●ポルシェ718ケイマン(982)

ポルシェ718ケイマンのちょっと困ったところ。フロントトランクにモノを出し入れするときは要注意

投稿日:

| ここはどうしても傷を避けることができない |

さて、ポルシェ718ケイマンにしばらく乗って気づいたこと。
様々な事情があってぼくはフロントトランクにモノを積むことが多く、そしてフロントランクを開くときに「どうしても」細かい傷が入ってしまうのが目下の悩みのタネ。

いったいどういうことなのか?
ここでその状況を見てみましょう。

塗装面と指とが必ず接触

まず、フロントトランクの開閉自体はこのスイッチにて行うことになり、このスイッチを「引く」とフロントトランクのロックが外れてフードが浮き上がります。

IMG_2515

そして浮いた隙間に指を入れてレバーをスライドさせてインナーロックを解除することになるのですが、この隙間が狭くて指の背がどうしてもフロントバンパー側に当たってしまうわけですね。

ぼくはさほど指が太いわけではなく、かなり気を使いながら指を隙間に入れるのですが、それでも「全く接触せずに」レバーを操作するのはちょっと困難。

IMG_2517_edited-1

そして指が塗装面(というかコーティングした表面)に当たり、強い光を当てないとわからないほどですが、微細な傷が塗装面に入ることに。

とりあえず傷を取ることに

そして傷が入るのは防ぎようがないということで、傷を取ってみます。
そもそも傷対策としてここにプロテクションフィルムを貼ればいいのでは?という意見もあるかと思いますが、どうしてもプロテクションフィルムは輝きに劣り、かつ貼った部分の「段差」が気になるためにプロテクションフィルムは貼りたくない、というのが正直な心情。

ただ、サイドステップで靴が当たりやすいような場合は、指と靴ではまったく塗装に対する攻撃力が異なり、かつ靴が塗装面に当たると「取り返しのつかない」ことにもなりかねず、そういった場合は(サイドステップに)プロテクションフフィルムを貼った方がいい、と考えています。
要は「時と場合によりけり」ということですね。

L1050170

そしてこのフロントバンパーの場合は「傷が許容できる」「状態を容易に回復可能」ということもあって(デメリットを容認してまで)プロテクションフィルムを貼るまでもないと判断しているわけですが、とりあえず傷を落としてみましょう。

本来は「洗車後」に作業を行いたいところではあるものの、その時間がないときは傷の周囲をサクッと拭いて汚れを落とすことに。
ただ、そのまま拭くと塗装面に傷がつくので、ここはすぐに擦らず、まずは濡れたウエスでポンポンと押さえて汚れを吸わせます(吸水用スポンジがベター)。

IMG_2521

そして塗装面がクリーンになったところでポリッシュへ移行。
ぼくはこういったケミカルを使用しますが、研磨剤が入っていない製品であればどの製品でもあまり変わらない、と考えています。

IMG_2523

そしてケミカルを布にとって塗装面をポリッシュ。
この布については着古したユニクロのヒートテックを使用しており、ぼくは今のところ「ヒートテックがベストに近いベター」だと信じています。

ポリッシュをかける場合に気をつけるのは、「強く擦らない」こと、そして「乾いた面を塗装面に当てない(ケミカルで湿った面だけを塗装面に当てる)」こと。
軽い力でひたすら磨き、ときどき様子を見て傷の落ち具合を確認します。

IMG_2524

ちなみにこの傷は通常の光では確認しづらいので、作業灯を当てて傷を確認すると良いですね。

IMG_2525

そのあとはまた吸水スポンジに水を染み込ませてポンポンと叩くように拭いて残ったケミカルを除去し、そして濡れたウエスでボディ面面を軽く撫で、さらにコーティング溶液(ガラスコーティングに使用するのと同じ液剤)をさっと塗り、その後に乾いたウエスで軽く拭いて完了。

IMG_21527

こんな感じでメンテナンス後はピカピカになるものの、軽い力といえどもコーティングした面を「研磨する」ことになり、あまりに擦るとコーティングがハゲたりするので頻繁にはできない作業ではありますが、数ヶ月に一回くらいのペースで傷を落としてゆこうと思います(ぼくはほぼ毎日フロントフードの開閉を1回は行う)。

IMG_21520

ちなみにフロントフフードを閉めるときはこんな感じでポルシェエンブレムを押して閉めればOKなので塗装面を傷つけることはありません。

IMG_2535

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ポルシェ718ケイマン(982)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5