■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

ヘルニアのため荷物を持って移動するのが難しく、小型トロリーの購入を検討中

更新日:

相変わらずヘルニアに苦しめられており、荷物を持って移動するのが困難です。
よって、ちょっとした荷物を持って移動するのにトロリーでも購入しようかと考えています。
容量はだいたい20-30Lくらい、あまりゴツくないものですね。

まずはリモワのビジネストロリー(トパーズ)。
名称のとおりビジネスに特化したもので、中に間仕切りなどが付きますがこれは取り外し可能。
ケースを開くには、いったんケースを寝かせてからパカっと開く必要があります。
通常のスーツケースと同じですね。
容量は28L、重量は3.4kgくらい(間仕切りを外せばもっと軽量化できる)。

55956242_o1

上記はアルミ製ですが、樹脂製でちょっとだけ軽量な「サルサ」もあります。
画像の物は外側にジッパーによるポケットがありますが、このポケットがなく更に軽量(2.8kg)なタイプもあります。
サルサシリーズにはさらに軽量な「エアー」もありますが、このサイズでの「エアー」は発売されていないようですね。
なお、サルサ・エアーはその名の通り軽量で、35Lサイズのスーツケースでも1.8kgくらいと非常に軽量です(通常、同じサイズだとだいたい4kgくらいはある)。

41-Yr-gSyQL._SY300_

そして別の候補としては同じくリモワの「パイロット・トローリー」。
その名の通りパイロットがコロコロしているものですが、これは「上から開く」のが特徴で容量29L、4.4kg。
これは何かを取り出すときに、スーツケースを地面に拡げる必要がなく、非常に便利。
その反面、ギリギリ上まで荷物を詰めるには技術が必要、下に入れたものは取り出しにくい、という性質を持っており、上記ビジネストロリーとは自分の使うシチュエーションによってどちらかを選ぶ、ということになりますね。

52238966_th

容量30Lくらいのトロリーであれば、重量だいたい2.5kgからあるので、リモワはかなり重い部類にはなります。
ですが、その見た目や「歩けなくなったら上に座ることができる」という堅牢性は魅力であり、持ち上げる機会はそうそう無いということを考えると、「重くてもリモワ」という選択もアリですね。
なお、リモワは購入時に高価でもリセールバリューが高いことも特徴で、不要になった時の売却も容易です。

TUMIにも「テグラライト」という独自の炭素繊維との複合素材を使用したマテリアルを用いたスーツケースがあり、これはカーボン状の織り目が見えるのでなかなかに魅力的ですが、イマイチ格好良く見えないのが問題です。
いかにもスーツケースっぽく、スタイリッシュに移動、というイメージがあまり湧きません(主観)。
その点リモワは「デキル人」のように見えると考えており(主観)、やはりリモワか、と考えたりします。

その意味でも、ぼくはスーツケースにおいては金属製のリモワを使用することが多く、樹脂製のスーツケースはあまり好みません。
ちなみにスーツケースはリモワ派ですが、アタッシュケースはゼロ・ハリバートン派です(大小2つを使い分けています)。

tu9-0599-000-six_01

なお、ヘルニアがもっとも深刻であった時は前述のように本すら持てなかったので「多少重くても格好良い物を」ということは考えられなかったのですが、今では考える余地が出たということは、それだけ症状が改善しているのだと思います(あまり自覚はないのですが)。

なお、ヘルニアを患うまでは「腰痛で会社を休む」という行為は単なる甘えでしか無い、腰痛なんかがまんしろよと考えていたのですが、いざ自分が腰痛になると到底会社にゆくのは無理、という感じですね。

人とはあまりに身勝手な生き物で、自分がその立場に置かれなければ他人を理解することすら出来ないのだ、と感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5