>マツダ(MAZDA)

新型マツダ3(アクセラ)の試乗レビューが続々!総合すると「見た目の質感と上質な乗り心地、インターフェース」が最大の特徴のようだ

投稿日:

マツダは他社と競争するにあたり、独自の武器を選んだ

新型マツダ3(日本名:アクセラ)の試乗会がアメリカはハリウッドで開催され、そのレビューが一部公開に。

試乗にあたって用意されたのは2.5リッターガソリンエンジン搭載のセダン(北米仕様)、そして2リッター+モーターというパワーユニットを持つマイルドハイブリッドのハッチバック(欧州仕様)。

試乗コースとしては市街地から山岳路、高速道路を含むもので、「おおよそすべての条件」を網羅できる内容であったようですね。

新型マツダ3(アクセラ)の印象は上質感の向上というところに尽きる?


なお、北米仕様と欧州仕様とを用意したのにはそれぞれの市場に向けたセッティングの差異を示すマツダの意図もあったようで、サスペンションやブレーキなどは「けっこう」違うようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして新型マツダ・アクセラのコンセプトは「人の感覚に近い操作感」で、マツダとしてはジェットコースターのような急な動きを示すクルマではなく、何年も安心して乗れるような、親しみを感じ、快適で、実用性の高いクルマにしたかった、とのこと。

実際のところ、いずれの試乗記事でも「インターフェース」の自然さ、タッチのよさ、スイッチ類の操作性のよさについても触れており、これらはつまり「マツダの予期した通り」なのでしょうね(もともとマツダはドライビングポジションにこだわるメーカー)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

「先進性」といったところではメルセデス・ベンツAクラスと比べるべくもないかもしれませんが、マツダは「使うかどうかわからない機能」よりも「よりシンプルに、より使いやすい」ことを考え、必要最低限の部分を大きく磨き上げてきたようにも感じます。

これは、マツダのウエブサイト上のコンテンツ「マツダのクルマづくり」に記載している内容を、一つづつ、丁寧に進化させてきたといった印象。

なお、リアサスペンションがマルチリンクからトーションビームに変更されたり、インフォテイメントシステムからタッチスクリーンが省かれたり、と一見すると「コストダウン」とも受け取れるところがあるものの、前者だと「カーゴスペースが広くなり、サスペンション剛性が高まって乗り心地が良くなった」、後者だと「入力方法を1系統にすることで操作がシンプルになった」というメリットがあって、なんでもかんでも新しく複雑なほうがいいわけではないこと、そしてマツダは他メーカーとは異なる自社なりの考え方を見つけ、実践してきたであろうことがわかります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

スタイリングについてもマツダは独自のアプローチを行ったようで、「魂動デザイン」、ワンモーションによるシンプルなフォルムを採用したことでコンパクトカーとは思えない伸びやかなデザインを実現。

サイドのベルトラインが高く、ウエッジシェイプを用いることで躍動感の感じられるスタイルを持ち、ウインドウ面積が小さいことで塊感のあるフォルムを有するものの、反面ウインドウが小さいため(とくにリア)視認性に欠けるであろうことも想像でき、さらに他メーカーのようにルーフを延長してカーゴスペースを大きくするといった手法も取っておらず、つまりは「スタイリング優先で、実用性は多少犠牲にしている」ようにも思えます。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ただ、これは実用性をウリにする他メーカーのコンパクトカーと差別化を行うための戦略だと考えられ、マツダが「思い切った」部分だと評価すべき。

本来コンパクトカーというと「実用性」がもっとも重視されるセグメントではあるものの、そこで「デザイン重視」という武器をもって殴り込んだのが新型アクセラだと言えそうです。

現在様々な記事が出ていますが、それらを総合すると下記の通り。

エンジンパワー

  • 「上まで引っ張れば十分」「不足はない」という奥歯にものが挟まったような表現が多く、つまり「物足りない」ように思える
画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ブレーキ

  • 北米仕様は減速感に乏しい

サスペンション

  • マルチリンクからトーションビームへと変更されるも、荷室拡大が実現され、横方向の剛性が78%増した
  • 全体的な上質感が向上している
  • 欧州仕様はより締まった足回りを持つ
写真の説明はありません。

乗り心地

  • 静粛性はCセグメントを超える
  • ノイズ、バイブレーション、ハーシュネスは先代アクセラよりもかなり低いレベルに抑えられている
  • ブッシュ類の見直しで衝撃吸収性が向上している

インテリア

写真の説明はありません。
  • カップホルダーやインフォテイメントシステムの入力装置の場所やサイズが「自然」になった
  • ステアリングホイールの調整幅が大きくなった
  • シート座面の角度が改良されて自然なドライビングポジションが出るようになった
  • スイッチ類の質感、素材感、タッチが向上
  • 全体的な高級感が大きく向上
画像に含まれている可能性があるもの:車

VIA:MOTOR1 / GQ / WebCG / Motorfan / Autoc-one

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5