ交換
・ナンバープレート固定ボルト交換

ポルシェ981ボクスター

3台目のポルシェとして購入。
このボクスターの前にポルシェを購入したのは911(997)の2005年5月。
それを2008年11月まで乗ったので、購入で言えば8年5ヶ月ほど、所有していない期間だと4年11ヶ月ほどのブランクがあったことになりますが、今回のボクスター購入により久しぶりにポルシェ浪人を脱却。

boxster

仕様は2.7L+PDK+右ハンドル(ほぼ毎日、どこへでも乗ってゆくので)、ダークブルーメタリック+ブルートップの外装に、アゲートグレー+ペドルグレーのツートン内装。

仕様は下記の通りです。

車両本体価格 6,310,000
(以下、オプション)
エクステリアカラー 145,000
ウィンドディフレクター 48,000
スポーツクロノパッケージ 358,000
19インチボクスターSホイール 253,000
シートヒーター 77,000
フロアマット 19,000
インテリアカラー 295,000
電動ミラー 53,000
スポーツテールパイプ 95,000
タイヤ圧モニタリングシステム 110,000オートエアコン 135,000
カラーシートベルト(シルバーグレー) 44,000
スポーツデザインステアリングホイール 74,000
アルミニウムPDKセレクターレバー 94,000
BOSEサラウンドシステム 106,000
・オプション合計 1,903,000
・車両合計金額 8,213,000

カスタム内容は下記の通り。

ボディ/ホイール/ブレーキキャリパー ガラスコーティング
ipodケーブル(ポルシェ純正)
内装/トランク照明LED化
ワイドミラー(ワンオフ製作、ドアミラー/ルームミラー)装着
カラークレストキャップ
レーダー探知機(ユピテルFM143i)
アクリル製ウインドディフレクター(サンライズ千駄木)
キセノンヘッドライト(ベロフ6000K)
デイライトアクティブ化(コーディング)
ホイールペイント(ゴールド)
マフラーペイント(ブラック)
モデルネームレス
LEDフロントサイドウインカー(911ターボ用純正)
ブレーキキャリパーペイント(ポルシェ純正色シルバー)

BMW i3

ポルシェ・ボクスター(981)の後継として購入したBMW i3。
レンジエクステンダー付きでボディカラーはローレル・グレイ。

BMW i3はEVですが、「EVが欲しかった」わけではなく、i3のコンセプトに惹かれて購入した(その中にEVという要素が含まれていた)ということが購入の理由です。
そのために日産リーフや三菱アイミーブは競合せず、むしろメルセデス・ベンツGLA、ミニクーパーS、VWゴルフRなど、毛色の変わったガソリン車とあわせて検討され、結果として購入に至ることに。
装着したオプションは下記の通り。

ローレルグレイ 77000円
コネクテッド・ドライブ 57000円
19インチアロイホイール 428デザイン 120000円
フロントシート ヒーティング 47000円
LEDヘッドライト 103000円
ケーブルマネージャー 7452円
12ヶ月法定点検+三年BSI 45000円
BMW i3

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4ビアンカ

ガヤルドLP560-4ビアンカ。日本限定車、シリアルナンバー1/15(つまり1番)です。

今まで乗ってきた車の(最高額の)優に倍、ミニクーパーSの10倍程度の価格の車ですが、価格に見合ったものを備えていると思います。

一般人でも維持できるのか、というところから、メンテや保険、燃費などすべての記録を残す予定です(ぼくが購入するとき、そのあたりの情報が全く無かったので、少しでも購入検討の方の参考になれば)。
スタイリング、走りはもちろん、メンテナンス費用含む維持費や保険金額も常識外れ(保険は最近になり安くなった)。

維持してゆく恐怖はありますが、この車が自分のガレージに収まっているのとそうでないのとでは、毎日のヤル気が違うので、やはり買って良かったなあ、と考えています。
購入後もフェラーリ458、マクラーレンMP4-12Cと、同じような価格帯でより優れたパフォーマンスの車が登場していますが、それらを運転した後もビタイチ(ガヤルドを購入したことを)後悔していません。

ちなみに以前に乗っていたポルシェ911(997)よりも乗りやすいので、比較的良く乗ったことが思い出されます。

車両について触れると、「ビアンカ」はガヤルド登場5周年を記念して日本で企画された限定車で、通常であればオプションであるクリアボンネット(エンジンフード)、ブランディングパッケージ(内装にランボルギーニ文字やクレストが増える)、レザーパッケージI(内装の革部分が増える)、といったオプションが付加され、しかし価格は据え置き、といった内容です。

もともと「白い」ガヤルドは日本からのスペシャルオーダーで作られたそうで、その後にランボルギーニが正式にラインナップするようになった、ということを聞いていますが、その関係かボディカラーは「ビアンコ・モノセルス(ソリッド白)」か、「バルーン・ホワイト(白パール)」の2種。

購入後に手を入れたのは下記の通りです。

・内装にLED製品の間接照明追加(市販品加工)
・カーボン製Eギア・セレクタプレート装着(純正)
・LEDデイライトアクティブ化(ランボルギーニ大阪さんにて)
・LEDライセンスプレートランプ装着(ランボルギーニ大阪さんにて)
・内装・カーテシランプ等LED化(市販品を使用)
・ワイドドアミラー・ルームミラー装着
・BEWITH(アキュレートII)スピーカー装着
・ホイール交換(純正スーパーレッジェーラ用”RA”シャイニーブラック)
・カーボンサイドステップ(純正スーパーレッジェーラ用)装着

ポルシェ911カレラ(997)

そのほかはレンジローバー・イヴォーク、アウディTT(8J)、ミニクーパーS(R56)、ポルシェ・ボクスターSUV(986)、ホンダ・エレメント、日産フェアレディZ、日産パオ、フォルクスワーゲン・シロッコ、BMW Z3等に乗ってきましたが、それらの一部についてはもうひとつのブログ「no more ready-made」にて記録を残しています(一定期間より前のものは記録が残ってない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

投稿日:2016/09/05 更新日:

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.