■映画や音楽、本について

ワイルド・スピード次回作公開は延期。ホブスとデッカード主演映画制作のため

投稿日:

ホブス、デッカードそれぞれの主演するスピンオフ映画が制作

fastandfurious

ワイルド・スピード次回作(9作目)の公開が延期になるという話が出ていますが、どうやらそれはホブス(ドゥエイン・ジョンソン)、デッカード(ジェイソン・ステイサム)主演のスピンオフ映画作成のためである模様。
今回は「関係者」がこの2つのスピンオフ映画について語ったと報じられていますが、本当だとするとはじめて関係者の口からこの話が出てきた、ということに。

ワイルド・スピード7 SKY MISSIONでは初回作に比べて売上は4倍になったが車に関するシーンは1/4に

「ワイルド・スピード」シリーズは今やユニバーサルにとってドル箱となっており、これを軸にした様々な展開を行ってゆくのだと思われますが、作品自体もより多くのファンを獲得するために登場キャクターの数、ロケ地、破壊規模も拡大中。

すでに「カーアクション映画」という範疇を超えてしまい、スパイ映画など様々な要素が入った作品となっていますが、実際にヒットを飛ばしているので方向性としては「正しい」とも言えそうですね。

近年は映画においてヒット作を出すことが困難になっており、脚本不足もその一つに挙げられますが、こういった状態だからこそ「ヒットした実績のある」、つまりなんらかのプラットフォームが出来上がっている先品というのは価値が高く、「完全な新作」よりも外す確立も低いため、ユニバーサルはもちろん、スポンサーも費用を投じやすいのだと思われます。

一連のマーベル関連作品のように「利用できるものはとことん利用する」「ヒットしているうちはとことん追いかける」ということなのでしょうね。

あわせて読みたいワイルド・スピード関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■映画や音楽、本について
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5