>フェラーリ(Ferrari)

【動画】フェラーリ488ピスタにこのカラーははじめて。レッドにゴールドのストライプ、そしてゴールドのホイールを持つ個体が登場

投稿日:2019/03/09 更新日:

フェラーリ488系にゴールドのホイールは意外に少ない

イタリア在住のスーパーカー系ユーチューバー、Marchettino氏がフェラーリ488ピスタを動画にて紹介。
ただしこの488ピスタはこれまでネット上に登場したいずれの個体とも異なり、レッドに「ゴールド」のストライプ、ホイールを持つことが特徴です。

「ありそうでなかった」カラーリングだと考えていますが、ここでその様子を見てみましょう。

488ピスタのデザインはF8トリブートとも異なり「特別」

この車両はイタリアでの登録ですが、カリフォルニアなどアメリカのいくつかの州とは異なり、フロントにナンバープレートを装着する必要があるようですね。

なおフェラーリはそのデザインにおいてあまりナンバープレートを装着することを考えていないようで、それはおそらく「芸術性優先」のため(この割り切りは”さすが”フェラーリ)。
458イタリアに至っては、フロントにナンバープレートを装着するとそれが隠れてしまう位置に「跳ね馬(プランシングホース)」が取り付けてあり、これについても「やっぱりフェラーリは一味違うな」と感じたことを思い出します。

488ピスタのデザイン上の大きな特徴はこの「サイド」だとぼくは考えていて、サイドステップの下部が大きくえぐられ、ブラックのパーツが装着されることで「相対的に」リアフェンダーが大きく見えることに。

フェラーリ488に比較してリアのホイールハウス前部分の下側が「より地面に近く」突き出していますが、リアバンパーサイドもダクトの追加とともに外側へと張り出していて、これも大きく488GTB/488スパイダーとは異なる部分。

そしてリアウイングは「ドルフィンテール」。
このリアウイングや、リアバンパーサイドのダクトを持つのは「488ピスタならでは」とも言える部分であり、これが488GTBの後継モデル「F8トリブート」に継承されなかったことからも「いかに488ピスタが特別であるか」がわかります。

そしてリアディフューザー両サイドに「翼端を持つウイング」があるのも488ピスタの特徴。
このリア側の処理同様、フロントサイドにもアグレッシブなダクトが追加されていますね。

その後はドライブに。
シートベルトはレーシングハーネス形状でを採用しており(このクルマの性格を端的に示している)、フェラーリのエンブレムが入っているのがなんともナイス。

ほかにはこんなフェラーリ488ピスタも

こちらはぼくが(コーンズ大阪ショールームにて)見てきたフェラーリ488ピスタ。
レッドのブラック(ネイビー?)とホワイトのライン入り。

そしてこちらはシンガポールのフェラーリディラーにて展示されていた488ピスタ。

MLBのジャスティン・バーランダー選手が注文したフェラーリ488ピスタ。
ダークレッドにホワイトとブロンズのストライプが入り、ホイールもブロンズという渋い仕様です。

VIA:Marchettino

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5