>ロータス(Lotus)

ロータスが「エヴォーラGT430」発表。「410」比で+20馬力、-26キロの軽量化

投稿日:2017/07/22 更新日:

ロータスが先日ティーザー画像を公開していた謎の新型車を公開。
ぼくはてっきり「新型SUV」だと思って期待していたのですが、エヴォーラのハードコアモデルであった模様。
今回発表のエヴォーラは「エヴォーラ(Evora)GT430」と呼ばれ、限定わずか60台の生産となっています。

これまでエヴォーラーのトップレンジは「エヴォーラ410」であったものの、今回のエヴォーラGT430は数字が示すとおり出力が430馬力となっており、これを大きく超えるもの。
0-100キロ加速は3.7秒、トップスピードは時速305キロ。

オプションでドライビングモードを備え、「ドライブ」「スポーツ」「レース」「オフ」があり、これはトラクションコントロールを管理する、としています。
1-12%の間でスリップをコントロールし、その状況をディスプレイに表示するようですね。

トランスミッションは6速マニュアルでトルセン式LSDを装備。
タイヤはミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2でフロント245/35R19、リア295/30R20(リアは1センチ太くなっている)。
ホイールは「スーパーライト」鍛造アルミとなり、標準ではブラックもしくはシルバー、オプションで「グロスレッド」を装着可能。
なおロータスは軽量化を追求する割にホイールに「マグネシウム」を使用せず、このあたりちょっと不思議なところ。

たしかにマグネシウムは酸化の問題などあるものの「軽量」なのは間違いなく、ポルシェも最新モデルの911GT2RS「ヴァイザッハ・パッケージ」でマグネシウムホイールを装着していますが、ロータスが採用していないところを見ると、「ロータス的に」メリットを感じていないのかもしれません(もしくはデメリットの方を大きく見ているか)。

それでも驚異的な軽量化を達成しているのは間違いなく、なんとエヴォーラ410に比べて26キロもの軽量化を実現しており、車体重量は1258キロに。
これはエクスポーズド・カーボンのボディパネル、同じくカーボン製のリアウイング等によって成し遂げられたとのことですが、どうりで最近カーボン製のボディパネルが増えてきているわけですね(高価ですが、ここまで軽くなるなら価値はある)。

インテリアだとレザー+アルカンタラ仕上げのスパルコ製レーシングシートが装着され、ダッシュパネルやステアリングホイール、センターコンソールなども同様の仕上げに。

一方でオプションとしてタッチスクリーン式インフォテイメントシステムやパーキングセンサー、バックカメラ、カーナビゲーションシステムも用意している、とのこと。

今回価格は公表されていないものの、おそらくはこの「エクスポーズド・カーボン」が相当に高価であると思われ、ロータス史上「最も高い」部類になるかもしれません(ランボルギーニ・チェンテナリオ、ブガッティ・シロンのカーボンボディは”全部”交換で2500万円くらい)。

エアロダイナミクスについてはこんなイメージ。

ロータスが懐かしの「JPS」カラーを採用したエヴォーラを限定発売。ただし北米のみ
007に登場したエスプリ風のエヴォーラが発表に。残念ながら市販は無し
ロータスが70キロの減量に成功したエヴォーラ・スポーツ410を一般公開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロータス(Lotus)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5