>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

投稿日:2018/12/14 更新日:

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ |

アウディQ4の発表が近い、との報道。
アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。

ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。

これからアウディはクーペSUVを急拡大?

しかしながらアウディは今年のQ8をきっかけに来年にはQ4の投入、そしてEVにおいてもe-tronスポーツバックを投入することを明確にしており、つまりクーペSUVが今年と来年で一気に3モデル発売される、ということになりそう。

アウディが「E-tronスポーツバック」コンセプト公開。2019年には市販の予定

そして今回アウディのエクステリアデザイン・チーフであるアンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語った内容によると、すでにQ4のデザインは完成しており、「Q4はQ3のクーペ版ではなく、私の目には”それ以上のもの”に見える」。

つまりSUVという範疇を超えたスタイルを持っているということになりますが、これは2014年に発表された「アウディTTオフロードコンセプト」に似たルックスを持つことになるとも言われています。
ただ、アウディはつい最近「TTファミリーは増やさない。TTクーペは一つのアイコンであり、これを弄るのは難しい」ともコメントしていて、これを鑑みるにQ4は「TT寄り」となるわけではなさそうですね。

なお、「Q4」はもともとアルファロメオが商標を持っており(クアドリフォリオ)、これについてはアルファロメオの属するFCAとアウディとの間で協議がなされ、結果的にアウディがQ4の商標を使用できるようになった、といういきさつも。

関連投稿
アウディ「TTの4ドア?そんなものはない」。次期TTはクーペで継続、しかし「S1」登場は”ナシ”

そのほか、このQ4についてわかっていることは少なく、しかし全長は4500ミリ(Q3よりも110ミリ長い)程度になると言われ、価格は400万円程度になる、とも。
プラットフォームはTTと同じMQBとなる予定で、エンジンは4気筒ターボを搭載し、RSモデル(RS Q4)については2.5リッター5気筒ターボが与えられると目され、エンジンライナップもTTと同じということになりそうですね。
ただしTTとは異なってPHEVが投入されるともウワサされており、逆にこの技術を利用して「TTにもPHEV」が設定されるかもしれない、と考えたり。

インテリアについては高級素材や最新テクノロジーを採用すると言われ、Q4は「スタイリッシュなラグジュアリーSUV」という位置付けになるようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5