>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが乗用玩具みたいな新型車発表。なお本当にこれでレース参戦の予定

投稿日:2017/07/15 更新日:

アストンマーティンがル・マンで優勝したV8ヴァンテージGTEを記念し、「ゼロ・エミッション」を誇る「V8ヴァンテージGTEスペシャルエディション」を公開。
まさにゼロエミッションな乗用カートで、電動パワートレーンはもちろんペダルすら持たないシンプル構造。

なお、この「車両」も実際にレースに参加するために制作されたとのことで、ロンドンのアレクサンドラ宮殿にて開催される「ソープボックス・レース」に参加する予定。
さすがにレッドブルが開催するだけあって「エクストリーム」なレースとなっており、2015年版ですがクラッシュはこういった感じで結構派手。

スピードはもちろんですが耐久性も一つのカギとなるようで、実際にドライブ(?)するのは本職のレーサー、ダレン・ターナーさんとジョニー・アダムさん。
車両を製作したのはアストンマーティンのプロトタイプ制作部門とされ、かなり「本気」なチャレンジであるのは間違いなさそうです。

なお、以前のル・マンにおいてもアストンマーティンはレースカー同様にカスタムした乗用玩具を持ち込んでいますね。

関連投稿:遊ぶときは本気で遊ぶぜ。アストンマーティンがル・マンにドリフト用乗用玩具を持込み、走ってみた動画

アストンマーティンはGTEカテゴリにおいてル・マンに参戦していますが、息抜きの一環としてカート(玩具)を作ってサーキットへと持ち込み。
玩具といってもそのクオリティはハンパなく、ステアリングはハンドステッチによるアルカンターラ巻き、カラーはブリティッシュ・レーシンググリーン、各ドライバーのネーム入りという本気仕様です。

これはアストンマーティンのカスタム車を製造するパーソナリゼーション部門「Q」によって製造されたとのことですが、なかなかに良い仕事をしますね(けっこうアピールになるかもしれない)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5