>フォード(FORD)

80年代変態カーの相場下落?生産10台のみ、希少なフォード・シエラRS500"ウルフ"の予想落札価格が低水準

更新日:

| 80年代の変態カーがまたまたオークションに登場 |

「特別な」1986年製フォード・シエラ・コスワースRS500がオークションに登場予定。
フォード・シエラはもともとファミリーカーですが、これをグループAツーリングカーレースへと参戦させるためにフォードが「ホモロゲーション取得用」として500台の限定生産を行なったのが「フォード・シエラ・コスワースRS500」。

【競売】フォード究極の変態カー、「シエラRS500」のシャシーナンバー1が登場。予想では1800万円

ワークスチームが「10台のみ」チューンしたうちの一台

そしてこのフォード・シエラ・コスワースRS500は上述の通り「普通の」RS500ではなく、というのもフォードDTMワークスチームである「ウルフ(Wolf)レーシング」が10台のみチューンしたうちの一台。
ウルフ・レーシングは1984年から1990年までフォードのワークスチームとして活動していますが、その期間中にこれら10台のチューンを行なったようですね。

e99188cc-ford-sierra-cosworth-rs500-1

もともとシエラ・コスワースRS500のエンジンは(その名の通り)コスワース製の2リッター225馬力で、これをさらにピストン交換、フューエルポンプ交換、レース用のウエストゲート装着、ECU打ち替え、エキゾースト交換等によって出力は一気に300馬力へ。

57b8b6d0-ford-sierra-cosworth-rs500-7

そのほかは強化サスペンション、16インチサイズのメッシュホイール、スポーツペダル、レース用シフトノブ等数多くの装備が奢られている、とのこと。

deba91cd-ford-sierra-cosworth-rs500-6

走行距離は38000キロで、このボディカラー(ムーンストーン・ブルー)はオリジナル、とのこと。
これまでオークションに出品されたシエラ・コスワースRS500はほとんどホワイトだったので、かなり珍しいボディカラーだと言えそう。

cbb7674b-ford-sierra-cosworth-rs500-5

なお、予想落札価格は最高で600万円とのことですが、これは今までの例から見ると「かなり安い」数字。
「普通の」フォード・シエラ・コスワースRS500であってもこれまで1500-1800万円で落札されたことを考えると、不当に低いとも考えられます。

e126db51-ford-sierra-cosworth-rs500-9

これまでにはこんな「変態」カーがオークションに登場

なお、80年代はけっこう「なんでもアリ」な時代で、モータースポーツ熱が世界的に高かった時代。
そのため各メーカーともこぞって過激なモデルを投入し、そのために市販モデルとかけはなれた限定シリーズも。

まず、こんなのは「序の口」とも言えるアルファロメオ75ターボ・エボルツィオーネ。
グラスファイバー製のワイドボディが装着されています。

グループA参戦ホモロゲーションモデル、「アルファロメオ75ターボ・エボルツィオーネ」が競売に

そして変態度が高い、ランチア・ラリー037ストラダーレ。
フロントエンジンからミドシップへ、と構造変更までがなされています。

【競売】NSXにも大きな影響を与えた変態車、ランチア・ラリー037ストラダーレ。新車で日本に販売された個体

こちらも変態と言えるルノー5ターボ。
ファミリーカーをミドシップ化したという、現在の常識では測れないクルマです。

ただでさえ変態なルノー5ターボの上級モデル、「ルノー5ターボ2EVO」が競売に。まさに変態エボリューション

おそらくはもっとも変態度の高いフォードRS200 EVO。
2.1リッターエンジンから600馬力を発生するという常識はずれのスペックを持っています。

2.1リッター600馬力。12年間加速のギネス記録を持っていた超変態車「フォードRS200EVO」が競売に

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フォード(FORD)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5