>フェラーリ(Ferrari)

ノヴィテックがフェラーリ812スーパーファスト向けチューンを公開。パーツは全てカーボン製、さらに上位の「N-LARGO」や、ポルトフィーノ向けパーツもリリース予定

投稿日:2019/02/04 更新日:

ノヴィテックはフェラーリ向けチューニングブランド「ロッソ」を廃止?

ノヴィテック(Novitec)がフェラーリ812スーパーファストのチューン/カスタムを公開。

ノヴィテックはフェラーリやランボルギーニ、マクラーレン、ベントレー、マセラティ、テスラ、ロールスロイス等のチューンを手がけていて、これまではフェラーリ向けだと「ROSSO」、ランボルギーニ向けでは「TORADO」というサブブランド名義にてチューニング/カスタムパーツをを展開。
ただし、今回ウエブサイトを見る限りではそれらの表記はなくなり、どの自動車メーカーに対するチューンもすべて「NOVITEC」名義に統一されたようですね。

エアロパーツはすべてカーボンファイバー製

そんなノヴィテックですが、今回公開されたフェラーリ812スーパーファスト向けパーツについては「風洞実験にて」効果を立証したものだと述べており、さらには車高を35ミリダウンさせるローダウンサスペンションキットもリリースしています(車高を落とすだけだとフロントを擦るので、車高を40ミリ上げることができるリフティングシステムも同時に発売)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

今回登場したエアロパーツはフロントリップ、フロントバンパーインサート、サイドステップ、リアディフューザー、ドアミラーカバー、リアスポイラーといったところですが、これらはいずれもカーボンファイバー製。

パフォーマンス(エンジン)においては現在のところ「アップグレード開発中」で、よって6.5リッターV12はノーマル、つまり800馬力のまま。

画像に含まれている可能性があるもの:車

しかしならかノヴィテックはハイパフォーマンスエキゾーストシステムも今回エアロパーツと同時にリリースし、これは重量が全体で11キロ軽減され、テールパイプ直径は「110ミリ」と大口径に(パイプはクロームとマットとが選べる)。
これについては、リモコン操作でフラップを開閉するオプションを搭載できる、としています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ホイールはヴォッセン(VOSSEN)とのコラボによる製品で、フロントは21インチ、リアは22インチ。
そしてさすがヴォッセンだけあってカラーは「自由自在」に選べるようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

加えて、今回画像はないものの、ノヴィテックは812スーパーファストのインテリアのアップグレードも行うとしており、アルカンターラ、レザー、カーボンといった素材を取り揃えている、と発表しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、ノヴィテックはそのチューニングプログラムの最高峰として「N-Largo」を擁していますが、812スーパーファストについても「N-Largo」を近日発表するとしており、同様にフェラーリ・ポルトフィーノ向けのチューニングプログラムもリリース間近のようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

VIA:NOVITEC

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5