>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ(Lamborghini)

この発想はなかった。モントレー・カーウィークに登場した「縦方向ツートン」のランボルギーニ

投稿日:2017/08/18 更新日:

ユーチューバーがお届けする、モントレー・カーウィークの様子。
今年は8/18に開幕し、10日間に渡って様々なイベントが繰り広げられます。
開催場所はカリフォルニアに位置しますが、そのためにこの期間中(ただでさえスーパーカーの多い)カリフォルニア、ロサンゼルスあたりはさらにスーパーカー密度が高くなることに。

上のウラカンは1000馬力にまで(ツインターボによって)チューンされているそうで、その「縦にツートン」なカラーが斬新。
加えてカモフラージュ柄、マットブラックというセレクトがハイセンス。

その他だとパガーニ・ウアイラ”キング”も登場。
言わずとしれたワンオフモデルですね。

パガーニ・ゾンダ(760?)の姿も。

動画ではラ・フェラーリ、ブガッティ・ヴェイロン、ケーニグセグ・アゲーラR/アゲーラRS1、マクラーレンP1 GTRも登場。

モントレー・カーウィークでは数々のオークションが開催され、そこでは非常に価値の高いクラシックカー、レアカーが登場することでも知られます。
今年も数多くの希少なフェラーリが登場することもアナウンス済み。

開催元としてはRMサザビーズ(RM SOTHEBY’S)、ルッソ&スティール(Russo and Steele)、グッディング&カンパニー(Gooding & Company)、メッカム・オートオークション(Mecum Auto Auctions)、ボーナムス(BONHAMS)などが有名どころ。

そのほかクゥエイル・モータースポーツ・ギャザリング(Quail Motor sports gathering)も数々のスーパーカー/クラシックカーが集まることで知られ、期間中のハイライトとも言えるペブルビーチ・コンクール・ デレガンス(Pebble Beach Concours d'Elegance)では各メーカーのコンセプトカーや限定車、レストアされた過去の名車が発表されることが多くなっていますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f