>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

日本と欧州の自動車メーカーの戦略における決定的な相違、「バリエーション展開の戦略」についての考察

| 欧米は選定必勝の攻撃型、日本は状況対応の臨機応変型 | 日本の自動車メーカーと欧州の自動車メーカーとでは考え方に大きな差があると感じることがありますが、今日はその「モデルラインアップに関する戦略」について考えてみたいと思います。大きいところから話をすると、欧州の気動車メーカーは、「一気にそのモデルのバリエーションを展開」し、日本の自動車メーカーは「ボチボチ展開してゆく」傾向が強い、と考えているわけですね(あくまでも傾向の話であり、ひとまとめには出来ない)。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スウェーデンの自動車メーカー >日産/インフィニティ(Infinity)

トヨタ、日産、ボルボにリコール。日産は9万台、ボルボは該当期間に輸入した台数のほとんど(2万台)が該当する大規模なものに

| 一方トヨタは405台がリコール対象 | 今回は比較的リコールの届け出が珍しい、トヨタ、日産そしてボルボが国土交通省へとリコールを登録。トヨタは「ヘッドライト」、日産は「ブレーキ」、ボルボは「冷却水系」とエンジンコントロール」。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

「女王陛下の007」公開50周年記念!アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの最新限定モデルが50台のみ販売開始

| 正式名称はOn Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera | アストンマーティンがDBSスーパレッジェーラに、「新たなる限定モデル」を追加。 これは1967年に公開された007映画「女王陛下の007(On Her Majesty’s Secret Service)」50周年を記念した特別仕様を持ち、その名もズバリ「On Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera(長い・・・)」。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】メルセデスCEOが今日で退任。BMWが「これでようやくBMWに乗れるようになったな」とCEOに向けたパロディ動画を公開

| BMWとメルセデス・ベンツは昔からこういったやりとりが多い | ダイムラー(メルセデス・ベンツ)CEO、ディーター・ツェッチェ氏が5月(今日)でその職を退いていますが、今回BMWが同氏に宛てたユーモア溢れる動画を公開。ライバル会社がそのCEOの退任にあたって動画を作成するということは非常に珍しく、「よくこの内容を公開したな」と思わせる部分も。なお、撮影にあたってはメルセデス・ベンツの協力や許可なしにはできないだろうと思わせる部分もあり、これは「メルセデス・ベンツ合意」の動画なのかもしれませんね。

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

今日のポルシェ718ケイマン。給油あたりの計測では最高燃費、13.3km/Lを記録。ポルシェはどうやって燃費を向上させているのか?

| ポルシェはスポーツ性能と環境性能の両立のため、涙ぐましい努力をしている | さて、今日ポルシェ718ケイマンに給油してふと気づいたこと。それは「燃費が伸びている」ということですが、具体的な数字だと直近での燃費がリッターあたり13.3キロ。ぼくはいつも「満タン法」による計測で、おおよそガソリンタンクがカラに近くなった状態で給油するようにしています。ちなみにオンボードコンピューターによる燃費表示はリッター12.8キロなので、さほど現実との誤差はないと考えてよいのかもしれません。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

もしも新型スープラがBMWではなく、他メーカーとの共同開発だったら!AMG、フェラーリ、アストンなど「もしも」なレンダリング

| 中には「ないとは言えないな」というものも | 新型トヨタ・スープラは「BMWとの共同開発によるスポーツカー」。その理由としては、トヨタ単独で開発を行うと”とんでもなくお金がかかる”ためで、というのもトヨタはスープラの「魂」とも言える、そしてスープラに”なくてはならない”直6エンジンを持っていなかったから(そしてBMWは直6エンジンを持っていた)。よって、トヨタが単独で新型スープラを開発するとなると、プラットフォームだけではなく直6エンジンも開発しなければならず、よって「そうなれば、とうてい今の価格では ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(ハイパフォーマンスモデル編)。「エアインテークを目立たせる」ほか

| 機能を視覚化する方法が確立されてきた | 先日、クルマのデザインがメーカー問わずに似てきたという件について触れましたが、今回は「ハイパフォーマンスモデルのデザインも似てきた」ということについて。ただ、これは「スポーツカーやスーパーカー」ということではなく、主にメルセデス・ベンツ、BMW、アウディなど「ジャーマンスリー」の発売するハイパフォーマンスモデル「AMG」「M」「S」について考察してみたもの。 関連投稿 自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(前後バンパー、テールランプ編)。なぜ「細く ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

もはやレンジローバーなみ!より高級に、より洗練された新型ランドローバー「ディスカバリースポーツ」発表

| レンジローバー・ヴェラールのような高級感すら感じられる | ランドローバーが、新しいデザインそして機能を持つ新型ディスカバリースポーツを発表。2020年モデルとしてのアップデート版にはなるものの、その変更内容はけっこう大きいようですね。外観では、各部がリファインされて新しいバンパー、LEDライティングシステムが目に入るところ。そのほかフロントグリル、ホイールも一新(18~21インチまで選べる)されることに。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

世界に一台!ホンダが公式にカスタムしたシビック・タイプR「ピックアップトラック」が公衆の面前に登場

| ホンダUKはなぜかシビック・タイプRのピックアップトラックを実際に作ったことがある | ホンダは以前に、現行(FK8)シビック・タイプRのリアセクションをカットしてピックアップトラックを製作したことがありますが、なんとその実車が一般人によって目撃されています。このシビック・タイプRはピックアップトラック化されるにあたって2シーター/2ドアへ。さらにロールバーにLEDライトバーが装着され、ヘビーデューティーな雰囲気を持つ半面、特徴的なリアウイングも残されるというユニークな外観を持っています。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を破り、王者に返り咲いたと発表しています。なお、「ルノー・メガーヌR.S.」「シビック・タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の3車は、長らくニュルブルクリンクFF最速の座をかけ、抜きつ抜かれつを繰り返してきましたが、新型(FK8)シビック・タイプRが7:43.8を記録し王座奪還したのちはライバルたちも ...

ReadMore

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

オートアート1/64ミニカー「ランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター」

オートアート製のランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター。 京商ランボルギーニ・コレクションと同じ1/64サイズですが、京商にはムルシエラゴ・ロードスターがなく、その補完として入手(京商はムルシエラ ...

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション「ムルシエラゴR-GT/ウラカン・スーパートロフェオ/ガヤルドRG-3」

サークルKサンクス限定にて発売された、京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション「ランボルギーニ・ムルシエラゴR-GT」。 ムルシエラゴのレース用モデルとなりますが、金型の精度もよく、再現度の高い一台と ...

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

サークルKサンクス京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション~ディアブロSV / GTR / JLOC

サークルKサンクス限定にて発売された「京商ランボルギーニ・ミニカーシリーズ」、ディアブロSV。 これはリトラクタブルヘッドライト採用の1996年モデルを再現したもので、この時期に初めて登場したボディサ ...

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ずいぶん揃ってきた、サークルKサンクス京商ランボルギーニ・シリーズ

ずいぶん前からチョコチョコと集めているサークルKサンクス京商ランボルギーニ・ミニカーシリーズ。 以前はネット上で出回る箱の並び(配列)情報をもとに欲しいモデルをゲットできていたのですが、最近はランダム ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

かなり珍しい、ランボルギーニ・ブラーヴォの詳細画像(内外装)が公開に

ベルトーネによるデザインのランボルギーニ・ブラーヴォ(ブラボー)。 ランボルギーニとしてははじめてV8(3リッター)を積んだ車ですが、コンセプトカーとして1974年に発表。

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ランボルギーニの限定車関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニのモデルカー〜京商1/64 ヴェネーノ・クーペ / ヴェネーノ・ロードスター

2016/7/1    ,

サークルKサンクス限定にて展開されるシリーズ、京商ランボルギーニ・ミニカーコレクションにてラインアップされているヴェネーノ・クーペ。 イエローやグリーン、実車と同じくグレーにホワイト/レッド/グリーン ...

>ランボルギーニの限定車関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・チェンテナリオが走る動画。リアウイングは2段可変式

ランボルギーニ・チェンテナリオがランボルギーニの工場から出てくる様子。 動画を見るとリアウイングの動作は二段階で、まず上にあがってから角度が変わる模様。 サウンドは意外と控えめですね。

>その他アメリカ車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■映画や音楽、本について

「ワイルド・スピード・アイスブレイク」でそれぞれのメンバーが乗る車が公開に

「ワイルド・スピード8」でそれぞれの登場人物の乗る車の画像が公開に。 先日はキューバでのロケでしたが、今回はアイスランドでの撮影です。 まずホブス捜査官は「アイス・ラム」。 ダッジ・ラムを雪上仕様に改 ...

>フェラーリ(Ferrari) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■映画や音楽、本について

【まとめ】どんなものがある?ワム!やロッド・スチュワート他有名人所有で競売に出されたもの

ワム!のアンドリューも所有していたフェラーリ440iが競売に。やはり4座は人気がなく最高で550万円の予想 1983年製のフェラーリ440iがオークションに登場予定。 コンディションは「最高」とされ、 ...

>ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ビバ・イタリア2016の様子。アヴェンタドールSVが大量参加

ランボルギーニ・クラブ・オランダによって主催され、今年も開催されたビバ・イタリアの様子がLambocarsにて紹介。 色とりどり、そして過去のモデルも多く参加しています。

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■映画や音楽、本について

二台のランボルギーニ・ミウラが1969年の映画「ミニミニ大作戦」で落とされた崖をリベンジ走行

2016年はフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年のほか、ランボルギーニ・ミウラ発売から50周年を数える節目の年でもある、とのこと。

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニが公式動画を二本公開。「イタリアツアー」と「スコットランドツアー」

ランボルギーニがサンマリノ経由にて3日の間イタリアを走る「イタリアツアー」の動画を公開。 歴代のランボルギーニも多数参加していますが、最新モデルでもあるウラカン・スパイダーの参加も多く見られます。

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ヨン・オルソンがスペシャル仕様のムルシエラゴを雪山にて走行

ヨン・オルソンといえばスキーの転戦用に用いている年度ごとの「トランスポーター」が有名ですが、やはりこれを有名にしたのはムルシエラゴだと思います。 ムルシエラゴ+ルーフ上のジェットパックという違和感もさ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

フェルッチョ・ランボルギーニ生誕100周年パレードが開催。イタリア警察主導にてボローニャを走行

フェルッチオ・ランボルギーニ生誕100周年を記念し、フェルッチオ・ランボルギーニ博物館とフェルッチオの息子、トニーノ・ランボルギーニ氏によってパレードが企画。 ランボルギーニ本社のあるボローニャを出発 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >ブガッティ(BUGATTI) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

これマジ?パガーニ・ゾンダとローバー45がパーツ共通ほか高額車と普及車との部品共有

高額な車とより安価な車とのパーツ共有例が動画に。 まずはパガーニ・ゾンダとローバー45ですが、エアコン部が共有されている模様。 車体価格を考えると100倍以上の差がありそうなだけに驚愕ですね。

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

全然知らなかった。ランボルギーニ・ミウラにガソリンはこう入れる

美しいブルーのランボルギーニ・ミウラ。 けっこう普通に乗っているっぽいですが、ガソリンスタンドへ給油に向かう模様。

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・アヴェンタドールの生産が5000台に。なおムルシエラゴは10年で4000台

ランボルギーニ・アヴェンタドールの生産台数が3/22において5000台に達した、とのこと。 アヴェンタドールの登場は2011年なので、わずか5年で「ムルシエラゴが10年かけて4000台売った」台数を大 ...

>フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

フランスにて、放置されたランボルギーニ・ウラッコが発見される

フランスにて、放置されて埃をかぶったランボルギーニ・ウラッコ。 埃の量からすると数年といったレベルではなく、もしかするとウラッコが現役だった「当時」から放置していたのではと思えるほどですね。

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.