>ブガッティ(BUGATTI)

「世界で最も高価なキッズ用乗用車」、ブガッティ・ベイビー2納車開始。カーボンボディ装着の「ヴィテス」も用意され、価格は330万円から

| 時代を反映してピュアエレクトリック、そして最高速チャレンジ用の「スピードキー」も付属 | ブガッティが、おそらくは「史上もっとも高価な」キッズ用乗用電動車、「ベイビーⅡ(BabyⅡ)」を公開。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて、ブガッティの110周年記念モデル「シロン110Ans Edition」とともにプロトタイプが予告されていたもので、今回晴れて発売と相成ったわけですね。ちなみにこの「ベイビーⅡ」は復刻モデルという位置づけで、「初代」は1926年にブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッテ ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

ACシュニッツァーがさらに過激な「BMW 3シリーズ専用エアロ」発表!ここまでくればもうMモデルはいらないかも

| ACシュニッツァーはデザインテイストが比較的よく変わる | ACシュニッツァーが「さらに」過激なBMW 3シリーズ(G20世代)向けのエアロキットを発表。ACシュニッツァーはこれまでにも3シリーズ向けのエアロキットを発売しているものの、今回のエアロパーツはこれまでの製品とは大きく異なるデザインを持つようです。なおACシュニッツァーはパワーアップについても近々対応する予定だそうで、320i、330i、M340i、330dについてパワーキットを開発中とのこと。 ACシュニッツァーが新型BMW 3シリーズ向 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

その価格1000万!軍用メルセデス・ベンツGクラスをカスタムした車両がイケてる件

| ときどき、こういった車両がたまらなく欲しくなる | 軍用メルセデス・ベンツGクラスのカスタムカーが公開に。これはエクスペディション・モーター・カンパニーが公開したもので、1992年製のGクラス(250GD)をベースにレストモッド(レストア+カスタム)しています。なお、メルセデス・ベンツGクラスのルーツはもともとが「軍用」。NATO軍に採用されていた「ゲレンデヴァーゲン」をメルセデス・ベンツ・ゲレンデヴァーゲンとして1979年に民生用として発売したのが源流となります。ちなみに製造しているのはオーストリア ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

少年の頃、父親が乗っていた「アルファロメオ・モントリオール」を、レンダリングにて現代風に蘇らせた男の物語

| ある日、父親がピカピカのモントリオールに乗って帰ってきた | レンダリングアーティスト、ルカ・セラフィニ氏の考えた、アルファロメオ・モントリオール・ヴィジョンGT。アルファロメオはかつて(1970-1977)「モントリオール」というクルマを作っていたことがあり、今回のレンダリングは、その名称からもわかるとおりに「モントリオールを現代に蘇えらせた」もの。オリジナルの「アルファロメオ・モントリオール」は、モントリオール万博に、このクルマの前身となるコンセプトカーが出展されたことから”モントリオール”と命名 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

この発想はなかった!ブガッティ・シロンを「6輪化」したレンダリング。そもそも6輪化のメリットって何?

| 最近、なにかと話題の「6輪化」だが | レンダリングアーティスト、Nikita Aksyonov氏がブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+を6輪化した作品を公開。これはリアを延長して「6輪」というパッケージングを実現したもの。なお、こういった6輪化の(近代における)元祖はメルセデスAMG G63 6x6だと思われ、この登場以後、アメリカのヘネシーはフォードF-150を6輪化した「ヴェロキラプトル」を発表し、カーン・デザインもディフェンダーを6輪化。そのほかにもジープ・ラングラーやスズキ・ジムニー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】80年代スーパーカーの代名詞、フェラーリ・テスタロッサ。実際はどれだけ馬力が出ているのかシャシダイで計測してみた

| 年式や、当時の常識を考えると、かなり馬力が出ていると言っていい | 先日、フェラーリ・テスタロッサに付属する専用バッグの収納方法を動画にて公開したユーチューバー、「ノーマルガイ・スーパーカー」。テスタロッサはランボルギーニ・カウンタックと並ぶ「典型的なスーパーカー」ですが、カウンタックが累計生産2000程度であるのに対し、テスタロッサは(8年の生産期間で)7,177台が販売されており、とにかく「売れた」スーパーカーでもありますね(一説では1万台近く生産されたという話も)。これからこのテスタロッサはレス ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

またまた「世界最速・最強」のレンタカーが登場。「ハーツ」でレーシングチームがカスタムした750馬力のカマロがレンタル可能

| もともとは「アメリカンマッスルを高くて買えない」若者向けの”レンタレーサー”がルーツ | レンタカー会社の「ハーツ」がレンタカー専用となるシボレー・カマロを公開。これはアメリカでは「レンタレーサー」と呼ばれるもので、そのルーツは1966年まで遡ることができます。この1966年にハーツ・レンタカーが「ハーツ専用カラー」のシェルビーGT350Hを1000台導入し、「ハイパフォーマンスカーが欲しいけど買えない若者に」貸し出したのが始まりだとされています。

ReadMore

>アウディ(Audi) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

アウディ「空飛ぶクルマの実現は難しいことが分かった」。むしろなぜ実現できると考えたのか、そのほうが不思議な件

| 技術以外にも、空を飛んで人を運ぶには障壁が多すぎる | アウディは2018年のジュネーブ・モーターショーにて「空飛ぶ車」として「ポップアップ・ネクスト(Pop.Up Next)」コンセプトを発表し、イタルデザイン、仏エアバス社とともに航空産業へと参入することを表明しましたが、そこから1年ちょっとで「実現が非常に困難なことがわかった。計画を延期する」と発表し、事実上の計画凍結をアナウンス。アウディはこの事業に大きな期待を寄せていただけに、社内でも失望とダメージが大きいとは思うものの、この計画は最初から困 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードGTがまたしても1億7000万円で落札。近代のクルマとしては異例の高値落札が続く状態に

| ただし今後は売り物が続々登場すると思われ、相場には注視が必要 | 2017年モデルのフォードGT'66ヘリテージ・エディションが邦貨換算1億7000万円程度にて落札された、との報道。これはオークションハウス、バレット・ジャクソンがラスベガスにて開催した競売での出来事ですが、とにかくフォードGTの人気の高さには驚かれます。なお、少し前にはガルフカラーのフォードGTヘリテージ・エディションは2億8000万円で落札されており、「通常の」ほかのフォードGTが1億7000万円程度で落札されたことも。 フォードG ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

アウディ「2025年までに30のエレクトリックモデルを投入する。うち20はピュアエレクトリックカーだ」←あまりに急激な展開にちょっと不安も

| BMWですら2025年でもエレクトリックカーの販売比率がせいぜい20%と予測 | アウディが2025年までにPHEV含むハイブリッドカーを10モデル、そしてピュアエレクトリックカーを20モデル、あわせて30もの電動車を発売する、とコメント。アウディ属するフォルクスワーゲングループは「グループ挙げて」のエレクトリック化を推進しており、グループ全体では「2025年に80モデル」をエレクトリック化する、とも以前に発表したところ。

ReadMore

lamborghini

>ランボルギーニ・ウラカン関連

もうちょっと太くても良い?ランボルギーニ・ウラカンのサイドシルについて

  先日、BMW i8を見た際に一番衝撃を受けたのが「異常にサイドシルが太く高い」ということ。 それはここまでする必要があるのか、と思えるほどで、ぼくが今まで見た車の中ではもっとも巨大なサイ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【まとめ】ランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムにはどんなものがある?個人によるカスタム系(2)

モンテネグロから、ブラックのランボルギーニ・アヴェンタドール モンテネグロにて撮影された、ランボルギーニ・アヴェンタドール。 モンテネグロといえば「007」シリーズに登場した以外は知識がなく、しかもそ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

【まとめ】ランボルギーニ初のハイブリッド。アステリオンLPI910-4関連情報まとめ

| ランボルギーニ初のハイブリッドカー、それが「アステリオン」 | ついにパリにてアンヴェール。ランボルギーニ・アステリオンLPI910-4コンセプト   ランボルギーニ・アステリオンがついに公開に。 ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニのコンセプトカー、「Lamborghini Cheetah(1997)」「Lamborghini Bravo(1974)」

ランボルギーニ・チーター(Cheetah)。 チーターはよく後の「ランボルギーニLM002」と混同されますが、チーターはコンセプトカーでLM002は市販車であり、エンジンレイアウト含め現実的には異なる ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニのコンセプトカー、「Lamborghini SOGNA(1991)」

ランボルギーニ・ソーニャ(ソニア)。 1991年のジュネーブ・モーターショーで発表されたもので市販前提ではないコンセプトカー。 日本人カーデザイナー、山﨑亮志氏がランボルギーニ・カウンタックを購入して ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニのコンセプトカー、「Pregunta(1998)」「Raptor(Zagato Raptor) 1996」そしてコンセプトバイク「Design 90(1986)」

ランボルギーニ・プレグンタ(Pregunta)。 1998年のパリ・モーターショーでデビューした、ランボルギーニ・ディアブロをベースとしたコンセプトカーです。 戦闘機をモチーフとしており、アヴェンタド ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニのコンセプトカー、「Lamborghini MARZAL(マルツァル/1967)」

ランボルギーニ・マルツァル。 1967年発表、ベルトーネ(マルチェロ・ガンディーニ)によるデザインのコンセプトカーです。 ベルギーの会社、Glaverbelとのコラボレーションによって製造されたと言わ ...

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

京商ランボルギーニ ミニカーシリーズ、「ランボルギーニ ハラマ/シルエット/ウラッコ/エスパーダ」

京商ランボルギーニ ミニカーシリーズ、「ランボルギーニ ハラマ(1970ー1976)」。 車名の由来はスペインにある「ハラマ・サーキット」で、この車自体はかなりマイナーな部類かと思いますが、京商ではし ...

>ランボルギーニのミニカーや小物 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

どこまで揃えるか。京商の1/64ランボルギーニ・ミニカーシリーズについて

さて、チョコチョコと集めている、サークルKサンクスのランボルギーニ・ミニカー・コレクション。 先日UPしたとおり、ミニカーを全車種集めて「ランボルギーニ博物館」を作れないかと考えていますが、現在手元に ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニのコンセプトカー、「Lamborghini Sesto Element(2010)」

ランボルギーニが2010年のパリ・モーターショーにて発表したコンセプトカー、「セスト・エレメント」。 ランボルギーニ・ガヤルドのコンポーネント(LP570-4のエンジンと駆動系)を使用し、重量999k ...

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

【まとめ】フェラーリに関するニューモデルのウワサ関連。ハイブリッド、ディーノなど

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのキーとアウディのキー、そしてキーホルダーを考える

ランボルギーニ・ウラカンのキーについて。 キーはアヴェンタドールと同じ形状ですが、アヴェンタドールと異なり、もはやキーを差し込むスロットすらない完全「スマートキー状態」です。 ぼくはキーホルダーに非常 ...

>ウラカンの内装カスタムについて >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4に”装着しなかった”オプション「盗難防止システム」ほか

  ランボルギーニ・ウラカンに装着しなかったオプション、「盗難防止システム」75,492円。 室内の監視を行うシステムのようですね。 あれば良いオプションですが、とりあえず見送りです。 ほか ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連

ランボルギーニ・ウラカンにおけるブレーキディスクの(ドリルホールの)向き、そしてホイールについて考える

  ランボルギーニ・ウラカンはセラミック・ディスク・ブレーキを採用しています。 これはぼくにとって非常に好ましいと考えるのですが、気になる点もあります。 それは、「左右で別の仕様なのかどうか ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニのコンセプトカー、「Lamborghini Miura Concept(2006)」

2005年にVWアウディグループのデザインディレクターに就任することが発表されたワルター・デ・シルバによる、そして彼がはじめてデザインしたランボルギーニ。 ミウラ40周年の2006年に公開され、その時 ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等 >ランボルギーニのミニカーや小物

ランボルギーニ・ウルスのプラモデル(童友社)を組み立ててみた。予想以上のクオリティに驚き

童友社の1/43ランボルギーニ・ウルス。 組み立て式のモデルカー(つまりプラモデル)です。 素材はボディ含めてプラスチックで、タイヤのみがラバーになります。 定価は800円ほどなのですが、ネットでは5 ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

【まとめ】どんなものがある?ランボルギーニのコンセプトカー(アーティスト編〜2)

フォーミュラカーのような形をした、ランボルギーニのコンセプトカー(年代不明) これも詳細は不明なランボルギーニのコンセプトカー(非公式と思われる)。 グランツーリスモに登場するコンセプトカーのような感 ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのエンジンルームにあるクロスバーの謎

  ランボルギーニ・ウラカンのシャシーについて、ちょっとした謎。 ガヤルドから大きく変わった点としては、モノコック後半がカーボン製になったことですが、もうひとつ、エンジンルームに「X」型のク ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.