>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

納屋で朽ちた初代レンジローバー発見→早速レストア→その車がかつて英国王室所有だったことを知った男

投稿日:2017/07/08 更新日:

自分がレストアし乗っている初代レンジローバーが「実はかつて王室の所有していたものだった」と知った男のストーリー。
これは新車時に英国王室がエリザベス二世専用車としてランドローバーから購入したものだそうで、もちろん現在のオーナーはそんなことは知らずにこの車を手に入れ、のちにその真実を知ることに。

まずオーナーがこの車を手に入れた経緯としては、みんな大好き「納屋で発見」。
納屋で朽ち果てているこの車を偶然見つけ、この車を蘇らせようと考えたようですね。
加えて英国王室が所有者であったという事実を知ることになったきっかけは「レストア」で、彼はレストアの際にこの車両の経歴を調べている時にその「出どころ」を知った、とのこと。

ランドローバーもこの事実を認めており、王室の所有であったのは間違いないとのことですが、なぜそれが納屋に放置されていたのか、そのあたりの経緯はさらなる調査を要する、としています。

なおレストアについては完全に分解し、ボルト単位までリフレッシュ。

なおレストアの道のりは長く困難で、レストアには実に18ヶ月を要したものの、オーナーによると「王室所有という事実を知った時、その苦労が報われた気がした」と語っています。

https://www.youtube.com/watch?v=Fpsx0d5fYcY

関連投稿:トヨタ・ランドクルーザー(FJ43)のレストア過程が動画で公開に。新車コンディションに復活

トヨタ・ランドクルーザーFJ43のレストア過程が動画で公開に。
全体的にサビが浮いている年季物のランドクルーザーですが、完璧に分解され、新車同様のコンディションに蘇るさまを確認できます。

シリアルプレート周辺にもサビ。

フロアにもサビ。
フレームからキャビン、エンジン、トランスミッションも完全に分離させてゆきます。

エンジン内部もオーバーホール。

サビたフロアは新しい鉄板に入れ替え。
こうなるともう、シリアルプレート(フレームナンバー)のみを引き継いだ新車、という感じですね。

これが新しい鉄板。

イキナリですが完成したFJ43。

https://www.youtube.com/watch?v=ZGSCB6DtgKQ

なお、同じ動画主は他にもフェラーリF40 LM/GTEほかのレストアも公開。

https://www.youtube.com/watch?v=dQF_oOpEBOI&t=664s

こちらはホンダCR-Xのレストア。

https://www.youtube.com/watch?v=KXbOnhJxQSY

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5