>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

大丈夫かフォルクスワーゲン!?中国に年産30万台規模のEV専門工場を建設開始

更新日:

| フォルクスワーゲンが中国にEV専用工場を建設 |

フォルクスワーゲンが、中国・上海にEV専用工場を建設する、と発表。
これはMEBプラットフォームを利用した電気自動車専用工場で、フォルクスワーゲンの中国におけるパートナー、SAIC(上海汽車)との合弁によるものとなり、工場が完成するのは2020年の予定。

工場内には1400台ものロボットを設置し、AIはもちろんARやVRを活用した生産を行うとしていますが、具体的にはどのような内容になるのかは不明。

フォルクスワーゲンは年間30万台以上のEVを生産したい見込み

予定では年間30万台もの電気自動車、そしてそのためのバッテリーを製造できるとしており、大型SUVまでのサイズにも対応できるようですね。

なおフォルクスワーゲンはFAW(第一汽車)とのジョイントベンチャーにて華南地区(仏山)に工場を解説しており、こちらではMQBプラットフォームを使用したフォルクスワーゲンとアウディの車両を生産中。
ただし2020年にはこちらもMEBプラットフォームを使用したEVそしてバッテリー工場にシフトするとしており、となると今回着工する工場と合わせて「相当数」を生産できるキャパシティを持つことに。

現在、中国では外国の自動車メーカーは現地の会社へ半分以上の株式を持たせた合弁企業を設立しなければ現地で工場を建設したりという展開ができませんが、中国側で選べる合弁相手は「二社まで」。

フォルクスワーゲンは上述の通りFAWとSAICという2つのパートナーを持ち、下図のとおり展開中です。

2abd491d-saic-vw-factory-01

フォルクスワーゲンは中国進出がもっとも(外国の自動車メーカーとして)早く、そのためにより有利な基盤を構築することができ、よってその販売力は圧倒的。

フォルクスワーゲン内に占める中国の比率もかなり高いのが現状ですが、なんとしても中国での販売を落とすわけにはゆかず、中国市場向けにニューモデルを大量投入する、とも発表しています。

フォルクスワーゲンは中国重視。「2020年までに中国市場向けに新型SUVを10モデル投入」

さらにフォルクスワーゲンはは新ブランド「SOL」も発足させており一層中国寄りの姿勢を示していますが、ここまでやって「もしEVが売れなければ」かなり困ったことになりそう。

VWも中国専用ブランド「SOL」発表。”太陽”の名の通りクリーンエナジーに特化

中国のEV事情はかなり特殊で、フォルクスワーゲンはうまくそこに取り込むことに成功してはいるものの、純粋な中国の自動車メーカーの作るEVには価格競争力は無に等しく、正直なところ「かなり苦戦するんじゃやないか」とぼくは考えています。

ちなみに今回建設する工場、仏山工場で生産するEVはおそらく「中国国内専売(品質の関係で)」。
欧米や日本にて販売するのは欧州の工場で生産された車体だと思われますが、世界規模で相当数のEVが供給されることになり、市場がこれについてくるのはかなり難しいのかもしれません。

中国のバッテリーは「信頼性が低い」。このまま各社が中国でEVを生産すればいずれは大惨事に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5