>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

まさに歴史的快挙。中国製イヴォークのパクリ車に対しランドローバーが勝訴。そして「海外の自動車メーカーが対中コピー訴訟で勝ったのはこれが最初」だという事実

「やられっぱなし」の状況がこれで少しは変化する? レンジローバー・イヴォークは中国において大変なヒットとなり、そのために中国の自動車メーカーが異ヴォークをすぐさまコピーして「Landwind X7」として発売したのは記憶にあたらしいところです。そしてジャガー・ランドローバーは当然これに対して法的措置を取り、しかしなんと中国の地方裁判所はジャガー・ランドローバーの主張を認めないという判断を下し、つまり「イヴォークのコピー車は合法」になってしまった、という後日談のおまけつき。 中国でイヴォークのコピー車「X7 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ちょっと待って!ポルシェ「カーボンブレーキはホイールを汚したくない人が選ぶオプションだ。サーキットでは鋳鉄ディスクを推奨する」

しかも「カーボンディスクはサーキットを走ると劣化する」とも。PCCBの立場はどうなるの? ポルシェがカーボンセラミックディスクブレーキについて衝撃の発言。これはポルシェのオーストラリア法人にて技術担当を務めるポール・ワトソン氏が、カーメディア「WhichCar」に対して語ったもので、「カーボンセラミックディスクブレーキの寿命が長いというのは間違いだ。サーキットを走るとすぐに劣化する。カーボンセラミックブレーキは、ホイールがダストで汚れるのを嫌う人々が選択すべきオプションだ」という内容。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。

ReadMore

シエラ

>スズキ(SUZUKI)

新型スズキ・ジムニー開発担当者に聞く!「ヒットの理由は?」「派生車種は?」「モデルチェンジは?」

シンプルに機能を追求した姿は今の時代に格好良く映った 東洋経済にて、スズキ・ジムニー開発責任者である米澤宏之氏へのインタビューが掲載に。スズキ・ジムニーは予想外のヒットとなっており、現時点でも供給が追 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スズキ(SUZUKI)

もう見分けがつかない!リバティーウォークがジムニーをメルセデス・ベンツGクラス風にカスタムした車両を本家Gクラスと並べてみた

カスタムが予告されていた「G mini」がついに完成、Gクラスとともに公開 リバティーウォークは、以前に「スズキ・ジムニーシエラ」をベースにしたメルセデス・ベンツGクラス風のエアロキット”G mini ...

>スズキ(SUZUKI)

いずれどこかのチューナーが実際にカスタムしそう。スズキ・ジムニーシエラを6輪化したCGが登場

意外と需要はあるはず 続々カスタムが発表されるスズキ・ジムニーですが、今回はSRKデザインより、「ジムニー 6 x 6 オフロード」のレンダリングが登場。文字通りスズキ・ジムニーを6輪化したカスタムで ...

>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

VIP系チューナー、WALDもジムニーのカスタムに参入!もはやジムニーはニッチではなくメインストリームに躍り出た

この勢いを見るに「まだまだ」ジムニーのカスタムは増えることになりそうだ 大阪を拠点に活動するチューニングメーカー、「WALD(ヴァルド)」がスズキ・ジムニーシエラのコンプリートカー「ヴァルド・スポーツ ...

>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

スズキが東京オートサロンにジムニー/ジムニーシエラのカスタムカーを展示!本家のカスタムはこうなっている

やはりスズキが他社のカスタムに負けるわけにはゆかない スズキが東京オートサロン2019(2019年1月11日~13日)の出展概要を発表。やはり新型ジムニーが中心となりますが、「本家本元」のカスタムカー ...

>スズキ(SUZUKI)

スズキ・ジムニーのカスタム続々。今回はH&Rが「ローダウン&アーバンカモ」仕様のジムニーシエラを公開

ウインカーもブラックアウトし「モノトーン調」へ さて、世界的な盛り上がりを見せるスズキ・ジムニー。日本では2年待ちとも言われ、欧州においても(日本以外ではジムニー”シエラ”のみの展開)やはり納車までに ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >スズキ(SUZUKI)

スズキ・ジムニーのカスタム戦線に異常あり!欧州の富裕層向けチューナー「カーン」が参戦を表明

| まさかのカーン・デザインがスズキ・ジムニーをカスタム | なんとあの「カーン・デザイン」がスズキ・ジムニーのカスタムに参戦。 その内容は「スズキ・ジムニー(日本だとジムニーシエラ)をメルセデス・ベ ...

>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

新型ジムニー用カスタムパーツがドイツから!ブッシュガード、サイドステップを数種ラインアップ

| ドイツにはブッシュガード専門メーカーが存在した | ドイツのアフターパーツメーカー、「コブラ(Cobra)」がエッセン・モーターショーに出展する、新型スズキ・ジムニー(日本だとジムニー・シエラ)用 ...

>スズキ(SUZUKI)

英国向けジムニー出荷台数は日本の「倍」?なぜ日本の中古市場ではジムニーの価格が上がらない?その謎に迫る

| 英国でもジムニーは大人気。日本以上の納車待ちも | スズキ・ジムニーは現在4,500台の受注をイギリスで集めており、長い納車待ちが発生している、との報道。※ここでのジムニーは「普通車枠のジムニー・ ...

>フォード(FORD)

80年代変態カーの相場下落?生産10台のみ、希少なフォード・シエラRS500"ウルフ"の予想落札価格が低水準

| 80年代の変態カーがまたまたオークションに登場 | 「特別な」1986年製フォード・シエラ・コスワースRS500がオークションに登場予定。 フォード・シエラはもともとファミリーカーですが、これをグ ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

【試乗:ジムニーシエラ】ロールセンター・重心のバランスが良く安定性抜群!普通に乗れるオフローダー

| より「乗用車的印象」が強いジムニー・シエラ | さて、新型ジムニー・シエラに試乗。 グレードは二つあるうちの上位グレード「JC」で、トランスミッションは4AT、ボディカラーはパールホワイト。 ベー ...

■自動車・バイクの購入検討/比較など >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

新型スズキ・ジムニー シエラの見積もりは乗り出し258万円!軽規格ジムニーとの差額を考えてみよう

| 新型ジムニー・シエラの購入、ジムニーとの差額を考えてみよう | さて、外装、インテリアについてお届けしてきた新型スズキ・ジムニーですが、今回は乗り出し価格がいくらになるのか?を見てみましょう。 今 ...

>スバル(SUBARU) ■ニュース

新型スズキ・ジムニー/ジムニー・シエラの内装はこうなっている!メータークラスターは結構いいぞ

| 新型スズキ・ジムニーとジムニー・シエラのインテリアを見てみよう | suzuki jimny japan さて、「外装チェック編」をお届けした新型スズキ・ジムニーですが、今回はインテリア編をお届け ...

>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

新型ジムニーを見てきた!ジムニー・シエラとジムニーの外装はこう違う

| ジムニーの発表イベントは台風の中、エクストリームな開催だった | suzuki jimny japan さて、早速発表されたばかりの新型ジムニーを見にスズキディーラーへ。 関西では台風の影響で発表 ...

>スズキ(SUZUKI)

新型ジムニー/ジムニー・シエラのボディカラーやオプションはどんな感じ?アクセサリーはファッション系/ハード系多数

| 新型ジムニー/ジムニー・シエラのカスタムは楽しそう | さて、発表されたばかりの新型スズキ・ジムニー/ジムニー・シエラ。 ここでボディカラーやオプション(純正アクセサリー)について、どんなものがあ ...

>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

新型スズキ・ジムニー/ジムニー・シエラ発表!レトロなルックスに本格悪路走行性能、最新の安全性能が詰まっている!

2018/7/5    , ,

| 全世界待望、新型スズキ・ジムニー/ジムニー・シエラが発売 | スズキがついに新型ジムニー/ジムニー・シエラを発売。 新型新型ジムニー/ジムニー・シエラのキャッチコピーは「Nobody But Ji ...

>スズキ(SUZUKI)

【レンダリング】もしも新型スズキ・ジムニーにオープンやピックアップトラックが存在したら?

| さっそくハンガリーからジムニーの「もしも」系レンダリング | おなじみCGアーティスト、X-TOMI DESIGNが早速新型スズキ・ジムニー・シエラをターゲットに「もしも」系レンダリングを作成。 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スズキ(SUZUKI)

新型スズキ・ジムニーのティーザーキャンペーンついにスタート!グローバルサイトでは公式画像も

| スズキが早々と新型ジムニー/ジムニー・シエラの公式画像をリリース | スズキが新型ジムニー/ジムニー・シエラのオフィシャル画像を公開。 カタログに記載されているものとほぼ同等ですが、もちろん高い解 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.