>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

天皇陛下即位パレード用の「トヨタ・センチュリー」公開!天皇家の人々はそもそもどんなクルマに乗ってるの?

| トヨタ・センチュリーはいい選択。なおカスタム費用含めて8000万円とのウワサ | 首相官邸(皇位継承式典事務局)が「祝賀御列の儀における天皇皇后両陛下のお車について」というプレスリリースを発行し、パレードにて使用するクルマを「トヨタ・センチュリー」に決定し、月内に納車される予定である、と公表。なお、車両やボディ形式については式典委員会が決定したといい、さまざまな議論があったのかもしれません(特にオープンカーとすることについては、安全性が問われたとは思う)。 今回公開された画像については「式典バージョン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに比べると簡素なものに止まり、オプションの詳細がまだ決定していないのかもしれません。ただ、ボディカラーやインテリアカラーなど「おおよそ」のところは選択でき、ここで「どんな仕様が選べるのか」を見てみましょう。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/151131」にて開示されているもので、タイトルそのものは「車両の衝撃吸収構造」となっています。ちなみに同時期に出願され、かつ開示となっているものの中には「低温プラズマの生成方法及び圧縮着火式エンジン」「自動変速機(特開2019-143708/143707/143706)」「電動過給器付きエンジン(特開2019-13 ...

ReadMore

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って代わるもの。現在参加を表明しているのはアストンマーティン、トヨタ、そして今回車両を公開したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。その他にもドイツのレーシングチーム、ByKollesも参戦を表明しているものの、こちらは規定をクリアできずに実際の参加は難しいかも。 そのほか、ケーニグセグ、ランボルギーニが参 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

とにかく長い!新型メルセデス・マイバッハSクラスの試作車が目撃に。ボディ表面はフラッシュサーフェスに

| インテリアはおそらくテスラ風の「フルデジタル&タッチパネル」に | メルセデス・マイバッハSクラスと思われるプロトタイプが目撃に。現在マイバッハはメルセデス・ベンツのひとつのブランドに格納されており、Sクラスのバリエーションのひとつとして展開されています。これはSクラスが新型になったとしても変わらないと思われ、よって時期マイバッハもSクラスと多くを共有することになりそうですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニング不良」。対象となるのは「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種で、製作期間は平成25年12月20日~平成30年7月18日。車種こそは少ないものの、人気車種だけにトータルの台数がかなり多くなっています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

凄いの出た!未登録、「新車」のホンダS2000が競売に。しかも後期型AP2の最終モデル、開始価格は1000万円以上

| おそらく、これ以上のコンディションを持つS2000は二度と出てこない | 米ebayに走行わずか153km、つまり「ほぼ新車」のホンダS2000が登場。さらに驚くのは「このクルマは一度も登録されたことはなく」、書類の上でも新車であること。さらにモデルイヤーは2009で、後期型S2000(AP2)の最後の最後ということになりますね。開始価格は98,888ドル、つまり1000万円オーバーという値付けになりますが、コレクターにとっては何としても手に入れておきたい一台かもしれません。

ReadMore

グンペルト

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) ■ニュース

【動画】アポロIE、マクラーレンF1、MC12、911GT1、CLK-GTRほか超レアカーが集結!総額数十億円のスーパーカーがサーキットを走る

ここまで豪華な顔ぶれが揃ったのは見たことがない バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された、「スーパーカークラブ・アラビア」のイベントを収めた動画が公開に。さすがアラブ中のスーパーカーオー ...

>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■ニュース

【動画】アポロI.E.のマフラーエンドは765万円!ブロンド美女ユーチューバー、リチャード・ハモンドらが試乗レビュー

| アポロ・インテンサ・エモツィオーネは何もかもがケタ違い | | アポロ・インテンサ・エモツィオーネは10台限定、価格は3億円以上 | スーパーカー系美人ユーチューバー、「スーパーカー・ブロンディ( ...

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >中東の自動車メーカー >その他ドイツ車 >その他イギリス車

【動画】古今東西、もっとも0-100キロ加速に優れるFRのトップ10。1位はアトムの2.3秒

| やはり「軽さは速さ」? | 「後輪駆動のクルマで加速に優れるトップ10」という動画が公開に。 昨年公開されたものなので最新モデルが含まれていないというところもありますが、フェラーリ488ピスタ(4 ...

>その他ドイツ車

2009年に「ニュル最速」を記録した個体そのもの。グンペルト・アポロが中古市場に

| グンペルト・アポロの構造はこうなっていた | 「グンペルト・アポロ」が中古市場に登場。 グンペルトという会社についてちょっとややこしい背景を持っているので説明しておくと、もともとアウディスポーツの ...

>フェラーリ(Ferrari) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

【動画】エンジンはフェラーリ製、しかもチューン済み。超エクストリームなアポロIEが走行

| 実際に走行可能な個体が難題か存在? | アポロ・インテンサ・エモツォーネが走行する様子を収めた動画が公開に。 以前は香港の路上を思いっきり加速する動画が公開されていましたが、今回は欧州にて開催され ...

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

グンペルト創業者が復活。73歳にして0-100キロ加速2.5秒、最高速度300km/hのスーパーEV発表

| グンペルトが再始動 | グンペルトがエレクトリック・スーパーカーを公開。 「グンペルト」と聞くと「え?倒産して香港企業に買い取られたんじゃないの?」と思う人もいるかもしれず(ぼくもそう思ってた)、 ...

>マクラーレン(McLaren) >マツダ(MAZDA) ■映画や音楽、本について

マクラーレン・セナについて論争勃発。「もっとも醜いマクラーレン」「セナの名にふさわしくない」

一部では「セナの名に相応しい美しさを持っていない」とも マクラーレン・セナが「醜い」、そして「そのルックスがセナの名に値しない」と一部で論争に。 マクラーレン・セナは「機能最優先」でデザインが決定され ...

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >その他ドイツ車

アポロが新型車「IE」のティーザー画像公開。「アポロN」「アロー」はどこ行ったん?

暗くて見えない! アポロがその新型車「IE」のティーザー画像を突如公開。 「アポロ」は以前にドイツで設立され「グンペルト」として活動していた会社が2013年に倒産し、香港の投資グループに買収されたもの ...

>その他アメリカ車 >その他イタリア車 >その他ドイツ車 >その他の国の車

アポロの新型車「アロー」はグリッケンハウスがベースに?よくわからないコラボのウワサ

アポロ・アローはジェームズ・グリッゲンハウスのハイパーカーがベースになるのでは?という情報。 ただこう書いても何のことかわからないと思われるので、ここでちょっとおさらい。 アポロはかつての「グンペルト ...

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >その他ドイツ車

【まとめ】スーパーカー、改造車、珍車・・・。モナコで目撃された車たち(2)

これで公道走行OKとは驚き。アポロ・アローがモナコにて輸送中 いったんは経営破綻したグンペルトから経営権を引き継ぎ、新しく生まれ変わったアポロ車。 そのアポロはジュネーブにて「アロー」を発表しています ...

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >その他ドイツ車

グンペルトが「アポロN」を公開。重量わずか1200キロ、700馬力のモンスター

2016/3/3    ,

グンペルトが「アロー」に続いて今までの「グンペルト」を進化させた「アポロN」を公開。 基本的には先代を踏襲したデザインですが、全体的にちょっとクリーンになり、しかし巨大なリアウイングが装着されるなど現 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.