>テスラ(TESLA) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】今度はランボルギーニ・アヴェンタドールSとゼロヨン無敵のテスラ・モデルX P100D。勝つのはどっち?

更新日:

| ランボルギーニ・ウルスが破れたリベンジなるか? |

先日、テスラ・モデルX P100D、ランボルギーニ・ウルス、メルセデスAMG G63、レンジローバースポーツSVRといった4台のSUVを集めて加速競争を行なったCARWOWですが、今回はその4台の中での勝者であるテスラ・モデルX P100Dに対しランボルギーニ・アヴェンタドールSを対抗馬として当てるという企画を実施。

やはりアヴェンタドールは速かった

なお、このアヴェンタドールのオーナーは先の動画で登場したウルスのオーナーと同じ人のようで、先日ウルスとアヴェンタドールSを同じカラー(クロームグリーン)にラッピングしたばかり。

【動画】ランボルギーニ・ウルスのラッピング一番乗り!所有するアヴェンタドールと同じカラーにカスタムしてみた

なお今回の加速競争については停止状態からの加速に加えて走行状態から加速する「ローリングスタート」による対決も実施しています。

ちなみにテスラ・モデルX P100Dは762馬力、アヴェンタドールSは740馬力ですが、重量についてはモデルXのほうがずっと重く(アヴェンタドールSは1575キロ、モデルXは2300キロ)、しかしモデルXにはいきなり最大トルクを発生させることができるというEVならではのメリットも存在しています。
ちなみに駆動方式は両方とも4WD。

動画を見ると、スタートからアヴェンタドールSがドカンと素早いスタートを決めており、テスラ・モデルXを最初から最後まで寄せ付けず、ゼロヨン加速では10.5秒というタイムでフィニッシュしています(モデルXは11.3秒)。

なお、前回の「SUV対決」における結果だとランボルギーニ・ウルスは11.9秒を記録しており、破れたとはいえども「SUVとしては相当に速いタイム」であることもわかりますね。

そしてテスラ・モデルXの11.3秒、ランボルギーニ・ウルスの11.9秒ともにSUVとしては「ちょっと前だと考えられないような」タイムであり、それだけSUVの性能が向上し、スーパーカーの領域に進出しつつある、ということを示す事実だと思います。
加えて、このテスラは「できたばかり」のメーカーであるということも大きな驚きでもありますね。

それでは動画を見てみよう

こちらが「さすが」の速さをランボルギーニ・アヴェンタドールが見せつける動画、「Lamborghini Aventador vs Tesla Model X - DRAG & ROLLING RACE - Can an EV SUV beat a supercar?」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->テスラ(TESLA), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5