>マクラーレン(McLaren) ■近況について ■ニュース

こんなにスパルタンでいいのかマクラーレン600LT!展示車両の細部をチェックしてきた

更新日:

マクラーレン600LTを見てきた(その2)

さて、前回の投稿に続き、マクラーレン600LTの外装編をお届け。
600LTのベースはマクラーレン570Sで、「LT=ロングテール」の名の通りリアが74ミリ延長され、重量は96キロ軽量化、そして出力は+30馬力アップ。

マクラーレンは「ロングテール」をそのシリーズの最終限定モデルだと位置づけており、「軽量化」「パワーアップ」「エアロダイナミクス向上」「サーキット重視」「究極のドライバビリティ」といったキーワードで定義しています。

マクラーレン600LTを見てきた!カーボンだらけの過激な外装を見てみよう(1)

引き続きマクラーレン600LTの外装を見てみよう

展示されているマクラーレン600LTのボディカラーは「シケイン・エフェクト」。
マクラーレン675LTに採用されていた「シケイン」の上に、オレンジパールクリアを塗装したもののようで、見る角度によっては「オレンジっぽい」表情を見せます。

L1040943

展示車そのものは、少し前に東京にてお披露目されたのと同じ個体ですね。

日本でもマクラーレン600LTがお披露目。価格は2999万9000円、1年間のみの限定生産

遠くから見た感じは「まんま軍隊っぽいグレー」ですが、これはこれでかなり凄みがある感じ。
675LTに採用されていたカラーが「シケイン」、そして今回のイメージカラーが「シケイン・エフェクト」、さらにマクラーレンのカンパニーカラーが「オレンジ」ということを鑑みるに、このカラーコーディネートがもっとも「マクラーレン600”LT”」らしいと言えるのかもしれません。※マクラーレンのオフィシャルサイトそのものも「グレーとオレンジ」がベースカラー

L10409631

そしてやはりガルウイング(ディヘドラル)ドアはいかにもスーパーカー、という感じ。

L10409611

ドアの開閉に必要なスペースは横に40センチほどだと言いますが、実際に路上に出てドアを開けるときには「どっかに当たんないかコレ」と結構心配になります(感覚的に慣れていないので、どこまで開くのかが把握できない)。

L1040960

サイドシルはこんな感じでかなり高い!

L10409482

このドア周辺のつくりはマクラーレン「スポーツシリーズ」ならではで、風の流れを視覚的に感じられるもの。

Cピラーもフロート構造を持っていて、マクラーレンは(スーパーカーメーカーの中でも)相当にエアロダイナミクスを重視していることもわかります。

L1040939

それにしてもこのウイングレットはナイス。

L1040927

マフラーエンドをリアデッキに移動させたことでリアディフューザーの設計自由度が高くなり、「上下」がかなり高い構造に。

L1040926

こちらはフロントフェンダー上のダクト。
最近のスーパーカーにおいて(ポルシェ911GT3RS/GT2RSもそうですが)、これがあると「ハードコアモデル」という一般認識ができつつあるように思います。

L1040944

リアデッキはこんな感じ。
基本的には放熱製を考えてメッシュパネルで構成されていて、センターにはサービスパネル(もちろんカーボン製)があります。

L1040924

リアディフューザーの中からもエアを抜く構造を持つようですね。

L1040913

そしてAピラーやルーフもカーボン製。

このあたりは「乗車する都度」目に入る部分なので、これまたカーボンマニアにとっては「たまらない」部分だと言えそう。

L1040942

インテリアは基本的にアルカンターラ仕上げ。
ほかのスポーツシリーズとは異なり、「サーキット専用」ともいえるモデルであるため、内装オプションの選択肢は最低限となっています(カラフルな内装、快適装備はほとんどない)。

次回は「マクラーレン600LT インテリア編」をお届けの予定です。

L10409301

ちなみにこちらがマクラーレン600LTをカーコンフィギュレーター上で操作してみたもの。

マクラーレン600LTのコンフィギュレーター公開。カラーは28色、オプションは「走り系」中心

なお、簡単ですがマクラーレン600LTを動画にて撮影。
そのほかの画像はFacebookのアルバム「マクラーレン600LT」に保存しています(100枚以上ある)。

マクラーレン600LTを見てきたのはマクラーレン大阪さん

今回マクラーレン600LTを見てきたのはマクラーレン大阪さん。
以前にぼくがレンジローバー・イヴォークを購入した「ジャガー・ランドローバー箕面」、いつもお世話になっているアルファロメオ・フィアット・アバルト北大阪さんと同じ発光グループが経営母体。
いつも親切にしていただき、大変感謝しています。マクラーレン大阪
大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-5-12
06-6121-8821

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5