■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore

ケン・オクヤマ

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

超レアモデル、ケン・オクヤマ「Kode 0」「Kode 57」が中古市場に登場。Kode 0は1億5000万円

Kode 0はランボルギーニ・アヴェンタドール、Kode 57 Enjiはフェラーリ599ベース ピニンファリーナ在籍時に「エンツォフェラーリ」をデザインしたことで知られるケン・オクヤマ氏。現在は「ケ ...

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニの限定車関連 >その他日本車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】やはり日本はスーパーカー天国だ!フェラーリ、ランボルギーニ、そしてKode 0/57まで納まるガレージ

| 日本はやっぱりスーパーカー天国 | いつもスーパーカー系のネタをお届けしてくれるユーチューバー、effspot氏ですが、今回は日本からまたまた驚愕のガレージをレポート。 おそらくはフェラーリ・レー ...

>フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati)

こんなコンセプトカーもあった。ケン・オクヤマ氏デザイン、「マセラティ・バードケージ 75th(2005)」

| フェラーリ・モデューロの発表から35年 | 先日は「フェラーリPF 512S モデューロ」を紹介しましたが、今回はそのモデューロに影響を受けたとされるコンセプトカー、マセラティ「バードケージ 75 ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナが「超高級EVブランド」設立と正式発表。コレクター向けに少量生産を行う見込み

| ピニンファリーナは超高級EVメーカーへ転身 | ピニンファリーナとその親会社であるマヒンドラが「アウトモビリ・ピニンファリーナ(Automobili Pininfarina)」を設立し、EV専門の ...

>フェラーリ(Ferrari)

こんなコンセプトカーもあった。宇宙船がモチーフ、大阪万博にも展示された「フェラーリPF 512S モデューロ」

| フェラーリは1970年にこんな未来的な車を作っていた | 以前に「ストラトスHFゼロ」を紹介しましたが、ストラトスHFゼロと当時双璧をなしたコンセプトカー、「フェラーリ・モデューロ(Ferrari ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >その他日本車

ケン・オクヤマ(奥山清行)氏とKode 0がジェイ・レノ・ガレージに。実際に走行する姿も披露

ジェイ・レノ・ガレージに世界に一台しかない、ケン・オクヤマデザインの車が登場 ジェイ・レノ・ガレージにケン・オクヤマ氏のデザインしたスーパーカー、「Kode 0(コード・ゼロ)」が登場。 これは特定の ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >その他日本車

奥山清行氏最新モデル「kode 0」公式公開。「ストラトス・ゼロ、フェラーリ・モデューロを現代に」

先日より画像がちょっとづつ出ていた、ケン・オクヤマ(奥山 清行:おくやま きよゆき)氏の最新作、「Kode0(コード・ゼロ)」が公式公開され、同時にスペシャルサイトもオープン。 予想通りランボルギーニ ...

>フェラーリ(Ferrari) >その他日本車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

これがケン・オクヤマ氏最新作「Kode0」。今までとは異なり直線と平面で構成されたシャープなデザイン

数日前にその情報が出てきたケン・オクヤマ氏の最新作「Kode0」。 現在はケン・オクヤマ・デザインのホームページにも「8/19開催のモントレー「コンコルソ・イタリアーノ」で新型車Kode 0(Zero ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari)

ケン・オクヤマ氏が新型車公開準備。V12ミドシップ、カーボンモノコック→ランボルギーニがベース?

エンツォ・フェラーリのデザイナーとして有名なケン・オクヤマ(奥山清行)氏が8月18日にモンタレーにて新プロジェクトを公開する模様。 今回の車両は「Kode 0」と呼ばれており、前回の「Kode 57」 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari)

日本でもケン・オクヤマ氏の「Kode57 Enji」公開。なお次のプロジェクトはランボルギーニがベース

ケン・オクヤマ氏が8月にカリフォルニアで開催されたコンコルソ・イタリアーノで発表した新型車「Kode57」を日本でも公開。 限定生産とされ、ボクサーのフロイド・メイウェザーも購入したと言われます。 な ...

>フェラーリ(Ferrari) >その他日本車

ケン・オクヤマ氏がイキナリ新型車発表。611馬力の「Kode57」

エンツォ・フェラーリのデザインで有名なケン・オクヤマ氏が突然新型車を発表。 「Kode57 Enji」と名付けられた車両で6リッターV12エンジンを持ち、611馬力を発生。 トランスミッションはセミA ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・デザインのトラクター発表。時代はデザイナーズ・トラクターか

ヤンマーがケン・オクヤマ氏デザインのトラクターを発表ていますが、今回はチェコのZETORよりピニンファリーナ・デザインのトラクター。 ピニンファリーナはインドのマヒンドラ&マヒンドラに買収されることが ...

■服や小物、時計、雑貨など

ブルガリ・オクト×ケン・オクヤマ登場。日本限定にて限定販売

かなり本気で欲しいブルガリの腕時計、「オクト」。 そのオクトにケン・オクヤマ氏がデザインした限定モデルが登場。

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.