>ランボルギーニ(Lamborghini)

香港にグリーンのチェンテナリオ納車。ゴールドカーボンをアクセントに持ち、10/18から一般公開

投稿日:2017/10/13 更新日:

マットグリーンのボディカラーにゴールドカーボンのアクセント

香港にて、鮮やかなマットグリーンのボディカラーを持つ「ヴェルデ・ブロンテ」が到着。
これは10/18日にグランドオープンを迎えるランボルギーニ香港の新しいショールームに飾られる予定とのことで、アクセントに「ゴールド・カーボン」を持つ個体。
なおランボルギーニ香港は新しい地域に移転しており、ぼくがこの前に訪問したときはまだ内装工事中だったものの、このたびめでたく完成ということになるようですね。

ボディカラーはマット、カーボンはグロス仕上げ

lambo-centenario-all-green-hongkong-5

ゴールドのカーボンファイバーはルーフ、ミラー、エンジンフード、リアウイング、ボディアンダー、ホイールに使用されており、これは先日日本でも公開された「レッドカーボン」と同じ技術を使用したものと考えられます。

lambo-centenario-all-green-hongkong-4

フロントスポイラー、サイドウイングにはほかのチェンテナリオと同じく、アクセントが入ります。

lambo-centenario-all-green-hongkong-1

リアディフューザーにももちろんグリーンのアクセント。

lambo-centenario-all-green-hongkong-7

これまで納車されたチェンテナリオには「グリーン」は見られず、なかなか新鮮。
香港はこれでチェンテナリオが2台目となりますが(日本には1台)、香港はランボルギーニの熱心なファンが多く、本国以外でははじめて「ランボルギーニ・ミュージアム」が期間限定と言えども公開された地域でもあります。

lambo-centenario-all-green-hongkong-6

インテリアはこうなっている

インテリアはブラックのアルカンターラでグリーンのコントラストステッチ、そしてゴールドのカーボンファイバー。

lambo-centenario-all-green-hongkong-3

ステッチの手法も複数用いられ、グリーンはパイピングでも再現されていますね。

lambo-centenario-all-green-hongkong-2

関連投稿
ランボルギーニ香港へチェンテナリオ到着。カーボンボディにイエローアクセント
ランボルギーニ香港へ行ってきた。ウラカン・アヴィオ展示中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5