>マセラティ(Maserati)

マセラティ・グランカブリオの2018年モデル公開。生産終了のはずが好調につき延命

投稿日:2017/07/09 更新日:

マセラティが「グランカブリオ」の2018年モデルを公開。
すでにニューヨーク・モーターショーでは2018年モデルのグラントゥーリズモが公開されていますが、クーペ版であるグラントゥーリズモ同様の変更内容となっています。

変更の内容は大きくはなく、フロントグリルはアルフィエーリに似たデザインとなり、エアインテーク、リアバンパーのデザインが少し見直された程度。

インテリアだと8.4インチタッチスクリーンが導入され、アンドロイドオート、アップル・カープレイ対応に。
これによってセンターコンソールのデザインも見直されています。

ドライブトレーンについて、エンジンは4.7リッターV8、トランスミッションは6速ATと変更はなく、出力も460馬力のまま。

なおグラントゥーリズモ、グランカブリオともに2016年8月に生産終了と伝えられるも、マセラティいわく「販売が安定しているので」生産終了を撤回して継続生産を行っています。
その上、今回物理的な変更を加えているところを見ると「あと一年程度で」生産終了になるとは思われず、このまま2~3年程度は継続しそう。
↓こちらはグラントゥーリズモ

マセラティは「現在のトッププライオリティはグラントゥーリズモのモデルチェンジ」と語ってはいるものの、おそらくは台所事情によってこれは少し先送りとなりそうで、登場する/しないと交互にウワサの流れるアルフィエーリともども、まだまだ先行き不透明、と言った感じですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マセラティ(Maserati)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5