■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「CSL」を復活させると再度明言。GTSとの置き換えにてMモデルの最上位グレードに

更新日:

| BMWはCSLを復活させる意向 |

BMWのスポークスマンが「CSL」モデルの投入を認める発言。
これはオーストラリアのメディア「Drive」に対して語られたもので、昨年9月に続いてBMWはCSL復活を認めたことになり、これはもう「確実」と言っても良さそう。
なお、以前の情報だと「CSL」は「GTS」に置き換えられるとも以前に語られており、実際にこの話が正しければ、「CSLはGTS相当のモディファイが施されたクルマになる」と考えられます。

CSLは現在のGTSと置き換えも

「CSL」はCoupe, Sport, Lightweightを意味し、クーペボディを持ち、モータースポーツを意識した軽量モデル。
Mモデルに対して設定されるということになるものの、サルーンやSUVには用いられない、ともされています(クーペではないから?)。

なお過去のCSLだとE9世代に「3.0CSL」が発売されており、2003年にはE46 M3にCSLが追加。
その後はコンセプトカーとしてですが、2015年に3.0CSLオマージュ/3.0CSLオマージュRが公開に。
そして「CS」としては2017年にM3 CSが発売されていて、これは454馬力、-50キロというスパルタンモデル。

BMWの考える順列としては「M」「M+コンペティション」「M+CS」「M+CSL」という並びでよりスポーツ性を高めてゆくようですが、「GTSをCSLに置き換える」としているとおり、実際に2015年発表のM3 GTSは500馬力、-80キロというCS以上の強烈なスペックを持っていて、現在のところニュル最速のBMWとしてランクイン。
実際のところBMWがどこまで「CSL」モデルを投入するのかは不明ではあるものの、しかしM2とM8にはCSL追加というウワサも。※BMWはM1CSL〜M8CSLまでの商標を取得済み

なお「M」モデルについて今後トランスミッションはATのみ(M2が最後のMT採用モデル)、ハイブリッドの採用はM4以下にはない、そしてFFモデルもない、とされていますね。

あわせて読みたい、BMW”CS/CSL”関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5