>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各社業績/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

2018年度自動車ブランド各種調査にてレクサスがブッチギリの一位。「カーナビ」などマイナー部門ですら首位を獲得し王座に君臨

投稿日:2018/12/30 更新日:

品質、セールス、アフターサービス、魅力などすべてでトップ

JDパワーが、日本国内にて行った自動車関連CS調査の結果を発表。
その内容はかなり多岐にわたりますが、大きく分けると下記の通り。

  • 自動車トータルアワード
  • ナビゲーションシステム顧客満足度(市販ナビ)
  • ナビゲーションシステム顧客満足度 (純正ナビ)
  • 自動車耐久品質調査(VDS)
  • 自動車商品魅力度(APEAL)
  • 自動車サービス満足度自動車(CSI)
  • 自動車セールス満足度(SSI)
  • 自動車初期品質調査(IQS)

やはりいずれの項目もレクサスの圧勝

それぞれの内容について詳しく紹介することは困難なので、ぼくが気になったところだけをサラっと紹介してみたいと思いますが、全体的にはトヨタおよびレクサスが非常に強い、という感じですね。

自動車トータルアワード

これについては「 購入、所有、使用、メンテナンスといった、自動車保有経験全般を通して、自動車を保有する消費者の総体験に対する評価を測定 」としており、量販ブランドだとトヨタとフォルクスワーゲンとが同率1位、ラグジュアリーブランドだとレクサスはNo.1となっています。※1位以下の順位は未公表

ナビゲーションシステム顧客満足度(市販ナビ)

こちらは「 市販ナビゲーションシステムに関する顧客満足度を総合的に分析するもので、検索・案内機能だけでなく、音楽・映像機能やテレマティクスサービスなど、車載情報機器としてのナビゲーションシステムの評価を幅広く測定 」したもの。

1位はアルパイン、2位はパイオニア、3位はパナソニック、4位はケンウッド、5位はデンソーという順位ですが、1位のアルパインは「ナビゲーション機能・性能」「音楽や映像」「各種機能、アプリ・サービス」「モニター」「操作性」デザイン・質感」といった調査項目全てでなんと満点。
ほかのメーカーだと「一つの項目であっても」満点を取っていないので、アルパインはブッチギリの高評価を得ていると考えて良さそうで、「そこまで差があるものなのか」と驚かされます。

なお、「ナビゲーションシステム顧客満足度 (純正ナビ)」だとレクサス、BMW、アウディ、メルセデス・ベンツといった順番です。

IMG_1159

自動車耐久品質調査

これは「 総合耐久品質 」「 パワートレイン耐久品質 」「 パワートレイン耐久品質 」「 装備品・アクセサリー耐久品質 」において新車購入から37~54ヶ月経過した時点でのユーザーを対象に調査を行い、16ブランド、116モデルが調査の対象となっている、とのこと。

結果としてはレクサスが全項目満点でトップ、次はトヨタ、ダイハツ、スバル、日産、三菱、スズキ、ホンダ、BMW、アウディ、マツダ、メルセデス・ベンツ、MINI、フォルクスワーゲン、ボルボの順。

「軽自動車」だとホンダN-ONE、ダイハツ・ムーヴ、ダイハツ・ムーヴコンテ、ダイハツ・ミライース、日産モコという順番です。

コンパクトカーだとトヨタ・ヴィッツ、トヨタ・ラクティス、トヨタ・アクア、日産キューブ、トヨタ・スペイド。

ミッドサイズだとトヨタSAI、トヨタ・カローラ、日産リーフ、トヨタ・プリウス、ホンダ・グレイス。

ミニバンではトヨタ・エスクァイア、トヨタ・ウイッシュ、トヨタ・ノア、ホンダ・フリード。

自動車商品魅力度

これは「総合魅力評価」「性能」「快適性」「装備品/インストルメントパネル」「スタイル」を調査したもの。

ブランド別だとすべての項目でレクサスが満点を記録してダントツの1位。
次いでボルボ(さすが2年連続カー・オブ・ザ・イヤー)、BMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、フォルクスワーゲン、MINI、マツダ、スバル、ホンダ、トヨタ、日産、ダイハツ、スズキ、三菱となっていますが、上の「耐久品質」とは必ずしも一致していないのが面白いところ。※品質ではダイハツが上位だが、魅力では下位に沈んでいる。品質=魅力ではない

カテゴリ別の魅力度だと軽自動車ではN--BOX、スズキ・スペーシア、ダイハツ・キャスト、コンパクトクラスではトヨタ・アクア、マツダCX-3、マツダ・デミオ、ミッドサイズではホンダ・シビック、スバル・レヴォーグ、マツダCX-5、ミニバンではトヨタ・アルファード、ホンダ・ステップワゴン、トヨタ・ヴェルファイアといった順となっています。

自動車サービス満足度、自動車セールス満足度についてはすでに公表済み

そしてこの部門についてはすでに紹介済みですが、いずれの部門も量販ブランドではフォルクスワーゲン、ラグジュアリーブランドではレクサスがトップ。

レクサスはその品質のみならず魅力やセールス、アフターサービスでもトップということになりますが、「カーナビゲーション」においてもトップというのは”おそるべしレクサス”であります。

VIA:JD POWER

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5