■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。この画像を見るに「工場内」で撮影された可能性が高く、となると新型M3はもう生産が開始されているとも考えられます(プリプロダクションモデルかも)。画像では巨大なリアフェンダー、トランクリッドスポイラー、アグレッシブなリアバンパーにボディカラー同色のリアディフューザーが確認でき、「4本出し」テールパイプの存在も。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

TRDがGRスープラを「怪物」に仕立て上げると予告。1994年の80スープラ「3000GT」を90スープラでも再現

| そのルックスはまさにレーシングカーといっても過言ではない |  TRD(Toyota Racing Development)がスープラをベースにしたコンセプトカー、「3000GTコンセプト」を発表すると予告。発表は東京モーターショーではなくSEMAとなり、世界へ向けて広く発信する、という意図がありそうですね。今回公開された動画だとその概要を示すに止まり、しかしこれは以前、TRDが80スープラをベースに製作した「3000GT」を90世代で再現する、というプロジェクトのようです。 1994年の東京オートサ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダの新型EV「MX-30」リーク!マツダはホンダやVWとは異なるアプローチの電気自動車を考えたようだ

| このボディ形状は他メーカーのコンパクトEVに対して優位性を持つことになりそうだ | マツダは、そのブランド初となるEVを第46回東京モーターショーにて発表の予定ですが、今回その画像が発表を目前にしてリーク。資料には「MX-30」の文字も見え、つまりはコンセプトモデルながらもその車名がMX-30である、ということも同時に判明。なお、マツダが車名に「M」を用いるのは珍しくなく、「MX-5(ロードスター)」「MPV」「MS-6/8/9」といったものが過去に存在。ただしそれぞれ「マツダ」「マルチ」「メガロ」な ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。現行レヴォーグは「全車ターボ」、トップレンジの2リッターターボは300馬力を発生するというスポーツワゴンで、後ろに向けてスロープしたルーフラインを持つなど、実用性よりもスタイルを重視したと思われるクルマ(スバルはほかにフォレスターやXVといったラインナップを持っていて、それぞれの用途にて棲み分けている)。 なお、新 ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ホンダ・フィットの画像・仕様がリーク!”全ての車をひとつに”のコピー通り、「安価」「高級」「スポーティ」「アクティブ」が揃う

| ホンダは見た目よりも実用性を重視したモデルチェンジを選んだようだ | 東京モーターショーでの正式発表を前に、新型ホンダ・フィットの画像そして情報がリーク。これを信じるとするならば、新型フィットには「CROSSTAR」「NESS」「LUXE」「BASIC」なるグレードが(少なくとも)存在し、それぞれ大きく差別化された個性を持つ模様。とくに目玉は「CROSSTAR」だと思われ、これはリストアップされた車高に樹脂製クラッディング、大型エアインテークを持つ専用バンパー、コントラストルーフ、メタル調カラーを持つ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとして報じられたものですが、「いずれかのモデルがエレクトリック化される」のか、「全く新しいエレクトリックモデルが登場するのか」は今のところ語られず。さらにはトヨタ、レクサス両方からプラグインハイブリッドモデルが登場するということについても言及されているようですね。

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円前後という、アライのフルフェイスとしては破格の安さ」。ただ、アライだけに安全性に関しては抜かりなく、帽体そのものはスネル規格M2010を満たすなど高い水準を持っています。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

「997世代の911GT3 RS風の」カラーリングを持つ991.2世代の911GT3 RS登場!未だにボクは997GT3 RSのインパクトが忘れられない

| ”黒ベースのオレンジアクセント”、”オレンジベースの黒アクセント”が与えたインパクトは過去最大級 | 991.2世代の911GT RSを997世代の911GT3 RS風にカスタムした車両が登場。水冷世代の911GT3 RSは「996」世代から今に至るまで続いていますが、「オレンジ×黒」「黒×オレンジ」といったコントラストカラーは13年前の997世代(初期)911GT3 RSで初めて登場しています。なお、当時は内外価格差、情報差がけっこう大きかった時代でもあり、アートスポーツなどいくつかのディーラーが並 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリ・デイトナを現代風に再デザインしたユーチューバー登場!さすがにオリジナルを超えるのは難しかったか・・・

| 昔のピニンファリーナによるフェラーリが持つデザイン的完成度は現代の技術をも寄せ付けない | 最近ではすっかりおなじみになったカーデザイナー兼ユーチューバー、スケッチモンキー氏。これまでにも過去のクルマや現行車などを「もしも自分がそのデザイナーだったらこうする」というレンダリングを作成して公開していますが、今回手を付けたのはフェラーリ・デイトナ。デイトナはもはや伝説級のクラシックフェラーリとも言えるクルマで、それだけに「禁断の果実に手を付けたな」という印象も。

ReadMore

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >三菱(MITSUBISHI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) >ダイハツ(DAIHATSU)

アルファロメオ、ポルシェ、ランボルギーニ・・・。あのブランドはどのグループに属するの?最新情報をまとめてみた

| 驚くべきことに、まだまだ単独メーカーも多く残っている | さて、再編激しい自動車業界。様々なブランドが売買され、たとえばランボルギーニは今に至るまで7回も経営が変わっており、アストンマーティンも7たび経営者が変わっています。そのほかロータスは中国企業に買われたりといった驚きの事例もあり、ここで「どのブランドがどのグループに属しているのか」を見てみたいと思います。

ReadMore

HURACAN

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ランボルギーニ・ウラカンの納車後にかかる費用はいくらくらい?試算してみた

さて、ウラカン本体のお金(支払い)についても考える必要がありますが、それ以外にも購入後にかかる費用を考える必要があります。

>ランボルギーニ・ウラカン関連

【まとめ】ランボルギーニ・ウラカンの純正スポーツ/レーシングエキゾーストについて

ランボルギーニ・ウラカンのオプションに「レーシング・エキゾースト」が登場 ランボルギーニのウエブサイトはこっそりと更新されることが多いのですが、ウラカンのオプションに「レーシング・エキゾースト」がこれ ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンの新オプション「鍛造リムバッジ」登場とホイールについて考える

さて、ウラカンのオプションで「鍛造リムバッジ」がランボルギーニのオフィシャルサイトに登場。 これはカーボンコンポジット製のセンターキャップと思われますが、今まで公開されてきたカーボンコンポジット製のパ ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンとナンバープレートの装着位置。国別に比較してみる

パリにて撮影された、ランボルギーニ・ウラカン。 ウラカンはナンバープレートの取り付けが(美観的に)難しい車のひとつで、フロントバンパーの上面がかなり低く、国によっては取り付け位置規定の関係で「バンパー ...

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連

もしもスポーツカー/スーパーカーにベースグレードがあったら?

もしもスポーツカーとスーパーカーにベーシックグレードがあったら?というレンダリング。 ランボルギーニ・ウラカン、マツダ・ロードスター、マクラーレン650S、ラ・フェラーリ、ジャガーFタイプ、シボレー・ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのホイール「ミマス」と「ジアノ」の名前の由来について

ランボルギーニのボディカラー名はギリシャ神話にちなんだものが多いのですが、ホイールもまたギリシャ神話にちなんだネーミングとなっているようですね。 コーディリア、アポロ、カシオペア、スコルピウス、カリス ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

もうちょっと太くても良い?ランボルギーニ・ウラカンのサイドシルについて

  先日、BMW i8を見た際に一番衝撃を受けたのが「異常にサイドシルが太く高い」ということ。 それはここまでする必要があるのか、と思えるほどで、ぼくが今まで見た車の中ではもっとも巨大なサイ ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのキーとアウディのキー、そしてキーホルダーを考える

ランボルギーニ・ウラカンのキーについて。 キーはアヴェンタドールと同じ形状ですが、アヴェンタドールと異なり、もはやキーを差し込むスロットすらない完全「スマートキー状態」です。 ぼくはキーホルダーに非常 ...

>ウラカンの内装カスタムについて >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4に”装着しなかった”オプション「盗難防止システム」ほか

  ランボルギーニ・ウラカンに装着しなかったオプション、「盗難防止システム」75,492円。 室内の監視を行うシステムのようですね。 あれば良いオプションですが、とりあえず見送りです。 ほか ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連

ランボルギーニ・ウラカンにおけるブレーキディスクの(ドリルホールの)向き、そしてホイールについて考える

  ランボルギーニ・ウラカンはセラミック・ディスク・ブレーキを採用しています。 これはぼくにとって非常に好ましいと考えるのですが、気になる点もあります。 それは、「左右で別の仕様なのかどうか ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのエンジンルームにあるクロスバーの謎

  ランボルギーニ・ウラカンのシャシーについて、ちょっとした謎。 ガヤルドから大きく変わった点としては、モノコック後半がカーボン製になったことですが、もうひとつ、エンジンルームに「X」型のク ...

>ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ランボルギーニ・ウラカンに装着したオプション「ランボルギーニ・ダイナミックステアリング」232,740円/流体磁性ダンパー

  ぼくのウラカンに装着されるオプション、「ランボルギーニ・ダイナミックステアリング(LDS)」232,740円。 これもランボルギーニ入魂の新オプションですね。 超高速走行を前提としたもの ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

発表されたばかりのランボルギーニ・ウラカンを見てきた。インプレッションなど

ランボルギーニ大阪さんにて、ウラカンを見てきました(撮影は要許可)。 以前にプロトタイプは見ていますが、量産車を見るのは初めてです。 ここで気がついたこと、量産車とプロトタイプとの違いなどを記載してみ ...

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ランボルギーニ・ウラカン関連

【まとめ】ランボルギーニ・ウラカンのミニカー。購入したもの、カスタムしたものをここで紹介

ランボルギーニ・ウラカンのモデルカー(1/18ブラーゴ)をゲット ランボルギーニ・ウラカンのモデルカー(ミニカー)をゲット。 ブラーゴ製の1/18サイズです。 安価な割にはけっこう良く出来ていて、シル ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの内装カスタムについて ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4にて選んだオプション(内装インテリア・エレガンテ)/パーキングセンサー

  インテリア・エレガンテ・ビコローレ(ビアンコ・レダ) 68,256円。 インテリア・エレガンテ・ビコローレは、内装(革部分)の下半分とシートのカラーを変更するオプション。 もともと革の部 ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンに採用される技術について。ステアリングレシオは17:1から9:1まで変化

webCGより、ランボルギーニ・ウラカンの技術解説。 ウラカンの構造を学ぶ、ランボルギーニ本社で開催された「テックデイ」への参加レポートだそうですが、先日技術解説動画も公開されており、同 じイベントな ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンに装着したオプション(カラードブレーキキャリパー〜/鍛造ホイール”MIMAS”)

  ぼくが選択したウラカンのオプション、カラードブレーキキャリパー122,688円。 ウラカンの場合、純正ではブレーキキャリパーのカラーはシルバー(ガヤルドは黒)。 そのままでは地味なので、 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのデザインモチーフは「折り紙」。デザイン責任者が語る

  ランボルギーニのデザイン統括者、フィリッポ・ペリーニ氏がランボルギーニ・ウラカンのデザインについて語る動画が公開に。 動画の中でも2度ほど「究極のデザインを持ちながらも日常使える」という ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.