>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWアブダビが珍しくホワイトのBMW 5シリーズをカスタム。カーボンパーツにチタンカラーのアクセントで上品なイメージに

投稿日:2019/02/24 更新日:

インテリアカラーはブラウン

BMWがG30世代の5シリーズ、M550iをカスタム。
ボディカラーは「ホワイト」ですが、これはBMWアブダビに関してはかなり珍しい選択で、これまでには殆ど見られないもの(基本的にブルーやレッド、グリーンと言った明るいカラーを好む)。

そしてもちろん「ノーマルでは済まさない」のがBMWであり、今回はACシュニッツアーのエアロパーツをチョイスしています。

ACシュニッツアーのエアロパーツでアグレッシブなスタイルに

装着されるエアロパーツ群はフロントバンパースプリッター、リアディフューザー、リアウイング、サイドシルで構成。

さらにホイールもACシュニッツァー製ですが、車高もダウンされているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、フロントスプリッターとリアウイングはカーボン製。
エキゾーストシステムもACシュニッツァー製で、今となっては珍しいポリッシュ仕上げのステンレス(現在ではチタンもしくはカーボンスリーブが主流)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

キドニーグリルフレームやエアダクトガイド、ドアミラーはチタンカラー。

画像に含まれている可能性があるもの:車

これがカーボンパーツとよくマッチしているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

リアウイングはトランクリッドにステーを直付け。
トランクに穴を開ける必要があり、不可逆的なカスタムです。

写真の説明はありません。

一方でインテリアはけっこうシック。
ブラウンレザーにアイボリーのアクセントが入っており、ホワイト外装によく似合っているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

BMWアブダビではほかにこんなカスタムも披露

そしてBMWアブダビが強いのが「M5」。
まずはM4でお馴染みの「オースティン・イエロー」を身にまとうM5。
やはりACシュニッツァーのパーツ付きです。

こちらはBMWのカスタムプログラム、「インディビデュアル」で仕上げたM5コンペティション。
ボディカラーはラリーグリーン、アクセントはグロスブラック、インテリアは珍しいホワイトです。

そしてこちらはレッドのM5。
ACシュニッツァー製のパーツを装着し、エキゾーストシステムもACシュニッツァー製ながらもテールパイプはカーボン製。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5