>アウディ(Audi) >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ(Lamborghini)

「シロン×オフローダー」なレンダリング登場。ほかのオフ車的スーパーカーも振り返ってみよう

投稿日:2017/08/03 更新日:

Javier Oquendo Designによる、ブガッティ・シロンをオフローダー化したレンダリング。
ここ最近はスーパーカー/ハイパーカーをオフローダー(ゾンビハンター)化するレンダリングが非常に盛んですが、スーパーカーはやはりどんな姿になろうとも格好良い、と改めて感じます。

なお現実的にはこういった「車高の高いスーパーカー」は市販されていないと記憶しているものの、コンセプトカーでは「ジウジアーロ・パルクール」や「アウディ・ナヌーク」が存在。
これらの中身は現実的に「同じ」ですが、どちらもV10をミドシップマウントし、オールアルミのフレームを持つというもの。
要はランボルギーニ・ガヤルド/(先代)アウディR8をリフトアップしたものとなりますが、トランスミッションにデュアルクラッチを採用しており、その意味では後期型のR8がもっとも近そうですね。

その他だと、最近その現実性をアピールしてきた「ザルーク・サンドレーサー(5000万円くらい)」、おそらく市販されたであろう「ラリーファイター(3000万円、映画「トランスフォーマー」にも登場)も「スーパーカー×オフローダー」と言えそう。

その他に公開された「スーパーカー×オフローダー」的レンダリングだと、こんなものがあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5