ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ついに偽装なしの新型トヨタ・スープラの姿がリーク!FT-1コンセプトそっくりのフロントが激写される

投稿日:2018/12/12 更新日:

ここまでFT-1コンセプトに近づけたのは称賛されるべき

2019年1月のデトロイト・モーターショーにて発表されると言われる新型トヨタ・スープラ。
今回新型スープラ専門掲示板、「SupraMkV」にてそのフロントがリークされていますが、どうやら輸送中の状況を捉えた画像のようです(投稿者はトヨタ内部の人なのかどうかは不明)。

これまでも新型スープラについてはカモフラージュ用のシートが貼られた状態ではあるものの、その形状がわかるプロトタイプがトヨタによって公開。
しかしこうやって「何も隠されていない」状態のスープラを見ると、カモフラージュされていたプロトタイプとは大きく印象が変わり、たとえフィルム一枚とは言っても「さすがカモフラージュ用として機能していたんだな」と感心します。

https://intensive911.com/?p=165833

現時点で追加情報はナシ

なお、この投稿者はこの一枚の画像に加え、簡単なコメントとして「コイツが2020年モデルのスープラだ!トランスポーターの中で見つけた」と投稿しているのみ。
リプライの中には詳細を知りたがる人多数ではあるものの、今のところ回答はないようですね。

そしてこちらがトヨタが2014年にデトロイトにて発表した「FT-1コンセプト」。※トヨタによるFT-1の紹介はこちら
こうやって見ると非常に高い類似性を持っており、とくにF1をモチーフとしたと思われるノーズは「完全一致」レベル(トヨタは”パナソニック・トヨタ・レーシング”として2009年までF1に参戦していた)。

4C3C1670

そのほかヘッドライトとその周辺、フロントバンパーサイドのエアインテーク、やや形状は変わっているものの、バンパーのロワー部分に採用されるウイングレットつきリップなど、「よくここまで似せてきたな」という感じ。

ルーフについても「ダブルバブル」が再現されていて、トヨタが新型スープラに対しては相当な情熱を注いだことが分かります。

なお、「FT-1」は「Toyota Future(トヨタ・フューチャー=トヨタの未来)」を意味し、その姿をそのままスープラに反映させたということは、スープラこそがトヨタの未来である、というトヨタの主張なのかもしれません。

そしてこのFT-1が発表された5年後に、同じデトロイトにてその意思を引き継ぐスープラが発表されることになりますが、これはかなり盛り上がりそうですね。

https://intensive911.com/?p=165505

VIA:SupraMKV

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5