>マツダ(MAZDA)

マツダ・アクセラ改め「マツダ3」国内発表!上質かつ快適さを目指して内外装、パワートレーン、制御技術すべてが進化。欧州プレミアムコンパクトに真っ向から挑む

| ファストバックの価格は2,181,000円~3,621,400円、6MTも | マツダが日本国内にて「マツダ3」を発表。これまで「マツダ3」は日本以外の国において使用されていた名称であり、日本では「アクセラ」の名を使用。ただし今回のモデルチェンジに際し、(トヨタ「ヤリス」同様に)マツダ3という、世界標準の呼称を日本でも使用することに決定した、とアナウンスされています。なお、マツダによると新型「マツダ3」は新世代商品の第一弾だとされ、”日常が鮮やかに輝くパーソナルカー”というコンセプトを掲げています。※ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかEVが一般化する日は来ない?米ではあとをたたないEVスペースに駐車するガソリン車に罰金、VWは「一台売って38万の赤字」

| なぜエレクトリック化は「予想した通りに」進まないのか | 現在、世界中の自動車メーカーが進める「エレクトリック化」。特に熱心なのはフォルクスワーゲングループですが、BMWやメルセデス・ベンツもそれに続く形です。一方、消費者ではEVに関心があるという割合は高くなく、メーカー側がEVを発売しても思ったほど売れずに「笛ふけど踊らず」な状態。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン「AM-RB003の購入希望は予想以上だ。おかげで誰に販売し、誰に販売しないかを決めねばならなくなった」

| ハイパーカーを購入するのも楽じゃない | アストンマーティンがそのハイパーカー「AM-RB003」の引き合いが想像を超えた規模となっているため、「顧客を選ばねばならない」とコメント。AM-RB003は「AM-RB001」つまりヴァルキリー、そしてヴァルキリーAMRに次ぐ第三のハイパーカー。RBと名のつくことで分かる通り、レッドブルと共同開発され、出力は1000馬力、0−100キロ加速は2.5秒、最高速度は354km/hと言われます。 これがアストンマーティンの新型ハイパーカー!「AM-RB 003」は ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

まさかの+94馬力!ホンダ・シビック・タイプRがホンダ自身によって「オンロード」「オフロード」向けにカスタムされる(ただしワンオフ)

| 限定販売したら相当に人気が出そうだ(とくにオフロード) | ホンダUKが年例行事「SMMT テスト・デイ」へ2台のホンダ・シビック・タイプRを持ち込み。これらはそれぞれ「ワンオフ」となり、一台は+94馬力を誇るロードバージョン、もう一台はラリーレイドにインスピレーションを得た、10センチのリフトアップやオーバーフェンダー装着等の手が入ったオフロード仕様(両方とも合法に公道を走行できる)。

ReadMore

>アウディ(Audi)

さよならアウディTT。アウディCEOが正式に「TT終了」を発表し、その後継は「まったく別の」エレクトリックカーとなることを発表

| TTはアウディのイメージを大きく変えた、歴史に残るクルマだった | アウディCEO、ブラム・ショット氏がアウディ年例ミーティングにて正式に「次期TTはない」とコメント。かわりに「新型エレクトリックカーがTTのポジションに位置することになる」と発表しています。※ただしTT後継という意味合いはないこの「TTと入れ替わるエレクトリックカー」についての情報は少なく、しかしブラム・ショットCEOは「その価格はTTと同程度になる」とも述べていて、つまり500万円~900万円あたりになる、と言えそうです。

ReadMore

>アウディ(Audi)

ドイツの内装スペシャリスト、ニードファクターの新作「アウディR8」。総額200万円の内装カスタムはこうなっている

ニードファクターは純正ライクに、シンプルかつ高品質な仕上げが特徴 ドイツの内装専門チューナー、ニードファクター(Neidfaktor)がアウディR8 V10のインテリアをカスタム。ニードファクターはインテリアのカスタムにあたりテーマを持たせ、文字通り「全部分解してから」再度テーマに沿った素材を選んで加工し組み立てるという手法を採用していますが、今回のR8についてもやはり”フルカスタム”となっています。なお、ニードファクターによれば、同様レベルのカスタムであれば、190-220万円程度の費用が必要、とのこと ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

日本と欧州の自動車メーカーの戦略における決定的な相違、「バリエーション展開の戦略」についての考察

| 欧米は選定必勝の攻撃型、日本は状況対応の臨機応変型 | 日本の自動車メーカーと欧州の自動車メーカーとでは考え方に大きな差があると感じることがありますが、今日はその「モデルラインアップに関する戦略」について考えてみたいと思います。大きいところから話をすると、欧州の気動車メーカーは、「一気にそのモデルのバリエーションを展開」し、日本の自動車メーカーは「ボチボチ展開してゆく」傾向が強い、と考えているわけですね(あくまでも傾向の話であり、ひとまとめには出来ない)。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スウェーデンの自動車メーカー >日産/インフィニティ(Infinity)

トヨタ、日産、ボルボにリコール。日産は9万台、ボルボは該当期間に輸入した台数のほとんど(2万台)が該当する大規模なものに

| 一方トヨタは405台がリコール対象 | 今回は比較的リコールの届け出が珍しい、トヨタ、日産そしてボルボが国土交通省へとリコールを登録。トヨタは「ヘッドライト」、日産は「ブレーキ」、ボルボは「冷却水系」とエンジンコントロール」。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

「女王陛下の007」公開50周年記念!アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの最新限定モデルが50台のみ販売開始

| 正式名称はOn Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera | アストンマーティンがDBSスーパレッジェーラに、「新たなる限定モデル」を追加。 これは1967年に公開された007映画「女王陛下の007(On Her Majesty’s Secret Service)」50周年を記念した特別仕様を持ち、その名もズバリ「On Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera(長い・・・)」。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】メルセデスCEOが今日で退任。BMWが「これでようやくBMWに乗れるようになったな」とCEOに向けたパロディ動画を公開

| BMWとメルセデス・ベンツは昔からこういったやりとりが多い | ダイムラー(メルセデス・ベンツ)CEO、ディーター・ツェッチェ氏が5月(今日)でその職を退いていますが、今回BMWが同氏に宛てたユーモア溢れる動画を公開。ライバル会社がそのCEOの退任にあたって動画を作成するということは非常に珍しく、「よくこの内容を公開したな」と思わせる部分も。なお、撮影にあたってはメルセデス・ベンツの協力や許可なしにはできないだろうと思わせる部分もあり、これは「メルセデス・ベンツ合意」の動画なのかもしれませんね。

ReadMore

アヴェンタドール

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニはさらなる限定アヴェンタドールを用意?「アヴェンタドールは我々の送り出す最後の”純粋な”V12モデルだ。ファイナルモデルなしにハイブリッド化は行わない」

まだまだアヴェンタドール後継モデルについては謎が多い ランボルギーニ・アヴェンタドールはすでに登場から8年が経過し、そろそろ次期モデルの声が聞こえてきそうなものですが、現在のところニューモデルのウワサ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニ「V12自然吸気エンジンを今後の環境規制に適応させることは可能だ。だが、そのためのパワーダウンはあまりに大きい」。これからは「パワーを維持」することも困難な時代に

失ったパワーを取り返すためにもハイブリッド化は必須 lamborghini aventador V12エンジンは高級車やハイパフォーマンスカーにとって「一つの象徴」ではありますが、現在そのV12エンジ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスター発表!独自の内外装アクセントが与えられ800台限定、国内価格は6171万円

外装にはホワイトのラインが追加されてエレガントに ランボルギーニがアヴェンタドールのハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」にオープンモデルをを追加。ランボルギーニは伝統的に、V12モデルのオープン ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】まさにステルス戦闘機!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJと戦闘機がコラボした格好良い公式プロモビデオが公開に

やはり「ミリタリー」はランボルギーニのDNAのひとつだった ランボルギーニが「ニュルブルクリンク市販車最速」を誇るニューモデル、アヴェンタドールSVJのプロモーション動画を公開。動画ではイタリア空軍の ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台 ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中) ...

>ポルシェ911関連 >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■近況について ■ニュース

【大阪オートメッセ】VIPからレーシングカーまで!ポルシェ、アウディ、ランボルギーニなど欧州車のカスタムを見てみよう

一番気になったのは戦闘機風のアウディR8 さて、大阪オートメッセ2019編、今回は「輸入車」。オートメッセの中でインポートカーは少数派ではあるものの、それでもあまり見る機会のないスーパーカー、そして過 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニはなぜ「LPナントカ」という名称を使用しなくなったのか?→「ややこしかったから」。

たしかにここまで増えてくると覚えるのが困難に Motor Trendが「なぜランボルギーニはそのネーミングに”LP”を用いなくなったのか」という記事を掲載。なお、ランボルギーニが用いている「LP」とは ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まるでステルス戦闘機!今度はマットグレーのランボルギーニ・アヴェンタドールSVJが降臨する

ランボルギーニのデザインとマットグレーとはよく似合う 現在世界各地にて続々配備されているランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ニュルブルクリンクの市販車最速タイムホルダーでもあり、900台限定となる ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのレビューが登場し始めたぞ。日本にもそろそろ上陸?

思ったよりもカーボンだらけだった さて、昨年8月に衝撃の発表となったランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。SVJ」とは「スーパー・ヴェローチェ・イオタ」を表し、「スーパーヴェローチェ」はイタリア語で ...

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクのラップタイム2019年最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮 ニュルブルクリンクのラップタイム、2019年最新版。このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつて、ついに「ベス ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールは2011年の登場以降、これだけの限定モデル/バリエーションをリリースした!どういったものがあるのかを見てみよう

一年に1台以上のペースで限定モデルやバリエーションが増加していた さて、「ランボルギーニ・アヴェンタドール登場の2011年から2019年まで」という動画公開に。動画では限定モデル含むアヴェンタドールそ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ハイブリッド搭載、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?アーティストの考えた「ランボルギーニ・ヴェガ」

「ヴェガ」は”こと座”でもっとも明るい恒星の名 CGデザイナー、グリゴリー・ブーティン氏が「ランボルギーニ・ヴェガ」のレンダリングを公開。これはアヴェンタドールの後継モデルとして「V12エンジン+ハイ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】世界一爆音なランボルギーニ誕生!アヴェンタドールに140万円のマフラーを入れてみた

エキパイも総入れ替え。交換工賃がちょっと心配 ユーチューバー、Stradman氏がランボルギーニ・アヴェンタドールに超爆音マフラーを装着し、ドカンと火を吹いてみせる動画を公開。動画タイトルには「自分の ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継は2020年発表?もちろんPHEV化、EVモードでは最大50km走行可能か

自然吸気V12継続、フロントをモーターで駆動する4WD 英国Autocarによると、2020年にはアヴェンタドールの後継モデルが登場する、とのこと。ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデル(ランボル ...

>マクラーレン(McLaren)

まさか実際に乗っている人がいたとは!マクラーレン720S×マンソリー”ファースト・エディション”

あまりに過激なマンソリーによるマクラーレン720Sのコンプリートカー 過激なエアロパーツで知られるマンソリーですが、そのマンソリーがカスタムしたマクラーレン720Sが目撃に。捕捉されたのはロンドンだそ ...

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

超レアモデル、ケン・オクヤマ「Kode 0」「Kode 57」が中古市場に登場。Kode 0は1億5000万円

Kode 0はランボルギーニ・アヴェンタドール、Kode 57 Enjiはフェラーリ599ベース ピニンファリーナ在籍時に「エンツォフェラーリ」をデザインしたことで知られるケン・オクヤマ氏。現在は「ケ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

マイアミにてランボルギーニとロールスロイス付きのマンション登場。「いくら?」「42億円」「え?」「42億円だ」

| マイアミでは「42億円」のマンションは普通 | マイアミの不動産業者が「ランボルギーニ・アヴェンタドールとロールスロイス・カリナンとがついてくる」高級マンションを販売中。 もっと正確に言うならば「 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.