■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ(Porsche)

ポルシェCEO「992世代の911ではGT系をさらに増加させる」。991世代のGT系はモデル末期でも全く販売が落ちず、むしろ伸びたことを受けての決断

投稿日:2019/03/31 更新日:

| RSなしの「GT2」や、GT3のオープンモデルが登場する? |

ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏がカーメディア「Evo Magazine」に語ったところでは、「992世代の911においては、これまで以上に”GTモデル”に注力する」とのこと。

なお、「GT拡大」の背景には、991世代のモデル末期であってもGT系の販売が衰えなかったことが一つの理由で、とくに911GT2RSは一瞬で完売したり、GT3RSもまったく需要に供給が追いつかなったりということが背景にあるようです。※2018年は911のモデルチェンジ直前であったにもかかわらず、前年よりも911の販売台数が多かった

ポルシェのGT系は世代が変わろうとも人気が落ちない

つまり「ポルシェ911のGT系は、世代に関係なく人気がある」ということになりますが、そういった事実を受けてオリバー・ブルーメCEOは「GT系を増やしたい」と語っており、現段階では「どういったGT系が増えるのか」は不明。

現在「GT+数字」だとラインナップされるのは「GT3」「GT3ツーリング」「GT3 RS」「GT2 RS」ではあるものの、今後考えられるのは「GT3カブリオレ(すでにテスト車両が目撃されているが、なかなか発売されない)」、そして”RS”なしのGT2。

さすがにGT3 RSにカブリオレは登場しないと思われますが、もしかすると「予想だにしなかった」GT3が登場する可能性もありそうですね。

なおポルシェ911については、オリバー・ブルーメCEOが「911カレラ系とGT系とは別に、もう一つの柱を追加」と語っており、こちらは限定かつ過去の911のイメージを反映した「ライフスタイル系」になる模様。

加えて911には「自動運転は導入しない」とも語っており、言い換えれば「カイエンやマカン、パナメーラには自動運転が導入される」可能性がある、ということですね。

そして992世代の「モデルライフ後半」にはハイブリッドが追加されるということが992登場以前に語られており、これは992のトランスミッションが「8速」となっていることからも実現されそう。
この8速トランスミッションは従来の7速トランスミッションに比較し「モーターを内蔵できる構造」となっていて、つまり911のハイブリッドは「トランスミッションにモーターを内蔵したマイルドハイブリッドになる」ということを意味しているのだと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f