>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

世界に一台!ホンダが公式にカスタムしたシビック・タイプR「ピックアップトラック」が公衆の面前に登場

| ホンダUKはなぜかシビック・タイプRのピックアップトラックを実際に作ったことがある | ホンダは以前に、現行(FK8)シビック・タイプRのリアセクションをカットしてピックアップトラックを製作したことがありますが、なんとその実車が一般人によって目撃されています。このシビック・タイプRはピックアップトラック化されるにあたって2シーター/2ドアへ。さらにロールバーにLEDライトバーが装着され、ヘビーデューティーな雰囲気を持つ半面、特徴的なリアウイングも残されるというユニークな外観を持っています。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を破り、王者に返り咲いたと発表しています。なお、「ルノー・メガーヌR.S.」「シビック・タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の3車は、長らくニュルブルクリンクFF最速の座をかけ、抜きつ抜かれつを繰り返してきましたが、新型(FK8)シビック・タイプRが7:43.8を記録し王座奪還したのちはライバルたちも ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

なぜか「ETCマイレージサービス」から登録取り消しのお知らせが届いた!ETCカードを更新したら忘れずに登録情報も更新しよう!

| 730日間もポイントをロスしてしまっていた | さて、ETCマイレージサービスから封書が届き、開封してみると「登録取り消し予定のお知らせ」。まずETCマイレージサービスとはなんぞやということですが、これは「支払ったETC通行料にあわせてポイントが貯まり、そのポイントを通行料の支払いに充てたりできるもの」。よって、まだETCマイレージサービスの登録をしていない人は登録を強くオススメします。

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について

誰か一緒に行かん?ポルシェ・エクスペリエンスセンター上海にて、いざ思いっきり走ろうぞ

| 大阪からだと飛行機で2時間以内 | ポルシェ・エクスペリエンス・センター上海を訪問しようと考えています。「ポルシェ・エクスペリエンス・センター」とは、サーキットやスキッドパッド、オフロードコースを併設したポルシェの施設で、そこでポルシェを借り、インストラクターの指導のもと、思いっきりぶっ飛ばせるという夢のような大人のテーマパーク(のようなもの)。 そのほかクラブラウンジ、ブランドラボ、ポルシェ・ドライバーズ・セレクション(グッズ販売)、レーシングシミュレーターなどもあるようです。 そのほかレストランや ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型スープラはカタログ値340馬力のところ、実際は400馬力くらい出ていた!「逆トヨタ馬力」を持つトヨタ車がついに登場

| パワーチェックにて345PSを記録。これはエンジン単体だと400馬力前後に相当 | 現在新型トヨタ・スープラは各メディアによって絶賛テスト中ですが、 Car And Driver 誌が新型スープラのパワーチェックを敢行。これによると、カタログ値335HP(340PS)のところ、シャシーダイナモ上では339HP(345PS)を記録。なんだカタログ値よりもちょっと上なだけじゃない、ということにもなりそうですが、実はこの数値をマークしたのは「かなりすごい」こと。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ハイブリッド・フェラーリは「3モーター、4WD、0-100km/加速は2秒、V8エンジン」との報道。なお廉価版としてV6エンジン搭載車も追加

| V6+ハイブリッドモデルは事実上のF8トリブート後継車に? | だんだん近づいてきた、新型フェラーリ発表の「Xデー(5月31日)」。今のところわかっているのは「ミドシップ」「ハイブリッド」「986馬力」ということくらい。逆にわからないのはエンジンや駆動方式、ハイブリッドシステムの内容、そしてその価格といったところです。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか | ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。ちなみに次期 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン「次期ゴルフGTIは最高にクールなクルマになる。骨の髄までGTIだ」。シビック・タイプRからニュル王座を奪還できる?

| 新型フォルクスワーゲン・ゴルフは「ゴルフ7」なみの衝撃を与えることができるか? | 「新型ゴルフGTIはとんでもなくクールなクルマだ」。これはフォルクスワーゲンの北米法人の重役、スコット・コー氏が現地メディア、Automobile Magazineに語ったもの。加えて同氏は「我々は間もなくゴルフ8を発表するが、そいつは骨の髄までGTIだ。とんでもなくクールなクルマになる」と述べています。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI)

BMW M3/M4、ミニJCWクロスオーバーにリコール。M3/M4は最悪の場合走行不能、クロスオーバーはポジションランプ点灯せず

| どちらもこれによる事故はゼロ、ドイツ本国からの情報で問題が発覚 |l BMWがM3/M4、そしてミニ・クロスオーバーにリコールを届け出。それぞれ内容は異なっていて、M3はプロペラシャフトの問題、ミニ・クロスオーバーはヘッドライトの問題となっています。それぞれパーツの交換やプログラム書き換えにて症状が改善するそうですが、BMW M3/M3の場合は「最悪の場合、走行不能に」とあり、ちょっと深刻そうな内容ではあります。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

| スペックや価格は不明ながらも、すでに25,000人が予約済み | ホンダ初のEV、「ホンダe(Honda e)」の先行予約がイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーにて開始。予約はオンラインのみでの受付となり、すでに開設された「ホンダe」のコンテンツから入り、ボディカラーを選んだ後に「予約を確定」する流れとなっています(英国だと800ポンドの保証金を支払う必要がある)。なお、日本のホンダ公式サイトではまったくホンダ eに触れられておらず、これはまったくの「謎」現象。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

世界の超高級車市場が拡大。もっとも人気なのはベントレー、成長率だとやはり中国

Forbsによると、超高級車の販売が世界的に増加している、とのこと。 「超高級車」の定義は不明ですが、調査会社の統計では2016年における超高級車の販売台数は前年比+15.9%、過去最も多い28,50 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連

ユーチューバーがウラカン・ペルフォルマンテのアクティブエアロをわかりやすく解説してみた

ユーチューバー、Engineering Explainedがランボルギーニ・ウラカンに採用されるアクティブエアロシステム「ALA=Lamborghini Active Aerodynamics」の動作 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

4月の国内輸入車販売。フェラーリがランボルギーニを抑え、ポルシェはなぜか前年比半減という異常事態

さて、先月の日本国内の登録において「ランボルギーニがフェラーリを抜いた」とお伝えしましたが、4月の登録ではフェラーリが逆転した模様。 数字的にはフェラーリ70台、ランボルギーニ40台となっており大きく ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

自動車ディーラーにて車を試乗する際に気をつけること7選。その作法など

先日は自動車ディーラーを訪問する際にぼくが気をつけていることについて記載しましたが、今回は試乗編。 試乗する際に気をつけていることについてここでいくつか述べてみたいと思います。 関連投稿 自動車ディー ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他ポルシェ関連/ニュース ■服や小物、時計、雑貨など

「セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル」発売。お値段30万円

セイコーが「セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル(SEIKO ASTRON 2017LIMITED EDITION DESIGNED BY GIUGIARO DESIGN」 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ホワイト内外装+金メッキのランボルギーニ・カウンタックが競売に。予想では7000万円

2台しか製造されなかった、特殊なランボルギーニ・カウンタックのうち一台がオークションに登場予定。 これはランボルギーニの工場にて内装に「金メッキ」が施された個体で、1987年の製造となっています。 ボ ...

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカーはなぜ燃える?その理由を考えてみよう

なんだかんだで結構多い、スーパーカーの炎上。 特にフェラーリやランボルギーニは「燃える」車の常連ですが、他にもポルシェやジャガーといった車が燃えることも。 そこで、なぜ燃えるのか(可能であれば対策も) ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

ランボルギーニが「世界最大」「ウルス対応」ドバイのディーラーをグランドオープン

ランボルギーニが最新、かつ世界で最大となるランボルギーニのショールーム、「ランボルギーニ・ドバイ」をオープン。 中東では12番目となるそうですが、全部で1,800平方メートルの面積を持つ巨大な建物。 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ジャパンが低金利&残価引き上げキャンペーン続行。中古の残価率大幅UP

ランボルギーニが「月々148000円からウラカン・ペルフォルマンテが買える(36回払い)」というキャンペーンを実施。 これは低金利キャンペーンとなりますが、4月から開始されているもの。 現在ランボルギ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連

中国でもウラカン・ペルフォルマンテ公開。ウルスが発売されると中国はランボルギーニにとって「世界No.1」市場に?

上海においてもランボルギーニは「ウラカン・ペルフォルマンテ」を公開。 中国はランボルギーニにとっても米国、日本に次ぐ規模の大きな市場ですが、「排気量」に起因して税金が高くなり、価格も高くなってしまう( ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他ポルシェ関連/ニュース ■映画や音楽、本について

ランボルギーニ関連書籍を二冊購入。なおポルシェ関連書籍だとこれがオススメ

ランボルギーニ関連の書籍を二冊購入。 ぼくはさほどこういった(車関係の)本を購入することはないのですが、やはりランボルギーニに乗るからには関連書籍を読んでおいた方が良いだろう、と考えたわけですね。 一 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マクラーレン(McLaren)

ランボルギーニ・ミュージアムにて「アイルトン・セナ展」開催。セナとランボルギーニとの意外な接点

ランボルギーニ・ミュージアムにて、4/12-10/9の間、アイルトン・セナの写真展「Ayrton Senna. The last night」が開催される、とのこと。 ランボルギーとセナというと一見接 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンがイタリアにて「2台目」のパトカーに。ほかランボルギーニのパトカーを紹介

ランボルギーニはガヤルド時代から車両をイタリア警察に提供しており、ウラカンに代が変わってからもパトカーとして車両を供与。 今回はその一台(そちらはローマ警察用)に加えて「もう一台の」ウラカンを、ランボ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニがさらにカーボン関連動画を公開。カーボンファイバーの可能性について語る

ランボルギーニが、さらにカーボン技術に関する動画を公開。 今回は特許を持つフォージドコンポジットのほか、通常のカーボンシートについても触れ、カーボンファイバーそのものの可能性について言及。 動画の中で ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ヘビー級王者、J.フォアマンがカーコレクションを披露。一番のお気に入りは最初に手に入れたビートル

ボクシングのヘビー級王者、ジョージ・フォアマンがその驚くべきコレクションを公開しています。 その台数50台以上ですが、フェラーリ、ランボルギーニはもちろんクラシックカーも多数。 そのなかでも彼の一番の ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >オランダの自動車メーカー >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >その他ポルシェ関連/ニュース ■バイク(自転車/自動二輪)

ブガッティが440万円の自転車を発売。ほかにどんな自動車ブランドの自転車がある?

ブガッティが自転車を発売。 形状は意外と普通でドロップハンドルでもなく、いわゆるクロスバイクのような形状ですね。 95%がカーボンでできているとのことですが、重量なんと5キロ。 そしてもっと驚くのはそ ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

日本国内の2016年度輸入車登録ランキングが公開に。ロールスロイスは驚愕の前年比150%へ成長

日本自動車輸入組合が2016年度(2016年4月~2017年3月)の輸入車登録実績(ランキング)を発表。 これを見る特殊な例を除き、おおよそ「前年とあまり変わらない」売上を記録しているんだなあ、という ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニが新動画「フォージド・カーボン」公開。軽く、成形しやすい新素材

ランボルギーニが特許を持つそのカーボン技術、「フォージド・コンポジット」に関する動画を公開。 以前にも公開されていたものに発表されたばかりのウラカン・ペルフォルマンテを編集にて組み入れたもののようです ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.