>マツダ(MAZDA)

マツダ・アクセラ改め「マツダ3」国内発表!上質かつ快適さを目指して内外装、パワートレーン、制御技術すべてが進化。欧州プレミアムコンパクトに真っ向から挑む

| ファストバックの価格は2,181,000円~3,621,400円、6MTも | マツダが日本国内にて「マツダ3」を発表。これまで「マツダ3」は日本以外の国において使用されていた名称であり、日本では「アクセラ」の名を使用。ただし今回のモデルチェンジに際し、(トヨタ「ヤリス」同様に)マツダ3という、世界標準の呼称を日本でも使用することに決定した、とアナウンスされています。なお、マツダによると新型「マツダ3」は新世代商品の第一弾だとされ、”日常が鮮やかに輝くパーソナルカー”というコンセプトを掲げています。※ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかEVが一般化する日は来ない?米ではあとをたたないEVスペースに駐車するガソリン車に罰金、VWは「一台売って38万の赤字」

| なぜエレクトリック化は「予想した通りに」進まないのか | 現在、世界中の自動車メーカーが進める「エレクトリック化」。特に熱心なのはフォルクスワーゲングループですが、BMWやメルセデス・ベンツもそれに続く形です。一方、消費者ではEVに関心があるという割合は高くなく、メーカー側がEVを発売しても思ったほど売れずに「笛ふけど踊らず」な状態。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン「AM-RB003の購入希望は予想以上だ。おかげで誰に販売し、誰に販売しないかを決めねばならなくなった」

| ハイパーカーを購入するのも楽じゃない | アストンマーティンがそのハイパーカー「AM-RB003」の引き合いが想像を超えた規模となっているため、「顧客を選ばねばならない」とコメント。AM-RB003は「AM-RB001」つまりヴァルキリー、そしてヴァルキリーAMRに次ぐ第三のハイパーカー。RBと名のつくことで分かる通り、レッドブルと共同開発され、出力は1000馬力、0−100キロ加速は2.5秒、最高速度は354km/hと言われます。 これがアストンマーティンの新型ハイパーカー!「AM-RB 003」は ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

まさかの+94馬力!ホンダ・シビック・タイプRがホンダ自身によって「オンロード」「オフロード」向けにカスタムされる(ただしワンオフ)

| 限定販売したら相当に人気が出そうだ(とくにオフロード) | ホンダUKが年例行事「SMMT テスト・デイ」へ2台のホンダ・シビック・タイプRを持ち込み。これらはそれぞれ「ワンオフ」となり、一台は+94馬力を誇るロードバージョン、もう一台はラリーレイドにインスピレーションを得た、10センチのリフトアップやオーバーフェンダー装着等の手が入ったオフロード仕様(両方とも合法に公道を走行できる)。

ReadMore

>アウディ(Audi)

さよならアウディTT。アウディCEOが正式に「TT終了」を発表し、その後継は「まったく別の」エレクトリックカーとなることを発表

| TTはアウディのイメージを大きく変えた、歴史に残るクルマだった | アウディCEO、ブラム・ショット氏がアウディ年例ミーティングにて正式に「次期TTはない」とコメント。かわりに「新型エレクトリックカーがTTのポジションに位置することになる」と発表しています。※ただしTT後継という意味合いはないこの「TTと入れ替わるエレクトリックカー」についての情報は少なく、しかしブラム・ショットCEOは「その価格はTTと同程度になる」とも述べていて、つまり500万円~900万円あたりになる、と言えそうです。

ReadMore

>アウディ(Audi)

ドイツの内装スペシャリスト、ニードファクターの新作「アウディR8」。総額200万円の内装カスタムはこうなっている

ニードファクターは純正ライクに、シンプルかつ高品質な仕上げが特徴 ドイツの内装専門チューナー、ニードファクター(Neidfaktor)がアウディR8 V10のインテリアをカスタム。ニードファクターはインテリアのカスタムにあたりテーマを持たせ、文字通り「全部分解してから」再度テーマに沿った素材を選んで加工し組み立てるという手法を採用していますが、今回のR8についてもやはり”フルカスタム”となっています。なお、ニードファクターによれば、同様レベルのカスタムであれば、190-220万円程度の費用が必要、とのこと ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

日本と欧州の自動車メーカーの戦略における決定的な相違、「バリエーション展開の戦略」についての考察

| 欧米は選定必勝の攻撃型、日本は状況対応の臨機応変型 | 日本の自動車メーカーと欧州の自動車メーカーとでは考え方に大きな差があると感じることがありますが、今日はその「モデルラインアップに関する戦略」について考えてみたいと思います。大きいところから話をすると、欧州の気動車メーカーは、「一気にそのモデルのバリエーションを展開」し、日本の自動車メーカーは「ボチボチ展開してゆく」傾向が強い、と考えているわけですね(あくまでも傾向の話であり、ひとまとめには出来ない)。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スウェーデンの自動車メーカー >日産/インフィニティ(Infinity)

トヨタ、日産、ボルボにリコール。日産は9万台、ボルボは該当期間に輸入した台数のほとんど(2万台)が該当する大規模なものに

| 一方トヨタは405台がリコール対象 | 今回は比較的リコールの届け出が珍しい、トヨタ、日産そしてボルボが国土交通省へとリコールを登録。トヨタは「ヘッドライト」、日産は「ブレーキ」、ボルボは「冷却水系」とエンジンコントロール」。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

「女王陛下の007」公開50周年記念!アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの最新限定モデルが50台のみ販売開始

| 正式名称はOn Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera | アストンマーティンがDBSスーパレッジェーラに、「新たなる限定モデル」を追加。 これは1967年に公開された007映画「女王陛下の007(On Her Majesty’s Secret Service)」50周年を記念した特別仕様を持ち、その名もズバリ「On Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera(長い・・・)」。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】メルセデスCEOが今日で退任。BMWが「これでようやくBMWに乗れるようになったな」とCEOに向けたパロディ動画を公開

| BMWとメルセデス・ベンツは昔からこういったやりとりが多い | ダイムラー(メルセデス・ベンツ)CEO、ディーター・ツェッチェ氏が5月(今日)でその職を退いていますが、今回BMWが同氏に宛てたユーモア溢れる動画を公開。ライバル会社がそのCEOの退任にあたって動画を作成するということは非常に珍しく、「よくこの内容を公開したな」と思わせる部分も。なお、撮影にあたってはメルセデス・ベンツの協力や許可なしにはできないだろうと思わせる部分もあり、これは「メルセデス・ベンツ合意」の動画なのかもしれませんね。

ReadMore

セルジオ・マルキオンネ

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >その他アメリカ車

享年66歳、先週までフェラーリCEO/会長だったセルジオ・マルキオンネ氏死去。志半ばにて病に倒れる

| 突然の病状悪化からの死去 | 先週までフェラーリの会長/CEOを務めていたものの急な体調不良でその座を退いたセルジオ・マルキオンネ氏。 体調不良から「今後の業務遂行は不可能」と判断されるも、快方に ...

>その他アメリカ車

FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」

| フィアット・クライスラーが公式にヴァイパー復活を否定 | 数週間前に「ヴァイパーが発売30週年となり2019年に復活するかも」というニュースがネット上を駆け巡りましたが、今回FCAが開いたプレスカ ...

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

フェラーリ会長「以前はSUV発売がフェラーリのイメージを希薄にすると考えたが、今では一刻も早く発売したい」

| フェラーリ会長「SUVはフェラーリのイメージを壊しかねないと考えていた」 | フェラーリ会長、セルジオ・マルキオンネ氏が「かつてはSUV投入によってフェラーリの価値が希薄になるのでは」と悩んでいた ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他アメリカ車

FCA/フェラーリのボス、セルジオ・マルキオンネ氏が2019年に退任。後継者選定中

| FCAのボス、セルジオ・マルキオンネ氏がついに退任 | フィアット・クライスラーCEO、そしてフェラーリ会長でもあるセルジオ・マルキオンネ氏がその両方から予定通り2019年に引退することが再確認さ ...

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリCEO、「ハイブリッド」について語る。フェラーリも「SUV」「ハイブリッド」の時代に

| まさかこういった時代になろうとは | ferrari フェラーリCEO、セルジオ・マルキオンネ氏が改めて「フェラーリのハイブリッド化」について言及。 すでに「2019年以降発売のフェラーリはすべて ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >その他アメリカ車

米メディア「FCAはマルキオンネCEOを今すぐ交代させるべき」。その理由とは?

| このままだとFCAは危ない? | 米経済氏がFCA(フィアット・クライスラー)のCEO、セルジオ・マルキオンネ氏をすぐに辞めさせるべきだ、と主張。 これによると2017年のアメリカ市場において、F ...

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリもついに「SUV」投入か。2021年にハイブリッド搭載で登場と報じられる

ferrari フェラーリのボス、セルジオ・マルキオンネ氏によると「フェラーリは絶対にSUVを作らない」とのことでしたが、その意思決定を覆すかのような報道が。 これはCar Magazine報じたもの ...

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリCEO「V12のターボ化は愚策」→ではなぜV8はターボ化されたのかを考える

フェラーリCEO、セルジオ・マルキオンネ氏がオートカーに語ったところによると「フェラーリのV12にはターボを使用しない」とのこと。 同じくマルキオンネCEOによると「我々のエンジニアはV12エンジンの ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari)

フェラーリCEO「ランボルギーニを買うのはフェラーリを買えなかった人。増産でこれを正す」

フェラーリCEO、セルジオ・マルキオンネ氏が再度フェラーリの「増産」について言及。 もともと増産には慎重だった前CEO、ルカ・ディ・モンテゼーモロ氏とは反目しており、CEO就任早々に増産をほのめかして ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari)

セルジオ・マルキオンネCEOがアルファロメオF1参戦について前向きな見解を述べる

定期的に出る、「アルファロメオF1復帰」の噂。 今回はセルジオ・マルキオンネCEOが直接その噂についてコメントしています。 現在(2011年以降)イタリア人のF1ドライバーはおらず、セルジオ・マルキオ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.