>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

アキュラが「タイプS」サブブランド化を発表。”V6ターボ+4WD”をType Sの要件に

更新日:

| タイプSはBMW「M」やメルセデス「AMG」のようなイメージで |

アキュラブランドは新型「RDX」を発表したばかりですが、新しいV6ターボエンジン搭載モデルに「Type S(タイプS)」の名称を与える計画を改めて公開。
これも「タイプR」同様に一定の法則を設け、このバッジが与えられるモデルには「これが装備される」という定義付けがなされると思われますが、現在のところ「V6ターボ」「足回りのチューン」がその主たる”文法”となっているようです。

現在、ホンダはサブブランドを持っていない

なお、「ホンダ」だとタイプSは「NSX」「プレリュード」「インテグラ」「S2000」に設定されていたのが記憶に残るところですが、アキュラブランドでは2008年に使用された「アキュラTL」が最後、とのこと。
ただしアメリカにも「インテグラType S」が導入されていたということもあり、タイプS=ハイパフォーマンス、という認識はあるようですね(タイプRほどではないにせよ)。

このV6ターボエンジンについては、ホンダ由来の、そしてNSXにも採用されるSH-AWD(スーパーハンドリングAWD)との組合わせ「のみ」で使用されるとアキュラが示しており、となると「Type S」はすべて4WDになるということに。

BMW「M」やメルセデス「AMG」に近いイメージだとアキュラの広報は語っており、しかし「そこまで」ハードなものでもないようで、「求めやすい価格で手頃な高性能」といったノリなのかもしれませんね。

なおトヨタもサブブランドとして「GR」を始動させ、日産も「オーテック」を強化。
ホンダは今のところこれらに相当するブランドはなく、日本においても「サブブランド」としてタイプSを求める声が出てくるかもしれない、と考えたりします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5