>フェラーリ(Ferrari)

息を呑むほどに美しい内外装を持つフェラーリ458スペチアーレAの中古車が販売中。NA最後のミドシップという希少価値もあって9400万円

| フェラーリ458スペチアーレの売り物はめったに出てこない | 2014年に販売されたフェラーリ458スペチアーレA。458スペチアーレA(アペルタ)は458スペチアーレのオープン版ですが、フェラーリの常として「オープンモデルを少なく作る」というものがあり、そのため限定台数はわずか499台という超レアモデル。458スペチアーレシリーズ自体は「458イタリア/458スパイダー」のハードコアモデルという位置づけになるものの、これが特別扱いされるもう一つの理由は「フェラーリV8ミドシップ最後の自然吸気」だから ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「スーパーカーは作らない。なぜならばM8がスーパーカーそのものであり、ポルシェ911ターボにも勝るからだ」

| BMWはM8に対してあまりに自信満々 | 「BMWは新たにスーパーカーをリリースする予定はない。なぜならM8がスーパーカーそのものだからだ」。 これはBMW M部門のボス、マークス・フラッシュ氏がカーメディア、「Which Car 」に対して語ったものですが、さらには「M8はBMWでもっともニュルブルクリンクを速く走ることができるクルマであり、我々が提供できる”究極の”ハイパフォーマンスカーだからだ」と続けています。 さらにマークス・フラッシュ氏は「M8はポルシェ911ターボキラー」でもあると語るなど ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スピンドルグリルが巨大に?レクサス「GX」がフェイスリフトし、押し出しの強いアグレッシブな顔つきに

| 変更内容はさほど大きくなく、しかし一気に”レクサス顔”に | レクサスがGX初のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を行い、スピンドルグルルが巨大化した新型GXを発表。レクサスGXはランドクルーザープラドのレクサス版ということになりますが、日本には未導入。なお、日本でのレクサスSUVは下から「UX」「NX」「RX」「LX」という構成ですが、もし「GX」が発売されることになれば、RXとLXとの中間ということになりますね。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

カーレックスがマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。3D技術を使用した立体的な仕上がりに

| この内装が手に入るのであれば数百万の支出も悪くない | ポーランド拠点の内装スペシャリスト、カーレックス・デザイン(Carlex Design)がマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。例によって「内装総張替え」ですが、、単に素材を置き換えるだけではなくダッシュボードやシート、ステアリングホイールはオリジナルデザインによってドレスアップされることに。なお、先日公開した日産GT-R同様、そのカラーはブラックとレッド。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M5コンペティションがニュルにて「セダン歴代2位」「BMW歴代2位」の7:35.90を記録。そしてBMWは「Vision M Next」の発表を予告

| ヴィジョンMネクスト・コンセプトはテクノロジーとドライビングプレジャーとを融合 | BMW M5コンペティションがニュルブルクリンクにて7:35.90というタイムを記録。これはニュルブルクリンクのランキングだとだいたい68位あたりに位置するタイムで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの7:38.00よりも速いタイム。ただ、残念なことにセダン最速のアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの7:32.00にはおよばず、「セダンでは2位」。なお、4ドア「クーペ」だとメルセデスAMG GT63 S 4MATICが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・スピードテールを注文した富豪が仕様決定のためマクラーレン本社へ。「最終的に2つに絞ったが決めきれない。どちらがいいと思う?」

| マクラーレンからもらったお土産もあわせて披露 | 先日、自身のガレージを紹介し、新しくフォードGT、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・ジェスコ、ブガッティ・シロン・エルメス、メルセデスAMG ONEが納車されることを明かしたアメリカ在住の富豪、マニー・コシュビン氏。今回はマクラーレン・スピードテールの仕様を決定するためにマクラーレン本社を訪問した際の様子を紹介しています。 富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォ ...

ReadMore

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A Mind in Motion」と題された催しにて展示される、とのこと。そしてこのピニンファリーナ・バッティスタをアンヴェールしたのはなんとニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドという二名の「元F1ドライバー」。 加えてピニンファリーナ・バッティスタを公に見ることができる機会はまだなく、非常にレアな展示だと ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ル・マン優勝を飾ったトヨタが早速来季に向けて始動!GRスーパースポーツを豊田章男社長自らがステアリングを握りテスト開始

| 来年のル・マン24時間レースには待望の「ハイパーカークラス」が設立される | トヨタは「来年のル・マンにはGRスーパースポーツをベースにしたクルマで参戦する」と発表していますが、間を置かずにその「GRスーパースポーツ」をサーキットにてテストする様子を動画にて公開しています。そしてそのステアリングホイールを握るのはトヨタ自動車社長、豊田章男氏。なお、同氏はモータースポーツ活動を行う際には「モリゾウ」名義を使用しているので、この場合「ドライバーはモリゾウ」と表現したほうが正しいのかもしれませんね。

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

新型ポルシェ・ケイマンGT4発表!911GT3の「4リッター自然吸気」を手に入れ、先代モデル比でニュルのタイムを10秒短縮

| おそらくはガソリンエンジン搭載の「718ケイマン」完成形 | ポルシェが718ボクスター・スパイダーの発表と同時に「718ケイマンGT4」を発表。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ケイマンGT4」の出力が385馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ケイマンのほうが(標準モデル含め全般的に)ケイマンよりパフォーマンスが強調される」設定であったため、981ボ ...

ReadMore

■このサイトについて >ポルシェ・ボクスター関連 ■ニュース

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

| おそらく今後、これ以上ハードなモデルは登場しない | 先週に「718ボクスター・スパイダー」のティーザー動画が公開されたところですが、間を置かずしてポルシェが「新型718ボクスター・スパイダー」を発表(718ケイマンGT4も同時発表)。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ボクスター・スパイダー」の出力が375馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ボクスター ...

ReadMore

■イタリア車

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

全然知らなかった。ランボルギーニ・ミウラにガソリンはこう入れる

美しいブルーのランボルギーニ・ミウラ。 けっこう普通に乗っているっぽいですが、ガソリンスタンドへ給油に向かう模様。

>ランボルギーニ・ウラカン関連

定期チェック。色々なカスタムが施されたランボルギーニ・ウラカン

Facebook、インスタグラム等で見つけた、カスタムされたランボルギーニ・ウラカンの数々。 上はランボルギーニ・ニューポートビーチからの画像ですが、ストライプがかなり幅広い範囲で入れられており、ドア ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・アヴェンタドールの生産が5000台に。なおムルシエラゴは10年で4000台

ランボルギーニ・アヴェンタドールの生産台数が3/22において5000台に達した、とのこと。 アヴェンタドールの登場は2011年なので、わずか5年で「ムルシエラゴが10年かけて4000台売った」台数を大 ...

>フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

フランスにて、放置されたランボルギーニ・ウラッコが発見される

フランスにて、放置されて埃をかぶったランボルギーニ・ウラッコ。 埃の量からすると数年といったレベルではなく、もしかするとウラッコが現役だった「当時」から放置していたのではと思えるほどですね。

>フェラーリ(Ferrari)

モデナにあるエンツォ博物館。当時のワークショップのほか貴重な展示も

フェラーリ本社の所在地にある、「Museo Casa Enzo Ferrari」。 エンツォが生まれた地に設立され、ワークショップも残されている、とのこと。

>ランボルギーニの限定車関連

ランボルギーニ・センテナリオが走る。ジュネーブショーからの搬出にて

ジュネーブ・モーターショーが閉幕し、各車が搬出。 この動画はランボルギーニ・チェンテナリオが搬出される様子ですが、当然ながらかなり慎重に積み込んでいますね。

>フェラーリ(Ferrari)

火事で燃えたフェラーリ225Eが見事復活。2年をかけフェラーリの手によって蘇る

2016/3/22    , ,

フェラーリが1952年製225Eのレストアを完了しその姿を公開。 この車両は火事により燃えてしまった過去を持ちますが、その後「Ferrari Classiche 」によって見事復活。 レストアには2年 ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >マセラティ(Maserati)

イケてると思っていたが想像以上にイケていた。マセラティ・グラントゥーリズモに試乗する

マセラティ・グラントゥーリズモに試乗。 グレードは「MC-Auto Shift」、4244CC、405馬力です。 ボディサイズは全幅1915、全長4885、全高1355ミリとけっこう大きく、重量も19 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニのデザイナーがイタルデザインへ、そしてポルシェのデザイナーがランボルギーニに異動

先日、ステファン・ヴィンケルマン氏がランボルギーニCEOからクワトロAGのCEOへと異動となり、かわりにステファノ・ドメニカリ氏がランボルギーニCEOへと異動していますが、今回はランボルギーニのデザイ ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(輸入車編)

さて、日本車編につづいて、ぼくが勝手に考えている自動車メーカーおよび車の印象「輸入車編」。※国産車編はこちら

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニがミウラSVをレストア。45年前のジュネーブで展示された個体

ランボルギーニがそのレストア部門「PoloStorico」にてレストアされたミウラを公開。 これは1971年モデルのSVで、45年前のジュネーブ・モーターショーで公開されたもの。

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニがアドペルソナムによる中東の金持ちっぽいウラカンとアヴェンタドールを公開

ランボルギーニ・ジャパンが「アドペルソナム」についてのプレゼンを実施。 新バージョンが追加されたとしてアドペルソナムで仕上げられたウラカンを展示したそうです。

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

マットブラック×イエローのアヴェンタドール。エンジンをスタートさせる動画も

マットブラックにグロスイエローのストライプが美しいランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター。

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

アヴェンタドール/ウラカン用のキーカバー登場。けっこうイケる?

ヤフオクにランボルギーニ・ウラカン/アヴェンタドール用キーカバーが登場。 以前にも栃木レザー採用のものが出品されていましたが、今回はそれと別物のようですね。

>フェラーリ(Ferrari)

スペインからフェラーリ458のエアロキット「Atarius Raptor 2」が登場

スペインのチューニングブランド、Atariusよりワイドフェンダーを装着した、フェラーリ458イタリア向けの過激なエアロキットが登場。

>ランボルギーニの限定車関連

ランボルギーニ・チェンテナリオの詳細画像登場。珍しい内装も

Lambocarsがランボルギーニ・チェンテナリオLP770-4の画像を大量公開。 なかなかほかでは紹介してくれなかった細部や内装の画像があり、さすがLambocarsといったところです。

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >マツダ(MAZDA)

フィアット124スパイダーとマツダ・ロードスターはどう違う?FCA語る

フィアットの124スパイダーはマツダ・ロードスターをベースにしていますが、フィアットによると「それぞれ異なる性質を持つ」とのこと。

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

老女二人がランボルギーニでドライブ。買い物に行くも食料品を積めずに困る

ドーナッツ・メディアの企画によるランボルギーニ×老女第二弾。 前回は老女を助手席に乗せてランボルギーニ・ムルシエラゴで高速道路をぶっ飛ばす動画でしたが、今回は老女たちが自らドライブ。

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.