>マツダ(MAZDA)

生産わずか7台のみ、未走行のマツダRX-7「グループBラリーカー」がオークションに登場予定

投稿日:2017/08/14 更新日:

7台のみが製造された、マツダ・サバンナRX-7のラリーカーがオークションに登場予定。
これはFIAグループBのレギュレーションに合致するように製造されたもので、グループBが廃止になった後はずっとベルギーにあるマツダのレース用設備に置かれたままだった、とのこと。
実際に走行したことはなく、いわば「新車」で、1990年台にスイスの会社がパーツとともにマツダから買い受けたという経緯があるそうです。

なおグループBは「あくまでも「市販車ベース」となっており(ホモロゲーション取得は比較的敷居が低い)、1982年にスタート。
そしてグループBといえば「アウディ・クワトロ」が一気に名を挙げたカテゴリでもあり、プジョー205ターボ16、ランチア・デルタS4、フォード・コスワースRS200などのトンデモマシンが活躍したカテゴリ。
さらにはトヨタ・セリカGT-TS、日産240RSといった国産勢も参加しており、一時期は非常に人気があったカテゴリでもあります。



マツダがグループBに参加を考えたのはグループB廃止寸前とされ、そのため「20台が作られる予定だった」のに急遽グループBが無くなったために生産台数は7台にとどまることに。

そのためにマツダがグループBに(他の個体ででも)参加したのかどうかは不明ですが、こういった「レギュレーションに翻弄される」ケースは多いようですね。

VIA:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5